ログイン

ハ・ジョンウ×チュ・ジフン共演『ランサム 非公式作戦』9月公開決定、特報映像が到着

ハ・ジョンウとチュ・ジフンが共演、実話から着想を得た映画『ランサム 非公式作戦』が9月に日本公開されることが決定し、特報映像が到着した。

本作の主演を務めたのは、韓国映画界を代表する名優ハ・ジョンウ。『チェイサー』や『白頭山大噴火』など、圧倒的な存在感で様々な役を演じきってきた彼が本作で挑むのは、囚われた人質を果敢に取り戻そうとする外交官。さらに、日本でも爆発的ヒットとなったTVドラマ「宮(クン)~Love in Palace」で熱烈な人気を誇り、近年は『アシュラ』『神と共に』シリーズほか、日本で公開されたばかりの『ジェントルマン』といった作品で、幅広い役柄を演じて活躍の幅を広げるチュ・ジフンが相手役を務めており、打算的だがどこか憎めないタクシー運転手を好演した。

監督を務めるのは、日本をはじめ世界各国でリメイクされた韓国映画の傑作『最後まで行く』のキム・ソンフン。実際の韓国人拉致事件をベースに、驚くべき想像力でユーモアと緊張感に溢れる映画体験へと昇華させた本作は、本国でも高く評価されて、韓国のアカデミー賞として名高い大鐘賞の3部門にもノミネートされた。

レバノン内戦下のベイルートで韓国人外交官が忽然と姿を消した。やがてそれが忘れ去られた頃、現任の外交官ミンジュン(ハ・ジョンウ)は、消えた外交官が人質として生きていることを告げる暗号をキャッチする。彼を救うため、身代金を手にレバノンに向かったミンジュンだが、現地に降り立つや否や大金を狙ったギャングに襲われピンチに陥ったところを、現地でタクシー運転手として働く韓国人のパンス(チュ・ジフン)に救われる。協力の見返りを求める現金なパンスと渋々タッグを組んだミンジュンは、戦火が吹き荒れるベイルートの街を突き進んでいくのだが…。果たして二人は無事に捕らわれた外交官を救うことができるのか?

公開到着した特報映像では、タクシー運転手・パンスの「ヤバい作戦だ」というセリフと共に、天に向かって炎が吹き上げ、4WD車がダイナミックに空中に飛ぶ様子が映し出されていく。さらに外交官ミンジュンが「準備はいいか?」と、重たい表情を見せる印象的な場面も切り取られており、彼らが挑む作戦がいかにハードなのかが伝わってくるようだ。ベイルートの街をタクシーで爆走しているアクションシーンも捉えられている。

目次