シリーズ最新作『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』日本版予告&ポスタービジュアル解禁!―10月1日(金)公開

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

「死霊館」ユニバース最新作『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(10月1日(金)公開)の日本版予告とポスタービジュアルが解禁された。

世界で最も有名な心霊研究家エド&ロレイン・ウォーレン夫妻が実際に調査した事件を基に映画化された『死霊館』から始まり、「アナベル」シリーズや、『死霊館のシスター』(2018年)など、数多くのスピンオフ作品が製作されるほど、全世界で映画ファンを虜にしている「死霊館」ユニバース。本作はそのメガヒットシリーズの7作目にして、メインストーリー「死霊館」の3作目、待望の最新作となる。

今回、心霊研究家ウォーレン夫妻が挑むのは、彼らが最も極限まで追い詰められた衝撃の事件。顔面蒼白、血だらけの様子で呆然と道路を歩く青年アーニー・ジョンソン(ルアイリ・オコナー)。彼は何の罪もない家主を殺害したのにも関わらず、法廷で無罪を主張する。その驚くべき理由はー「悪魔のせい」。殺したのは、人か?それとも…!?姿なき存在を証明するため、ウォ―レン夫妻が立ち上がる。被告人を救う為、手がかりをもとに、警察と協力し捜査を進める彼らだったが、とてつもなく邪悪な<何か>に極限まで追い詰められていくー。

「あなたの家族は呪われている」と話すロレイン(ベラ・ファーミガ)が、自身の透視能力を使い調査をするシーンも垣間見える。さらには少年が大人を投げ飛ばし、人間とは思えないほど直角の状態から起き上がる衝撃的な恐怖映像もおさめられている。「覚悟はあるのか?すべて失うぞ」と言われるほど死の危険が伴う調査ゆえに、断崖絶壁で絶体絶命なエド(パトリック・ウィルソン)とロレインの手に汗握る衝撃のシーンも…。そして最後には「それで済むと思ってる?」と、まるで悪魔が見ているこちら側にささやいているかのようなセリフに恐怖を覚える。果たして、ウォーレン夫妻は次々と襲い掛かる恐怖に打ち勝ち、「その存在」を一体どうやって証明するのか?全米を震撼させた前代未聞<すべて実話>の殺人事件。衝撃の真相が明らかになるー。

尚、本作の予告ナレーションは、アニメ「呪術廻戦」の両面宿儺役をはじめ数多くの作品に出演する声優・諏訪部順一が担当している。

「死霊館」ユニバース待望の最新作
「IT/イット」「アナベル」製作スタジオ × ジェームズ・ワン

日本公開に先駆けて、6月4日(金)に全米3102スクリーンで公開された本作は全米初登場No.1スタートを獲得。また、全世界41か国で公開され、そのうち32か国、メキシコ、韓国、インドネシア、オーストラリア、スペイン、ブラジル、サウジアラビアなどで首位を獲得する大ヒットスタートを切り、既に累計興行収入は1億ドルを突破している。

「IT/イット」「アナベル」のニューライン・シネマが製作。「死霊館」ユニバースの生みの親にして「ソウ」、「インシディアス」シリーズなど数々の傑作ホラーを手掛け、昨今では『ワイルド・スピード SKY MISSION』や『アクアマン』といったアクション大作の監督を務めるジェームズ・ワンがプロデュースを務める。(死霊館ユニバース全作プロデュース)

監督には、ビリー・アイリッシュ(「Bury A Friend」)のミュージック・ビデオを手掛け、『ラ・ヨローナ~泣く女~』(2019年)では圧巻の恐怖体験でアトラクション・ホラーというジャンルを知らしめた新鋭マイケル・チャベス

そして、主人公のウォーレン夫妻はシリーズを通しての続投となるパトリック・ウィルソン(『アクアマン』)とベラ・ファーミガ(『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が務めている。

「死霊館」ユニバース<全7作>
『死霊館』(2013年)
 ユニバース第一弾。ウォ―レン夫妻が挑む、古びた一軒家に隠された秘密とは。
『アナベル 死霊館の人形』(2014年)
 連鎖する恐怖。世界で最も危険な死霊人形の真実。
『死霊館 エンフィールド事件』(2016年)
 史上最も長く続いたポルターガイスト現象!
『アナベル 死霊人形の誕生』(2017年)
 “実在する”死霊人形は、こうして生まれた――。
『死霊館のシスター』(2018年)
 すべての元凶。その恐怖の始まりを描く原点!
『アナベル 死霊博物館』(2019年)
 ウォーレン夫妻の愛娘が体験する、背筋も凍る、“おるすばん”。
『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(2021年10月1日(金)公開)
(※公開年)

ストーリー
1981年、家主を刃物で22度刺して殺害した青年は、悪魔にとり憑かれていたことを理由に「無罪」を主張した。被告人の供述は一貫して「ぜんぶ、悪魔のせい。」法廷に神が存在するなら、悪魔も存在するというのだ。殺したのは、人か?それとも…!?姿なき存在を証明するため、心霊研究家ウォ―レン夫妻が立ち上がる。被告人を救うため、手がかりをもとに、警察に協力し捜査をすすめる彼らだったが、とてつもなく邪悪な〈何か〉に極限まで追い詰められていくー。果たして、ウォーレン夫妻は次々と襲い掛かる恐怖に打ち勝ち、「その存在」を一体どうやって証明するのか?アメリカ史上初、前代未聞〈すべて実話〉の殺人事件。衝撃の真相がついに明らかになる―。

作品タイトル:『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』
出演:パトリック・ウィルソン、ベラ・ファーミガ、ルアイリ・オコナー、サラ・キャサリン・フック、ジュリアン・ヒリアード
監督:マイケル・チャベス(『ラ・ヨローナ ~泣く女~』)
製作:ジェームズ・ワン(『死霊館』『ソウ』『ワイルド・スピード SKY MISSION』『アクアマン』)、ピーター・サフラン(「死霊館」ユニバース 全作でコラボレーション)
脚本:デイビッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック(『死霊館 エンフィールド事件』『エスター』『アクアマン』)
製作:ニューライン・シネマ
2021年 アメリカ映画/2021年 日本公開作品/原題:THE CONJURING: THE DEVIL MADE ME DO IT
上映時間:112分/スコープサイズ/2D/5.1chリニアPCM+ドルビーサラウンド7.1(一部劇場にて)
字幕:佐藤真紀/映倫区分:R15+
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:https://wwws.warnerbros.co.jp/shiryoukan-muzai/
コピーライト:(c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

2021年10月1日(金)全国公開

 

関連記事:
『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』全米初登場No.1、全世界31か国で首位スタート!日本公開は10月1日(金)に決定

↑上に戻る