ログイン

ピエール瀧主演映画『水平線』本予告解禁 ―本作誕生のきっかけを作った白石和彌監督のコメントも到着

ピエール瀧主演の映画『水平線』より、本予告が解禁。さらに、本作で監督を務める小林且弥監督の主演映画『ロストパラダイス・イン・トーキョー』やピエール瀧と親交を深めるきっかけとなった共演作『凶悪』などで知られる白石和彌監督のコメントが到着した。

本作は、福島県のとある港町を舞台に、大切な人ときちんとお別れできないまま、立ち止まってしまった、ある親子の物語。震災で妻を失い心に傷を抱えたまま、高齢者や生活困窮者を相手に散骨を請け負う主人公・井口真吾をピエール瀧が重厚さと軽妙さをたたえながら人間味豊かに演じる。
真吾の一人娘で、父との心の亀裂に悩む奈生を栗林藍希が好演。ほか足立智充内田慈押田岳円井わん渡辺哲らドラマや舞台と幅広く活躍する実力派キャストが名を連ねる。
監督は本作が長編映画監督デビューとなる小林且弥。ピエール瀧とは、2013年に白石和彌監督『凶悪』でヤクザの兄貴と舎弟の役柄で共演し、意気投合。自身初の監督作品の主演にはピエール瀧しかいないと切望し、今回、俳優×監督としての再タッグが実現した。

この度、解禁された本予告は、震災で妻を失い個人で散骨業を営む井口真吾の元に持ち込まれた、通り魔殺人事件の犯人の遺骨をめぐり、真吾に執拗に迫るジャーナリスト、一緒に暮らす一人娘、奈生との心の亀裂、と波紋が広がっていく様を映し出す。
「死んだら終わり、ただの骨だ」、と他者の骨を弔いながら自己と向き合う父親。「ほんのひとかけらだけでも母の骨が欲しい」、と願う娘。大切な人の突然の不在にとまどい、埋めようのない寂寥感を抱える親子の複雑な心境が静かに胸に迫る予告編となっている。

白石和彌監督 コメント

十数年前に出会った小林且弥の目を思い出す。意思が強く、それでいてどこか憂いのある目をしていた。
人を見つめる優しい眼差しは、今も何一つ変わっていない。
失敗を許さない世の中で、再生の物語に魂を揺さぶられる。
この物語は小林且弥の物語であり、ピエール瀧の物語であり、見る人の物語だ。
小林監督、大きな瀧さんの背中を撮ってくれてありがとう。
白石和彌(映画監督)

目次