この男、何者(NOBODY)?『Mr.ノーバディ』邦題&6月11日(金)日本公開が決定&インターナショナル版予告映像も解禁!

全編主人公目線のカメラワークで展開する挑戦的な演出で話題となった『ハードコア』のイリヤ・ナイシュラー監督と、「ジョン・ウィック」シリーズでお馴染みの脚本家デレク・コルスタッドが新たにタッグを組み、様々なストレスを抱えながら生きる人々に捧げるハードボイルド・アクション映画『NOBODY(原題)』が、邦題『Mr.ノーバディ』として、6月11日(金)より日本公開することが決定した。

主人公のハッチ・マンセルは、仕事では過小評価され、家庭ではリスペクトできない父親として扱われるなど、人生の苦難をぐっと受け止めながら生きる、地味で平凡な“何者でもないただの男(NOBODY)”だった。ある夜、郊外にある自宅に2人の強盗が押し入ったとき、ハッチは暴力を恐れ、父親らしく、そして男らしく、反撃することが出来なかった。事件をきっかけにさらに家族から失望され、同じ職場の義弟にもいちゃもんをつけられ、胸の中で煮詰まっていた怒りがふつふつと湧き上がっていくハッチ。ふと路線バスで出会ってしまったチンピラたちの安直な挑発がトリガーとなり、遂にド派手にブチギレてしまう。

主人公ハッチを演じたのは、ボブ・オデンカーク。共演には、ベテラン俳優クリストファー・ロイドコニー・ニールセンらが集結。一筋縄ではいかない多彩なキャスト陣がハッチとどのように絡んでいくのが期待が高まる。

この度解禁となった予告編では、ブチギレ状態になったハッチが、ただのおじさんとは思えないスキルでチンピラたちを圧倒。この事件をきっかけに武装集団やロシアンマフィアたちにも命を狙われ、銃撃戦やカーチェイス、爆破など、激しい戦いを予感させるシーンが映し出されていく。

予告の最後では、「アンタ何者?」と問われ、「何者でもない(NOBODY)」と答えるハッチだが、血だらけの顔面で子猫に餌をあげながらタバコを吹かせている佇まいからすでに異様だ。果たして、この男の正体とは一体なんなのか―?『Mr.ノーバディ』は6月11日(金)公開。

作品タイトル:『Mr.ノーバディ』
出演:ボブ・オデンカーク、コニー・ニールセン、RZA、マイケル・アイアンサイド、クリストファー・ロイド
監督:イリヤ・ナイシュラー『ハードコア』
脚本:デレク・コルスタッド「ジョン・ウィック」シリーズ
2020/アメリカ/原題『NOBODY』
配給:東宝東和

公式サイト:https://www.universalpictures.jp/micro/mr-nobody
公式Twitter:@MrNobody_JP #Mrノーバディ
公式Instagram:@universal_eiga
公式Facebook:@universal.eiga
コピーライト:(c)2021 Universal Pictures

6月11日(金)全国公開!

↑上に戻る