ナイツ塙が初監督『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』本予告&ビジュアル解禁!

漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~

お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が初監督を務めるドキュメンタリー映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』の公開日が2024年3月1日(金)に決定。さらに、本予告映像とメインビジュアルが解禁された。

解禁されたメインビジュアルに大きく映るのは、ビートたけしの『浅草キッド』の舞台「浅草フランス座」として有名な、現在の浅草フランス座演芸場東洋館(通称:東洋館)の舞台と客席を背にひとり立っている監督・塙宣之の姿。漫才協会会長として、浅草・東洋館を背負って、東京のお笑いを広げていこうとする現在の塙の姿と重なるビジュアルとなっている。

「浅草を飛び出して、映画になっちゃった!」というコピーからは東洋館の舞台に連日立ち続けている漫才協会の芸人たちが浅草の場所だけではなく、全国の映画館のスクリーンを通して、スポットが当たることが表現されている。

軽快なピアノのリズムと小泉今日子の温かみのあるナレーションから始まる予告編は、事故で右腕を轢断し、舞台復帰に向けてリハビリに励んでいる師匠芸人や離婚後も同居を継続し、コンビで舞台に立ち続ける夫婦漫才師など、個性あふれる漫才協会芸人たちの姿を映している。

さらにU字工事ねづっちをはじめ、青空球児・好児おぼん・こぼんといったレジェンド芸人、錦鯉などのテレビで人気の芸人、協会外からも爆笑問題サンドウィッチマン、ツービートとしてフランス座の舞台に立っていたビートきよしなど、数多くの芸人たちがスクリーンに登場する。

予告編の最後には本作のお目付役を務めた漫才協会外部理事の高田文夫が書いた題字のタイトルが堂々と登場し、お笑いファンにとっては期待が高まる予告編となった。尚、本作のエンディングテーマはザ・ハイロウズの楽曲「笑ってあげる」が使⽤される。

ムビチケ

ムビチケカード ¥1,600(税込) 1月26日(金)より発売
お求めの方に【特製千社札ステッカー】プレゼント
※先着・数量限定/一部劇場を除く/販売は2/29(木)まで

漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~
『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
ムビチケ
※画像はイメージ 
漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~
『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
ムビチケ特典【特製千社札ステッカー】
※画像はイメージ 

作品タイトル:『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
出演:青空球児・好児 おぼん・こぼん ロケット団 宮田陽・昇 たにし U字工事 ねづっち 大空遊平 はまこ・テラこ 錦鯉
ビートきよし(特別出演) 爆笑問題(友情出演) サンドウィッチマン(友情出演)
ナレーション:小泉今日子 / ナイツ・土屋伸之
題字・お目付役:高田文夫(漫才協会外部理事)
エンディングテーマ:ザ・ハイロウズ「笑ってあげる」(作詞/作曲:真島昌利 Licensed by USM JAPAN,A UNIVERSAL MUSIC COMPANY)
挿入曲 作曲・ピアノ:紀平凱成
製作:KADOKAWA / ミックスゾーン / 中京テレビ放送 / ミラクルヴォイス
協力:ニッポン放送 / 一般社団法人漫才協会 / マセキ芸能社 / 高田文夫事務所 / 東洋興業 / 明治座 / 落語芸術協会
配給:KADOKAWA

公式サイト:mankyo-the-movie.com
公式X:@MANKYO_THEMOVIE
コピーライト:(c)「漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~」製作委員会

3月1日(金)より角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

関連記事:
『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』ナレーションは小泉今日子に決定「ドラマとしてすごく面白かった」
ナイツ塙宣之が初監督『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』2024年春公開決定!

↑上に戻る