アレックス・ガーランド監督『MEN 同じ顔の男たち』心が掻き乱される世界観!美しくも恐ろしい場面写真一挙解禁

MEN 同じ顔の男たち

アメリカの配給会社「A24」とアレックス・ガーランド監督がタッグを組んだ映画『MEN 同じ顔の男たち』(12月9日(金)公開)の場面写真8点が一挙解禁された。

本作は夫の死を目撃してしまった女性が心の傷を癒すため、自然あふれる美しいイギリスの田舎街を訪れるのだが、そこで現れる男たちが全員、同じ顔をしているという不気味な物語。第75回カンヌ国際映画祭の<監督週間>で上映が行われると、その衝撃的な展開に度肝を抜かれる観客が続出。特にラストへと展開する怒涛の20分はトラウマになること必至だ。監督は、2015年長編デビュー作となるSFスリラー『エクス・マキナ』が第88回アカデミー賞(R)視覚効果賞を受賞し、脚本賞ノミネートの快挙を果たしたアレックス・ガーランド

2021年マギー・ギレンホール監督作『ロスト・ドーター』でアカデミー賞(R)助演女優賞へノミネートを果たしたジェシー・バックリーは夫の死を目撃した過去のトラウマと目の前に現れる同じ顔の男たちの恐怖に対峙する主人公を見事に体現。次から次へと現れる同じ顔をした男たちを演じるのは、『007 慰めの報酬』から『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』までの007シリーズにビル・タナー役で出演した英国俳優ロリー・キニア。1人で何役もの不気味な男たちを怪演している。

解禁された場面写真には、美しいカントリーハウスに到着し、木になっていた“禁断の果実”である林檎を手に取ってしまうハーパーや気分転換に訪れたバーでカントリーハウスの管理人であるジェフリーに声をかけられるシーン、森の中を散策していて偶然見つけた自然美との対比が印象的な真っ暗闇の不気味な廃トンネル等が切り取られている。

さらにはハーパーが血のついた包丁を“何か”に向け、抗戦する姿を捉えたカットも初公開。町で出逢う“同じ顔の男たち”も確認することができる。

ハーパーのまわりで次々と起きる不穏な出来事、徐々に迫りくる正体も目的も不明の“彼ら”の存在…。果たしてハーパーを待ち受ける恐怖とは。『エクス・マキナ』『アナイアレイション -全滅領域-』でも映画ファンを魅了したアレックス・ガーランド監督ならではの細部までこだわり抜いた完璧な構図と鮮やかな色彩で織りなす圧倒的な映像美にも期待が高まる。

A24とアレックス・ガーランド監督が仕掛ける、美しくも恐ろしい話題作にして問題作『MEN 同じ顔の男たち』は12月9日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開。

MEN 同じ顔の男たち
MEN 同じ顔の男たち
MEN 同じ顔の男たち
MEN 同じ顔の男たち
MEN 同じ顔の男たち
MEN 同じ顔の男たち
MEN 同じ顔の男たち

ストーリー
ハーパー(ジェシー・バックリー)は夫ジェームズ(パーパ・エッシードゥ)の死を目の前で目撃してしまう。彼女は心の傷を癒すため、イギリスの田舎街を訪れる。そこで待っていたのは豪華なカントリーハウスの管理人ジェフリー(ロリー・キニア)。ハーパーが街へ出かけると少年、牧師、そして警察官など出会う男たちが管理人のジェフリーと全く同じ顔であることに気づく。
街に住む同じ顔の男たち、廃トンネルからついてくる謎の影、木から大量に落ちる林檎、そしてフラッシュバックする夫の死。不穏な出来事が連鎖し、“得体の知れない恐怖”が徐々に正体を現し始める―。

作品タイトル:『MEN 同じ顔の男たち』
出演:ジェシー・バックリー、ロリー・キニア、パーパ・エッシードゥ、ゲイル・ランキン、サラ・トゥーミィ
監督・脚本:アレックス・ガーランド
製作:アンドリュー・マクドナルド、アロン・ライヒ
音楽:ジェフ・バーロウ、ベン・ソールズベリー
2022年/イギリス/カラー/シネスコ/英語/字幕翻訳:松浦美奈/原題:MEN/100分/R15+
配給:ハピネットファントム・スタジオ

公式サイト:https://happinet-phantom.com/men/
公式Twitter:@MEN_MOVIE_JP #同じ顔の男たち
コピーライト:(C)2022 MEN FILM RIGHTS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

12月9日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

関連記事:
『MEN 同じ顔の男たち』美しくも不気味な“禁断の狂夢”へようこそ…不穏に満ちた予告映像&ポスタービジュアル解禁!
A24製作×アレックス・ガーランド監督が仕掛ける《禁断の狂夢》『MEN 同じ顔の男たち』12/9公開&特報映像解禁!

↑上に戻る