Netflix映画『REBEL MOON – パート1: 炎の子』沢城みゆき、小林親弘、杉田智和、立木文彦ら日本版吹替声優決定!

REBEL MOON - パート1: 炎の子

2部構成となる映画『REBEL MOON – パート 1: 炎の子』(12月22日()配信)、『REBEL MOON – パート 2: 傷跡を刻む者』(2024年4月19日()配信)の日本版吹替声優を、沢城みゆき、小林親弘、杉田智和、立木文彦、武内駿輔、竹内絢子、諏訪部順一、池水通洋が務めることが明らかになった。

本作は、ザック・スナイダー監督が20年以上構想し、黒澤明監督の『七人の侍』からインスパイアを受け創造した、壮大な銀河を舞台に贈るSFスペクタクル巨編。全てを支配する銀河の帝国“マザーワールド”と、そんな巨悪にリベンジを誓う寄せ集めクセ者集団〈チーム・レベルズ〉の“規格外”な戦いが開幕する。

舞台は、巨大帝国“マザーワールド”が支配する銀河。暗い過去から逃げ、惑星の片隅の平和な村で暮らしていた心優しい熱き戦士コラ(ソフィア・ブテラ)。しかしある日、帝国の刺客が現れ侵略を開始。コラは蹂躙された村人の敵討ちのために立ち上がり、仲間集めの旅へ!

コラの声優を務める沢城みゆきは「あまりに美しくとんでもなく強いことが、コラの最大の魅力ではないことが日本語版からも香るよう努めました」と深みのあるキャラクターであることを語る。コラは旅の中で、自身の過去とも向き合うこととなり、内面の葛藤、そして成長も描かれていく。

そんなコラと共に惑星を巡る、同じ村の“戦う農家”ガンナー(ミヒウ・ハウスマン)を演じる小林親弘は「個性豊かな仲間を集めて強大な危機に立ち向かう…そんなアツイ展開、ワクワクするに決まっております」と、王道少年冒険漫画のような展開に熱量たっぷりな様子だ。

仲間集めを開始したコラたちが出会うのは、強さは折り紙付きだが、団結とは無縁なアウトローたち。金でしか動かないクールな宇宙船パイロット・カイ(チャーリー・ハナム)を演じる杉田智和は、「魅力的な物語というのは、観た人の感性によって様々な解釈が生まれる事です。ご期待下さい」とコメント。本作では壮大で鮮やかなアクションだけでなく、〈チーム・レベルズ〉のメンバーを中心に様々な心を打つドラマも紡がれていく。

酒に溺れる荒くれ剣闘士・タイタス将軍(ジャイモン・フンスー)を演じる立木文彦は「(収録は)今までにないとても独特な世界観の物語に引きこまれ、あっという間の濃い時間でした。自分にとっても、新しいキャラクターです」と振り返る。

空飛ぶ巨大な獣をも手懐ける戦士で実は元王子のタラク(スタズ・ネア)を演じる武内駿輔は、「終盤あたりのセリフで、個人的にとても好きなセリフがあったので、皆様も彼の逞しさに翻弄されてください!」と語っており、筋骨隆々なタラクの大活躍にも期待したい。

また、顔色ひとつ変えずに復讐心を燃やす二刀流使い・ネメシス(ペ・ドゥナ)を演じる竹内絢子は「二刀流の戦闘シーンがめちゃくちゃ格好良いです!」と熱弁。復讐心を着火剤に、彼女の燃え上がる剣が巨悪を成敗する。

そして、ケンカっ早すぎる傭兵軍団のリーダーのダリアン(レイ・フィッシャー)を演じる諏訪部順一は、「ザック・スナイダー監督が手掛ける新たなスペースサーガ!その映像、その物語は必見!」と、ザックの“規格外”の物語に熱くコメント。

未だ謎に満ちたロボット騎士・ジミー(アンソニー・ホプキンス)を演じる池水通洋は、「名優が演じたロボットの声を担当させて頂きました。光栄です。ところが、巨匠は、ロボットらしい喋りはしていません。画面のロボットを見て私が喋ると、表情がありませんので、つい、ロボット風に!困りました」とユーモラスにコメントを寄せ、“複雑な過去を抱えている”というジミーのキャラクターに一層の謎を残した。

