『世界で一番美しい少年』ビョルン・アンドレセンの栄光と破滅を描いたドキュメンタリー、12月17日公開!

世界で一番美しい少年

ルキノ・ヴィスコンティ監督作『ベニスに死す』(71)で主人公を破滅に導く少年タジオを演じたビョルン・アンドレセンを追ったドキュメンタリー“The Most Beautiful Boy in the World”(原題)が、邦題を『世界で一番美しい少年』とし、12月17日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他にて全国順次公開されることが決定。あわせて日本版ポスタービジュアルが解禁された。

“世界で一番美しい少年”として当時一大センセーションを巻き起こしたのは、ルキノ・ヴィスコンティに見出され、映画『ベニスに死す』(71)のタジオ役に抜擢された当時15歳のビョルン・アンドレセン。同作は1971年カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され<25周年記念賞>を受賞。日本でも、1972年の<キネマ旬報ベスト・テン第1位>になるなど圧倒的に高い評価を得て長年に渡り多くの人に愛され続ける名作だ。

観る者の目を釘付けにする圧倒的な存在感で同作を強く牽引したアンドレセンは、同作の日本公開年などに来日、CM出演などの芸能活動も行い、日本のカルチャーに影響を及ぼした。劇中、マンガ「ベルサイユのばら」の作者・池田理代子氏が語るのは、彼が主人公“オスカル”のモデルであったという事実。そして50年後、かつて伝説のアイコンまでになった彼は、日本でも大ヒットしたアリ・アスター監督作『ミッドサマー』(19)の老人ダン役を演じ、その変貌ぶりが話題となった

オスロ・ピックス映画祭、クリーブランド国際映画祭、セドナ国際映画祭などで上映され、「突然の名声が人生をどのように左右するのか真摯に伝える唯一無二のドキュメンタリー」(Vogue)、「人間の美しさは、人間力にあると教えてくれる」(Screen Daily)と評価されたほか、GuardianやTimes UKなどがハイスコアを付けた本作。

1971年の映画『ベニスに死す』公開から50年の時を経てアンデルセンが語るのは、巨匠ヴィスコンティとの出会い、“世界一の美少年、タジオ”を探すために壮大な規模で行われたオーディションや映画撮影の裏側、カンヌの華やかな狂騒から来日時の熱狂まで、豊富なアーカイブ映像が浮き彫りにする傑作の裏側。“世界で一番美しい少年”ゆえに見た天国と地獄が、今明かされる。

今回解禁となった日本版ポスターは、『ベニスに死す』出演のためにヴィスコンティ監督のオーディションを受けた際のアンデルセンのこちらを射るような鋭い瞳の写真を大胆に使用し、そのイノセンスさを表現するように白を基調にしたビジュアルとなっている。アンドレセンが同作出演後にたどることになる人生を物語るキャッチコピー「美しいことは罪ですか」がこの1枚の写真の総てを表現している。

世界で一番美しい少年

ストーリー
“世界で一番美しい少年”と称賛され、一大センセーションを巻き起こした少年がいた。巨匠ルキノ・ヴィスコンティに見出され、映画『ベニスに死す』(71)に出演したビョルン・アンドレセン。来日時には詰めかけたファン達の熱狂で迎えられ、日本のカルチャーに大きな影響を及ぼした。だが彼の瞳には、憂いと怖れ、生い立ちの秘密が隠されていた…。そして50年後。伝説のアイコンは、『ミッドサマー』(19)の老人ダン役となって私達の前に現れ、その驚愕の変貌ぶりは話題となる。彼の人生に何があったのか。今、ビョルンは、熱狂の“あの頃”に訪れた東京、パリ、ベニスへ向かう。それは、ノスタルジックにして残酷な、自らの栄光と破滅の軌跡をたどる旅――。

世界で一番美しい少年
世界で一番美しい少年
世界で一番美しい少年

作品タイトル:『世界で一番美しい少年』
出演:ビョルン・アンドレセン『ベニスに死す』(71)『ミッドサマー』(20)、池田理代子、酒井政利 ほか
監督:クリスティーナ・リンドストロム & クリスティアン・ペトリ
製作国:スウェーデン/英語・スウェーデン語・仏語・日本語・伊語/2021/シネスコ/5.1chデジタル/98分/字幕翻訳:松浦美奈/映倫G
配給:ギャガ

公式サイト:gaga.ne.jp/most-beautiful-boy
コピーライト:(c) Mantaray Film AB, Sveriges Television AB, ZDF/ARTE, Jonas Gardell Produktion, 2021

12月17日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他全国順次公開

 

↑上に戻る