『フレンチ・コネクション』&『L.A.大捜査線/狼たちの街』巨匠ウィリアム・フリードキンの2大傑作緊急特別上映決定!

恐怖の報酬【オリジナル完全版】

11月24日(土)、ウィリアム・フリードキン監督作品『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』(77)が全国8劇場で日本初公開された。新聞や雑誌での絶賛評、さらにフリードキン監督からの日本向けヴィデオ・メッセージがネット上で話題を集めたこともあり、公開初日の【シネマート新宿】【ヒューマントラストシネマ有楽町】【シネマート心斎橋】では上映を待ち望んでいたファンが多数押しかけ、3館共に初回満員という好スタートを切った。
その大好評を受け、フリードキンの出世作であり、アカデミー賞を受賞した代表作『フレンチ・コネクション』(71)、そして1980年代フリードキンの最高傑作『L.A.大捜査線/狼たちの街』(85)が、シネマート新宿、立川シネマシティにて緊急特別上映されることが決定した。

画像01

『フレンチ・コネクション』は、ニューヨーク市警麻薬課の敏腕刑事ポパイ(ジーン・ハックマン)と相棒のクラウディ(ロイ・シャイダー)が、フランス・マルセイユの麻薬組織のボス、シャルニエ(フェルナンド・レイ)とニューヨーク暗黒街を結ぶ密輸ルートを追うポリス・アクションの傑作。アカデミー作品賞・監督賞ほか5部門を受賞しただけでなく、『ブリット』を超える壮絶なカーチェイスは、当時の映画界に一大ブームを巻き起こした。

画像02

『L.A.大捜査線/狼たちの街』は、ロサンゼルスを舞台に、紙幣偽造犯マスターズ(ウィレム・デフォー)を追う2人の財務省捜査官、チャンス(ウィリアム・ピーターセン)とヴコヴィッチ(ジョン・パンコウ)の死闘を描いたクライム・アクション。『フレンチ・コネクション』に勝るとも劣らぬ常軌を逸したカーチェイスが凄まじい興奮を呼ぶ。去る11/16に亡くなった天才デザイナー、パブロ・フェッロが手掛けたタイトル・デザインも見ものだ。
今回、権利元からの上映許可は『フレンチ・コネクション』1回、『L.A.大捜査線』2回の計3回のみ。特に『LA.大捜査線』は1986年の日本公開から32年ぶりの上映という貴重な機会となる。

上映予定

『L.A.大捜査線/狼たちの街』
①12月7日(金)
時間:未定 場所:立川シネマシティ
②12月9日(日)
時間:16:30 場所:シネマート新宿SC1

『フレンチ・コネクション』
12月中に上映、詳細は公式サイトで発表
場所:立川シネマシティ

※両作品はブルーレイ素材での上映となります。

『L.A.大捜査線/ 狼たちの街』
1985年|アメリカ映画|1986年劇場公開作品|116分|原題:TO LIVE AND DIE IN L.A.
コピーライト:(c)1985 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

『フレンチ・コネクション』
1971年|アメリカ映画|104分|原題:The French Connection
コピーライト:(c)1971 Twentieth Century Fox Film Corporation. Renewed 1999 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

作品タイトル:『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』
出演:ロイ・シャイダー、ブルーノ・クレメル、フランシスコ・ラバル、アミドゥ
監督・製作:ウィリアム・フリードキン
脚本:ウォロン・グリーン
原作:ジョルジュ・アルノー
音楽:タンジェリン・ドリーム
【1977年|アメリカ映画|カラー|ヴィスタサイズ|5.1ch|DCP|上映時間:121分】
原題:SORCERER(魔術師)
提供:キングレコード
配給:コピアポア・フィルム

公式サイト:SORCERER2018.com
コピーライト:(c) MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.

『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』
シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国絶賛上映中!

↑上に戻る