『身代わり忠臣蔵』に寛一郎、本多力、板垣瑞生、橋本マナミ、加藤小夏が出演!フルキャスト勢揃いの完全ビジュアルも解禁

身代わり忠臣蔵

ムロツヨシ主演『身代わり忠臣蔵』(2024年2月9日(金)公開)に寛一郎、本多力、板垣瑞生、橋本マナミ、加藤小夏が出演することが明らかになり、フルキャスト勢揃いの“内緒ポーズ”完全ビジュアルが解禁された。

本作は、時代劇「忠臣蔵」をベースに“身代わり”という斬新なアイディアが加わった土橋章宏の小説を映画化。土橋自身が脚本を担当し、河合勇人監督とタッグを組んだ。製作は東映京都撮影所

主人公・吉良孝証とその兄・吉良上野介を演じるムロが2役に挑むのは、今作が初。性格が真逆の兄弟を演じ分け、時に皆が怖がる存在として威圧的に、もう一方では明るく演じる。
また、プライベートでもムロと親交が深く、映画としては20年ぶりの共演となる永山瑛太が相手役・大石内蔵助として参戦。「忠臣蔵」の要でありムロと敵対する役どころを演じる。

そんな本作で寛一郎が演じるのは、吉良家内でも随一の剣客である清水一学役。血気盛んで刀を抜かずにはいられない性分で、頭のネジが少々ぶっ飛んでいる役どころだ。吉良家の門番を務める家臣・堀江半右衛門を演じたのは本多力。些細なことに驚いてしまい、門を突破されがちなビビりの門番をコミカルに演じている。また、板垣瑞生は妻と息子を愛する心優しいイクメンの加藤太右衛門役として、上野介を恐れてはいるものの確かな忠誠心をもって仕える家臣を演じる。

そして、橋本マナミが演じるのは孝証と大石が偶然再会するきっかけとなる吉原で登場する花魁・高尾太夫役。屈強な男さえも無力化してしまうほどの妖美な魅力に、孝証たちも虜にされてしまう。高尾太夫と共に孝証たちを魅了する春凪役には加藤小夏。可憐なルックスとは裏腹に、兼ね備えた妖艶さで男をイチコロにしてしまう遊女を演じる。

ストーリー
大江戸を舞台に命懸けの<身代わりミッション>ご開帖!
顔がそっくりな兄に扮して、幕府を騙し抜け!

江戸城内で事件発生!嫌われ者の旗本、吉良上野介(ムロツヨシ)が城内で斬りつけられた。
理由は、ずっと陰湿ないじめを受けていた赤穂藩藩主がついにブチ切れたため。
斬った赤穂藩主は当然切腹。だが、実は斬られた吉良も逃げ傷で瀕死の状態だった!?
逃げて死んだとなれば武士の恥、お家取り潰しの危機となり、両家とも大ピンチ!
ここで吉良家家臣から出てきたのは、まさかの奇想天外な打開策!?
殿にそっくりな弟・孝証(たかあき)(ムロツヨシ)を身代わりにして、幕府を騙し抜け!
一方切腹した赤穂藩の部下、大石内蔵助(永山瑛太)は、仇討の機会をうかがっているような、いないような…?
この世紀の大芝居<身代わりミッション>をコンプリートできるのか!?

作品タイトル:『身代わり忠臣蔵』
出演:ムロツヨシ 永山瑛太 川口春奈 林遣都 北村一輝 柄本明
尾上右近 森崎ウィン 星田英利 廣瀬智紀 濱津隆之 野村康太 入江甚儀 野波麻帆
寛一郎、本多力、板垣瑞生、橋本マナミ、加藤小夏
原作:土橋章宏「身代わり忠臣蔵」(幻冬舎文庫)
監督:河合勇人
脚本:土橋章宏
企画・プロデュース:橋本恵一
プロデューサー:森田美桜、福島一貴
製作:「身代わり忠臣蔵」製作委員会
製作プロダクション:東映京都撮影所
プロダクション協力:AOI Pro.
配給:東映

公式サイト:https://migawari-movie.jp
公式X:@migawari_movie
公式Instagram:@migawari_movie
コピーライト:(C)2024「身代わり忠臣蔵」製作委員会

2024年2月9日(金)全国ロードショー

関連記事:
ムロツヨシ主演『身代わり忠臣蔵』尾上右近が“赤穂のヤングプリンス”に!森崎ウィン、星田英利らの出演が発表
映画『身代わり忠臣蔵』に川口春奈、林遣都、北村一輝、柄本明の出演が決定!特報&“内緒ポーズ”ビジュアルも解禁
ムロツヨシが1人2役に初挑戦!永山瑛太と命懸けの“身代わりミッション”に挑む『身代わり忠臣蔵』来年2月9日(金)公開決定

↑上に戻る