『聖地には蜘蛛が巣を張る』本編シーン&カンヌ女優賞受賞ザーラ・アミール・エブラヒミの特別メッセージ解禁!

聖地には蜘蛛が巣を張る

アリ・アッバシ監督の最新作『聖地には蜘蛛が巣を張る』(4月14日(金)公開)より、本作のキャスティング・ディレクターだったザーラ・アミール・エブラヒミが主演に抜擢されるきっかけとなった本編シーンと、日本公開に向けてザーラから寄せられた特別メッセージ映像が解禁された。

昨年の第75回カンヌ国際映画祭にてザーラが女優賞を受賞し、ロバート賞(デンマーク・アカデミー賞)で今年度最多11部門(作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞、助演男優賞、編集賞、撮影賞、作曲賞、プロダクションデザイン賞、音響デザイン賞、視覚効果賞)に輝いた本作は、イランの聖地マシュハドで2000年から2001年にかけて16人もの犠牲者を出し “スパイダー・キラー事件”と呼ばれたサイード・ハナイによる娼婦連続殺人事件に着想を得たクライム・サスペンス。

監督を務めたアリ・アッバシは、第71回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でグランプリを受賞した『ボーダー 二つの世界』(18)(同年アカデミー賞(R)スウェーデン代表)でスリリングなファンタジーの世界を描き、映画界の注目を一気に集め、最近ではHBOドラマ「THE LAST OF US」第8話、最終話の演出も手掛け話題となった北欧の鬼才。
「連続殺人鬼の映画を作りたかったわけではない。私が作ろうと思ったのは、連続殺人鬼も同然の社会についての映画だった」と語り、構想に15年をかけたという渾身の一作だ。

そして、本作の制作当初からキャスティング・ディレクターとしてアリ・アッバシ監督を裏方として支えていたのが、主人公のジャーナリスト・ラヒミを演じたザーラ・アミール・エブラヒミ。

彼女は第三者による私的なセックステープの流出によってスキャンダルの被害者となり、2008年、国民的女優として成功を収めていたイランからフランスへの亡命を余儀なくされた過去がある。
本作のキャスティング・ディレクターとして奔走する中、ラヒミ役に決まっていた女優があるシーンが理由で撮影直前に降板するという緊急事態が発生。そんな中、相当な覚悟を持ってそのシーンを受け入れラヒミ役を演じることになったザーラの鬼気迫る演技は大きな話題を呼んだ。

今回解禁となったシーンは、 “スパイダー・キラー”による娼婦連続殺人事件の取材のため、明け方の聖地マシュハドを訪れたラヒミ(ザーラ・アミール・エブラヒミ)が、ホテルでチェックインをする場面。

ラヒミに対して、フロントの男は尊大な態度で「アレズー・ラヒミ、このマシュハド出身?」と尋ね「そうよ」と応えるが、すぐには部屋を案内せず、こそこそと支配人に「彼女予約しているけど、未婚です」「どうします?1人です」と確認している。すると「すみません、システムエラーのせいで今夜はすでに満室になっています」と宿泊を断ってくる。予約をしているラヒミは引き下がらず「まったく面倒ね。私はジャーナリスト」とIDを見せると、なぜか宿泊はOKに。苦笑するラヒミに男は「髪を隠して」と一言。「うるさいわ。あなたには関係ない」と応戦する。そして、部屋でヒジャブを取り、着替えるシーンが映し出される―。

この場面こそ、当初キャスティングされていた女優が、本作への出演を拒むことになった理由のワンシーンで、イラン国内での批判を恐れた背景があった。結果、キャスティング・ディレクターだったザーラが改めてオーディションを受け、アリ・アッバシ監督は「ラヒミ役を再検討した時に、ザーラがぴったりだと思った」と主演に抜擢。結果カンヌをはじめ世界の映画祭で称賛されることとなった。

聖地には蜘蛛が巣を張る

そしてザーラは3月中旬、滞在先のローマよりオンラインで日本公開に向けて以下のメッセージを届けてくれた。


『聖地には蜘蛛が巣を張る』主演のザーラ・アミール・エブラヒミです。
アリ・アッバシ監督作品です。4月14日(金)に日本の劇場で公開されます。
どうか時間を作って見にいってください。すごく重要な内容です。
この映画は、イランの女性を描いた作品です。
直視し難い作品ですが 一見の価値があります。本当に。それは私が保証します。
時間をムダにさせません。素晴らしい映画体験ができるはずです。
お願いします。 「楽しんでください」とは言えませんが 
この作品を ぜひとも心で感じて しっかり見届けてください。

聖地には蜘蛛が巣を張る

アリ・アッバシ監督は、ラヒミ役を演じたザーラについて「動画の流出によって私生活と仕事で味わった挫折感を自分の演技に取り入れてくれた」と感謝し、「私や制作陣以外で、この作品が誰のものかと聞かれたら、間違いなく彼女の作品だ」と賛辞を惜しまない。ザーラから届いたメッセージにもその決意と熱い想いが伝わってくる。彼女の渾身の演技を、ぜひスクリーンで。

ストーリー
聖地マシュハドで起きた娼婦連続殺人事件。「街を浄化する」という犯行声明のもと殺人を繰り返す“スパイダー・キラー”に街は震撼していたが、一部の市民は犯人を英雄視していた。事件を覆い隠そうとする不穏な圧力のもと、女性ジャーナリスト・ラヒミは危険を顧みずに事件を追う。ある夜、彼女は、家族と暮らす平凡な一人の男の心の深淵に潜んでいた狂気を目撃し、戦慄する――。

作品タイトル:『聖地には蜘蛛が巣を張る』
出演:メフディ・バジェスタニ、ザーラ・アミール・エブラヒミ
監督:アリ・アッバシ『ボーダー 二つの世界』
脚本:アリ・アッバシ、アフシン・カムラン・バーラミ
音楽:マルティン・ディルコフ
撮影:ナディム・カールセン
編集:ハイェデェ・サフィヤリ、オリヴィア・ニーアガート=ホルム
原題:「Holy Spider」/2022年/デンマーク・ドイツ・スウェーデン・フランス/ペルシャ語/シネスコ/5.1ch/118分/字幕翻訳:石田泰子/デンマーク王国大使館後援/映倫:R-15
配給:ギャガ

公式サイト:gaga.ne.jp/seichikumo
公式Twitter:@holyspider_jp
コピーライト:(C)Profile Pictures / One Two Films

4月14日(金) 新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、TOHOシネマズシャンテ他全国順次公開

関連記事:
『聖地には蜘蛛が巣を張る』真相を探るジャーナリストに危険が迫る本編シーン&15秒予告解禁!久米宏ほか著名人コメント到着
アリ・アッバシ監督最新作『聖地には蜘蛛が巣を張る』4月14日(金)公開決定&日本版ポスタービジュアル解禁!

↑上に戻る