寄せ集めのアウトローたちで結成する、チームワークもゼロの〈チーム・レベルズ〉。対するは冷酷非道で人間味ゼロの執行官、ノーブル提督(エド・スクライン)。果たして彼らは、銀河から自由を奪った悪の帝国へリベンジできるのか。

なお今回、日本版声優から寄せられたコメントは以下の通り。

日本版〈チーム・レベルズ〉 コメント全文(敬称略)

コラ役:沢城みゆき
踊るようにしなやかなアクションが魅力のソフィア・ブテラが、今回どこか愚直に生々しく闘う姿が印象的です。あまりに美しくとんでもなく強いことが、コラの最大の魅力ではないことが日本語版からも香るよう努めました。…そんなぁ!後編までどのくらい待ったらいいのー!?(I can’t wait!)と言う収録後感です。

ガンナー役:小林親弘
この作品は『七人の侍』に着想を得ているそうです。
その時点で最高ですね。
個性豊かな仲間を集めて強大な危機に立ち向かう…
そんなアツイ展開、ワクワクするに決まっております。
実際アフレコをしていてとても楽しい作品でした。
是非是非楽しんでいただければ幸いです!

カイ役:杉田智和
久しぶりにチャーリー・ハナムさんの吹き替えが出来て嬉しかったです。
魅力的な物語というのは、観た人の感性によって様々な解釈が生まれる事です。ご期待下さい。

タイタス将軍役:立木文彦
トレーラー予告を観た時から、興味深い映画と演りがいのある人物像と思い、吹替収録をとても楽しみにしていました。
SF?大河ドラマ?新種のドラマ?
今までにないとても独特な世界観の物語に引きこまれ、あっという間の濃い時間でした。
自分の役の衝撃的な登場の仕方と、大人で個性的な役柄なので、集中してやることかできました。
自分にとっても、新しいキャラクターです。
エンディングに向かってのその後のドラマチックな展開にご期待下さい。

タラク役:武内駿輔
壮大な世界観と、映像美、作品の吹き替えを担当できると聞いた時、とてもワクワクしました。
骨組みがしっかりしている分、様々なテーマでエピソードを展開する事が可能になっているので、これからどんなお話になっていくのか、今から楽しみでなりません。
自分が担当させて頂いたタラクは、漢気とパワーに溢れる人ですが、どこかまだ青年感がするところがとても魅力的です。
終盤あたりのセリフで、個人的にとても好きなセリフがあったので、皆様も彼の逞しさに翻弄されてください!

ネメシス役:竹内絢子
ペ・ドゥナさん演じる「ネメシス」は、どこか悲哀を含む表情が印象的な剣士。二刀流の戦闘シーンがめちゃくちゃ格好良いです!寡黙な彼女の過去や仲間たちとの関係など、視聴者として役者として展開が楽しみです!

ダリアン役:諏訪部順一
ザック・スナイダー監督が手掛ける新たなスペースサーガ!その映像、その物語は必見!
原音はもちろん、日本語吹替でもお楽しみいただけますと幸いです。

ジミー役:池水通洋
名優が演じたロボットの声を担当させて頂きました。光栄です。ところが、巨匠は、ロボットらしい喋りはしていません。画面のロボットを見て私が喋ると、表情がありませんので、つい、ロボット風に!困りました。


作品タイトル:『REBEL MOON – パート1: 炎の子』
出演:ソフィア・ブテラ、チャーリー・ハナム、ペ・ドゥナ、ジャイモン・フンスー、ミヒウ・ハウスマン、スタズ・ネア、レイ・フィッシャー、エド・スクライン、アンソニー・ホプキンス
監督・脚本・プロデューサー:ザック・スナイダー

Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/title/81464239

Netflix映画『REBEL MOON – パート1: 炎の子』12月22日(金)世界独占配信

関連記事:
Netflix映画『REBEL MOON – パート1: 炎の子』ザック・スナイダー監督らしいアクション満載の日本版本予告解禁!
ザック・スナイダー監督『レベル・ムーン(原題)』12/22よりNetflixで配信決定!ティザービジュアル&場面写真が解禁

↑上に戻る