ナチスによる悲劇と現代の難民問題を重ね合わせた野心作!映画『未来を乗り換えた男』2019年1月12日(土)順次公開

未来を乗り換えた男
クリスティアン・ぺッツォルト監督最新作「TRANSIT」改め、邦題『未来を乗り換えた男』が2019年1月12日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開となることが決定。ポスタービジュアルが解禁された。

べルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した『東ベルリンから来た女』や『あの日のように抱きしめて』など、歴史に翻弄された人々の数奇な運命を描き、ドイツを代表する名匠となったクリスティアン・ぺッツォルト監督。作家アンナ・ゼーガースが1942年に亡命先のマルセイユで執筆した小説「トランジット」を、現代に置き換え映画化。ユダヤ人がナチスの理不尽な迫害を受けた戦時中の悲劇と、祖国を追われた難民をめぐる問題が深刻化している今の状況を重ね合わせるという大胆な試みを実践した野心作。私たちが今観るべき物語が誕生した。

画像01

別人に成りすますことで新たな未来へ乗り換えようとする元レジスタンスの青年と、夫を捨てた過去に縛られている謎めいた美女。船による国外出航のタイムリミットが迫りくるなか、運命の悪戯でめぐり合った男女の危うい恋の行方をサスペンスフルに描き出す。
主人公ゲオルクを演じるのは、ドイツ映画賞6部門を制した『ヴィクトリア』、巨匠ミヒャエ ル・ハネケの『ハッピーエンド』といった話題作に相次いで出演し、2018年ベルリン国際映画 祭にてシューティング・スター賞を受賞したフランツ・ロゴフスキ。そしてファムファタール的なマリーには、フランソワ・オゾン監督作品『婚約者の友人』にて、セザール賞やヨーロッパ映画賞にノミネートされたパウラ・べーアが扮している。

画像02

画像03

ストーリー
現代のフランス。祖国ドイツで吹き荒れるファシズムを逃れてきた元レジスタンスのゲオルクは、パリから港町マルセイユにたどり着いた。偶然の成り行きから、パリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルに成りすまし、船でメキシコへ発とうと思い立つ。そんなときに一心不乱に人を捜している黒いコート姿の女性マリーと出会い、美しくもミステリアスな彼女に心を奪われていく。しかしそれは決して許されず、報われるはずのない恋だった。なぜなら、マリーが探していた夫は、ゲオルクが成りすましているヴァイデルだったのだ……。

画像04

画像05

画像06

画像07

画像08

作品タイトル:『未来を乗り換えた男』
出演:フランツ・ロゴフスキ、パウラ・べーア
監督・脚本:クリスティアン・ぺッツォルト
原作:アンナ・ゼーガース著「トランジット」
挿入歌:トーキング・ヘッズ「ROAD TO NOWEHRE」
2018 |ドイツ・フランス合作|102分|デジタル5.1ch |シネスコ
原題:TRANSIT
日本語字幕:吉川美奈子
協力:ゲーテ・インスティトゥート東京
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム

コピーライト:(c) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinema

2019年1月12日(土)より ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

↑上に戻る