『女神の継承』理解不能の現象に飲み込まれる祈祷師一族の末路とは― 國村隼のナレーションによる予告&ポスター解禁!

女神の継承

『チェイサー』(08)、『哭声/コクソン』(16)でその名を轟かせたナ・ホンジンが原案・プロデュースした『女神の継承』(7月29日(金)公開)の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

本作は、カンヌ国際映画祭に出品され、世界中の度肝を抜いた『哭声/コクソン』の続編として、ファン・ジョンミン(『ただ悪より救いたまえ』、『ベテラン』)が怪演した祈祷師・イルグァンの物語をナ・ホンジンが思いついたことから企画がスタート。その構想はタイの祈祷師をモチーフに本作へと受け継がれ、『哭声/コクソン』のアナザー・バージョンとも言える衝撃作が完成。タイ東北部イサーン地方を舞台にした本作は、観る者を社会の常識が通用しない戦慄の秘境へと招き入れていく…。

今回解禁されたのは、本作の恐るべき内容が垣間見られる予告編。先祖代々続く祈祷師の一族に生まれるも、呪術を信じない若く美しい娘・ミンに異変が起こり始め、そこから祈祷師一族のみならず、周囲の人々までをも巻き込んだ戦慄の映像が加速度的に展開していく。

最初は涙目で、助けを求めるような顔でこちらを見つめていたミンだが、邪悪さを含む表現しがたい表情へと変わり、黒い体液を吐き、ついには何かが乗り移ったかのような見るもおぞましい状態へ。さらに、闇夜で行われる謎の儀式、壁に頭を打ち付け続ける男、絶叫する祈祷師ニム、暗闇に引きずりこまれる人、血まみれの祭壇など、おぞましい映像が随所に差し込まれる。

そして、ナ・ホンジン監督作『哭声/コクソン』で正体不明のよそ者を演じ、韓国のアカデミー賞といわれる青龍映画賞2冠(男優助演賞、人気スター賞)を獲得した國村隼のナレーションで不穏さが倍増!なお、國村からは本作に寄せたコメントも到着している。

あわせて解禁されたポスターには、「祈りの先にあるのは 希望かそれとも絶望か」というコピーとともに、真っ白な背景に不気味な蔦が絡みつく女神の像の姿が切り取られている。祈祷師一族はじめ村の人々が祀り崇める女神の像に蔦が絡みついている異様なビジュアルは一体何を意味しているのか。タイトルの“女神の継承”とリンクしているのでは…と想像を駆り立てられるが、その不穏な雰囲気とただならぬ世界観で、これまでに見たことのない恐怖が観客を巻き込みそうだ。

タイ×韓国のタッグで世界を震撼させたホラー映画の大本命がついに日本到来。タイ秘境を舞台に描く、比類なき怒涛の恐怖エンターテインメントをぜひ映画館で。

國村隼 コメント(敬称略)

女神の継承

韓国の地にまつわる「哭声/コクソン」と、今回タイが舞台の「女神の継承」
この二作品によって〈土地にまつわる力〉というものは、たとえそれを人間が信じても否定しても
その理性を軽々と越えて、だれもその力から逃れる事など出来ない。
これがアジアの人々の、人と自然が対峙する世界観なのだと知らされることになる。


ストーリー
タイ東北部の村で脈々と受け継がれてきた祈祷師一族
美しき後継者を襲う不可解な現象の数々…
小さな村で暮らす若く美しい女性ミンが、原因不明の体調不良に見舞われ、まるで人格が変わったように凶暴な言動を繰り返す。途方に暮れた母親は、祈祷師である妹のニムに助けを求める。もしやミンは一族の新たな後継者として選ばれて憑依され、その影響でもがき苦しんでいるのではないかー。やがてニムはミンを救うために祈祷を行うが、彼女に取り憑いている何者かの正体は、ニムの想像をはるかに超えるほど強大な存在だった……。

作品タイトル:『女神の継承』
出演:サワニー・ウトーンマ、ナリルヤ・グルモンコルペチ、シラニ・ヤンキッティカン
原案・プロデュース:ナ・ホンジン『チェイサー』『哭声/コクソン』
監督:バンジョン・ピサンタナクーン
2021年/タイ・韓国/タイ語/131分/カラー/1.78:1/5.1CH/原題:랑종/英題:THE MEDIUM/字幕翻訳:横井和子
レーティング:R18+
後援:タイ国政府観光庁
協力:OSOREZONE
提供:シンカ、エスピーオー
配給:シンカ

公式サイト:https://synca.jp/megami
公式Twitter:@megami_rangzong
コピーライト:(c) 2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED.

7月29日(金)より全国ロードショー

関連記事:
ナ・ホンジン原案プロデュース『女神の継承』異様な雰囲気と禍々しい何かの存在が感じられる特報映像&場面写真解禁!
『哭声/コクソン』のナ・ホンジンが原案・プロデュース、タイの祈祷師がモチーフの『女神の継承』7/29(金)公開決定!

↑上に戻る