『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』場面写真一挙解禁!宮本茉由、安藤政信のほか水野真紀、柄本明、萬田久子らの姿も

鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽

1947年に出版され“斜陽族”と流行語にもなった太宰治の名著「斜陽」執筆75周年を記念した映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』(10月28日(金)よりTOHOシネマズ甲府、シアターセントラルBe館にて先行公開、11月4日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国公開)の場面写真が一挙解禁された。

本作は、日本映画界の名匠、増村保造監督と脚本家の白坂依志夫が遺した草稿脚本を元に、近藤明男監督(『ふみ子の海』(07)、『エクレール・お菓子放浪記』(11))が脚本を仕上げ、準備から5年の歳月を経て、太宰治「斜陽」を完全映画化した作品。

映画初主演となる宮本茉由が演じるのは、戦後の混沌とした社会で、古い道徳とどこまでも争い<太陽のように生きる>道ならぬ恋につき進んでいく主人公・かず子。彼女が思いを寄せる作家を安藤政信が演じている。

今回解禁された場面写真は、宮本、安藤のメインカットに加え、没落貴族の母、都貴子を端正に演じた水野真紀、戦争から帰還し、夢と現実の狭間で貴族の血に抗いながら破滅的な日々を過ごす弟役の奥野壮の姿を捉えている。さらに、上原行きつけの酒場の女将役の萬田久子、病に冒された都貴子を診察する三宅医師役の柄本明の姿も初披露された。

宮本が演じる“真っ直ぐに生きる女性”かず子と、安藤が扮する“自由に生きる男”上原。混沌の時代に放たれる“恋と革命の物語”にご期待が高まる。

鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽
鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽
鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽
鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽
鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽
鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽
鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽
鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽

作品タイトル:『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』
出演:宮本茉由 / 安藤政信 水野真紀 奥野壮
田中健 細川直美 白須慶子 三上寛 柏原収史 / 萬田久子 / 柄本明
尾崎右宗 菅田俊 岡部尚 中谷太郎 緒方美穂 三木秀甫
岡元あつこ 栗原沙也加 今泉朋子 白石恭子 薗田正美 光藤えり
山村友乃 野崎小三郎 ジョナゴールド / 春風亭昇太
原作:太宰治
監督:近藤明男
脚本:白坂依志夫 増村保造 近藤明男
プロデューサー:足立喜之 市川武 今泉朋子 上村正樹 栗原隆一 山村隆昭
音楽:海沼正利
主題歌:小椋佳「ラピスラズリの涙」(作詞・作曲・歌)
撮影支援協力:青森県 山梨県 五所川原市 つがる市 弘前市 甲府市 山梨市 都留市 三鷹市
2022年/日本/日本語/カラー/アメリカンビスタ/5.1ch/109分
映倫G
配給:彩プロ

公式サイト:https://syayo.ayapro.ne.jp/
公式Twitter:@syayo_hatohebi
公式Instagram:@syayo.hatohebi
公式Facebook:@syayo.hatohebi
コピーライト:(C)2022 『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』製作委員会(オフィス近藤 アップサイド 実正寺 スペースT ぱあとなあ ハーモニー ライジングシネマ 山梨日日新聞社 山梨放送)

10/28(金)よりTOHOシネマズ 甲府先行公開、
11/4(金)よりTOHOシネマズ 日本橋ほか全国公開

関連記事:
太宰治「斜陽」執筆75周年記念作品は“恋と革命の物語”― 映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』ポスター&予告編同時解禁!
映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』公開日決定&メインビジュアル解禁! ―太宰治「斜陽」執筆75周年記念作品
【レポート】太宰治の「斜陽」が宮本茉由を主演に迎え映画化!『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』2022年公開決定

↑上に戻る