【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

抜けたくても抜けられない復讐のループに「もう終わりにしたいんですけど」若葉竜也主演『ペナルティループ』本予告到着!

ペナルティループ

3月22日(金)より新宿武蔵野館、池袋シネマ・ロサほか全国公開となる若葉竜也主演映画『ペナルティループ』より、本予告と場面写真が解禁された。

中村倫也主演『人数の町』(20)で長編監督デビューを果たした荒木伸二監督が、主人公が意図せずループに巻き込まれる従来のタイムループものとは違い、“主人公が復讐のループを自ら選択する”という過去に類を見ない設定をオリジナル脚本で映画化。

主演の若葉竜也が演じるのは、恋人を殺され、自らの手で犯人に復讐することを決意する青年・岩森。何度も復讐できるプログラム=“ペナルティループ”で復讐のループを否応なく繰り返す中で、変化していく岩森の心境を精細に表現。岩森に繰り返し復讐される男・溝口を伊勢谷友介が演じ、岩森の恋人・砂原唯を山下リオがミステリアスな演技で魅せ、タイムループの謎を握るキーパーソンを『ドライブ・マイ・カー』のジン・デヨンが演じる。

このたび解禁となった予告編は、岩森が毎朝目覚めると最愛の恋人・唯がいる―。そんなささやかで幸せな生活が突然奪われるシーンから始まる。川で唯の遺体が見つかったのだ。唯を失い、大きな絶望と憎しみを抱いた岩森は犯人の男・溝口への復讐を決意し、何度でも復讐できるプログラム=“ペナルティループ”を利用する。来る日も来る日も小刀で、ボウリングのピンで、拳銃で溝口の命を奪い続ける岩森。しかし翌朝目が覚めると、「6月6日、月曜日。晴れ」と時計からアナウンスが流れ、同じ朝を迎えてしまう。ゲームのように溝口への復讐を繰り返す日々に発狂する岩森。抜けたくても抜けることができない史上最悪のループに「もう終わりにしたいんですけど」と“ペナルティループ”の契約を解除しようとするが…。

さらに岩森が溝口を殺めようとする瞬間、唯の遺体を前に取り乱す岩森、溝口の不敵な笑み、憂いを帯びた唯の笑顔、ジン・デヨン演じるタイムループの謎を握る作業着姿の男の含みのある表情、そしてその男と岩森が対峙する緊迫感溢れる場面写真など計12点が一挙解禁となった。

目次