マッツ・ミケルセンが復讐に燃える軍人役で、アナス・トマス・イェンセン監督とタッグ『ライダーズ・オブ・ジャスティス』

ライダーズ・オブ・ジャスティス

マッツ・ミケルセン × アナス・トマス・イェンセンのタッグが贈る、リベンジ・アクション・エンターテインメント「RETFÆRDIGHEDENS RYTTERE(英題:RIDERS OF JUSTICE)」の邦題が『ライダーズ・オブ・ジャスティス』に決定、2022年1月21日(金)に新宿武蔵野館ほか全国ロードショーとなる

列車事故で妻を失った軍人。事故は仕組まれたものだと主張する数学者とその仲間。傷ついた魂が交錯し、予測不可能な復讐劇が幕を開ける。偶然に導かれし男たちの正義の行方は、果たして――

主演を務めるのは『ファンタスティック・ビースト』『インディ・ジョーンズ』シリーズ最新作への出演も決定しているマッツ・ミケルセン。本作で5度目のタッグを組む盟友アナス・トマス・イェンセン監督の下、復讐の炎を燃やす軍人に扮し、ハードなアクションや重厚な演技を披露している。さらに、『特捜部Q』シリーズのニコライ・リー・コース、『セレブレーション』のラース・ブリグマン、『アダムズ・アップル』のニコラス・ブロらデンマークが誇る名優たちが集結した。

本国では第93回アカデミー賞(R)国際長編映画賞を受賞した同じくマッツ主演作『アナザーラウンド』を超える2020年NO.1のオープニング成績を記録したほか、第37回ロバート賞(デンマーク・アカデミー賞)で最多15ノミネートを果たし、主演女優賞、助演男優賞、作曲賞、視覚効果賞の4冠に輝いた。

尚、9月3日からは、2種類ある特製オリジナルポストカードセット付ムビチケが発売される。

ストーリー
妻が列車事故で亡くなったという報せを受け、軍人のマークスはアフガニスタンでの任務を離れ娘の元へ帰国する。悲しみに暮れる娘を前に無力感にさいなまれるマークスだったが、彼の元を二人の男が訪ねてくる。その中の一人、妻と同じ列車に乗っていたという数学者のオットーは、事故は“ライダーズ・オブ・ジャスティス”と言う犯罪組織が、殺人事件の重要な証人を暗殺するために周到に計画された事件だとマークスに告げる。怒りに打ち震えるマークスは妻の無念を晴らすため、オットーらの協力を得て復讐に身を投じてゆくが事態は思わぬ方向に…。

作品タイトル:『ライダーズ・オブ・ジャスティス』
出演:マッツ・ミケルセン、ニコライ・リー・コース、アンドレア・ハイク・ガデベルグ、ラース・ブリグマン、ニコラス・ブロ、グスタフ・リンド、ローラン・ムラ
監督・脚本:アナス・トマス・イェンセン
撮影:キャスパー・トゥクセン
編集:ニコライ・モンベウ、アナス・エスビャウ・クレステンスン
音楽:イエッペ・コース
2020年|デンマーク・スウェーデン・フィンランド|カラー|シネスコ|5.1ch|116分|デンマーク語ほか|日本語字幕:平井かおり|原題:RETFÆRDIGHEDENS RYTTERE|
英題:RIDERS OF JUSTICE|PG12|
配給:クロックワークス

公式サイト:https://klockworx-v.com/roj/
コピーライト:(c) 2020 Zentropa Entertainments3 ApS & Zentropa Sweden AB.

2022年1月21日(金)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

 

↑上に戻る