安田顕主演『愛しのアイリーン』原作者・新井英樹氏による、本作の一場面を描き下ろしたイラストが到着!

愛しのアイリーン

9月14日より公開中の映画『愛しのアイリーン』。本作の原作となる新井英樹の漫画は1995年に「ビッグコミックスピリッツ」で連載され、嫁不足の農村に暮らす非モテの四十代男性と貧しく若いフィリピン女性の国際結婚を軸に、夫婦、親子、家族における壮絶な愛の形をダイナミックに描ききった異色のラブストーリーとして、日本に大きな衝撃を与えた。
稀代のカメレオン俳優・安田顕が主人公の42歳ダメ男:岩男を演じ、物語のもう一人の主人公といえる少女アイリーン役に大抜擢されたのは、フィリピンの新星ナッツ・シトイだ。この度、原作者の新井英樹が描き下した映画『愛しのアイリーン』のイラストが解禁となった。

映画『愛しのアイリーン』のイラストが描き下されたのは本作の一場面。勢いで国際結婚をした岩男が、フィリピン女性アイリーンを連れて帰国。実家には国際結婚をしたことを一切知らせず、アイリーンとともに帰宅するが、なんと実家は父親のお葬式の最中で、蒼白な表情を見せる母・ツルとのバトルが始まる直前の画像である。立ち尽くす岩男を尻目に、何も事情を知らない無垢な表情を魅せるアイリーン役のナッツ・シトイの表情が可愛く描かれている。

画像01

原作者の新井英樹からは、先日のイベント登壇時に「泣けた!」と語れ、映画化を熱望した本作の監督・吉田恵輔に向けて「映画は吉田監督から俺へのラブレター」と語られた本作。映画をイラスト化することで、新井英樹から吉田監督へのラブレターの「回答」として相応しいイラストに仕上がっている。
映画『愛しのアイリーン』は全国大ヒット公開中!

息子と嫁と姑。
国境も常識も超える、戦慄のラブ&バイオレンス!

ストーリー
一世一代の恋に玉砕し、家を飛び出した42歳のダメ男・宍戸岩男(安田顕)はフィリピンにいた。コツコツ貯めた300万円をはたいて嫁探しツアーに参加したのだ。30人もの現地女性と次々に面会してパニック状態の岩男は、半ば自棄になって相手を決めてしまう。それが貧しい漁村に生まれたフィリピーナ、アイリーン(ナッツ・シトイ)だった。
岩男がとつぜん家を空けてから二週間。久方ぶりの帰省を果たすと、父の源造は亡くなり、実家はまさに葬儀の只中だった。ざわつく参列者たちの目に映ったのは異国の少女・アイリーン。これまで恋愛も知らずに生きてきた大事な一人息子が、見ず知らずのフィリピーナを嫁にもらったと聞いて激昂するツル。ついには猟銃を持ち出し、その鈍く光る銃口がアイリーンへ……!

画像03

画像02

画像04

作品タイトル:『愛しのアイリーン』
出演:安田顕
ナッツ・シトイ 河井青葉 ディオンヌ・モンサント 福士誠治 品川徹 田中要次
伊勢谷友介
木野花

監督・脚本:吉田恵輔
原作:新井英樹「愛しのアイリーン」(太田出版社刊) 音楽:ウォン・ウィンツァン
企画・製作:河村光庸 製作:瀬井哲也 宮崎伸夫 エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸 岡本東郎
プロデューサー:佐藤順子 行実良 飯田雅裕 アソシエイト・プロデューサー:市山尚三 Bianca Balbuena 長井龍
撮影:志田貴之 照明:斉藤徹 録音:川本七平 美術:丸尾和行 ヘアメイク:橋本申二 岩谷友子 スタリスト:小磯和代
キャスティング:おおずさわこ 助監督:松倉大夏 制作担当:三村薫 松川浩 ラインプロデューサー:古賀奏一郎
製作幹事:VAP 制作協力プロダクション:SS工房
主題歌:奇妙礼太郎「水面の輪舞曲」 (WARNER MUSIC JAPAN/HIP LAND MUSIC CORPORATION)
配給:スターサンズ
R15+

公式サイト:http://irene-movie.jp/
コピーライト:(c)2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ

全国大ヒット公開中!

↑上に戻る