ログイン

『あんのこと』公開記念舞台挨拶に河合優実、佐藤二朗、稲垣吾郎、入江悠監督登壇 「生きている」と実感する瞬間明かす

画像1

『あんのこと』の公開記念舞台挨拶が6月8日(土)、東京・丸の内TOEIにて行われ、主演の河合優実をはじめ、佐藤二朗、稲垣吾郎、入江悠監督が登壇した。

苦難の人生にもがく主人公・杏を演じた河合は、ソールドアウトの会場を見渡しながら「この作品は自分にとって特別なもので、皆さんに観ていただくことに意味があると思っています」と挨拶。SNS等に寄せられた観客からの感想に目を通していると明かし、「実話を基にしたこの物語を映画にすることに恐れがあって、それは今もありますが、皆さんが語ってくれた感想の言葉を見て別の気持ちになりました。その感想から『あんのこと』を観てくださった方々が真剣に考えてくださったことが伝わって来て嬉しいです。今日も満席だと伺い、心から良かったと思っています」と公開後の反響に胸をいっぱいにさせていた。

画像2

杏(河合)を救済しようとする刑事・多々羅を演じた佐藤は、自身の役柄について「ある種の矛盾を抱えた男」と説明しようとするも、本編上映前ということもあり「ネタバレになるか!?」と苦悩。すると稲垣から「大丈夫ですよ。2時間後にはみんな映画を観てわかっていますから」とまさかの無責任発言が飛び出し、佐藤から「ええ!?それなら何を言ってもいいだろうが!」とツッコまれていた。

画像3

杏や多々羅と交流する新聞記者・桐野役の稲垣は「台本を読んだ時に、これが事実に基づいた話であるということに衝撃と動揺がありました。胸が張り裂けそうな思いで、その気持ちを大切に忘れないよう、撮影中は杏ちゃんの心の叫びを一人でも多くの方々に伝えようという思いでした」と撮影時の心境を打ち明けた。

画像4

一方、実話から着想を得た物語を初めて手掛けた入江監督が、撮影前に河合に手紙を渡したという話になると「でも佐藤さんと稲垣さんには書いていなくて…」とポツリと呟き、佐藤は「なんでそれを言うのよ!?」と反応。稲垣は「まあ、主演ですから」と理解を示したのかと思いきや、「で、どういうことですか!?」と冗談めかしながら入江監督に詰め寄った。

入江監督によると、河合に渡した手紙は「何度も推敲した」そうで、受け取った河合は「この映画をどのような心づもりで撮影しようと思っているのか、どんな態度で作ろうとしているのかなど、大切に触れなければいけない話だからこそ、しっかりと言葉を選んで書いてくれているのがわかる手紙でした。撮影で自分が迷った時にお手紙の内容に立ち返る様な指針を最初に頂きました」と感謝していた。

続いて、本作が杏の過ごした「瞬間」を切り取り、「生きる」ということに迫る映画であることにちなみ、それぞれが「生きている!」と感じる瞬間を発表することに。

佐藤は「晩酌!予想通りだった?」と即答。一方、かなり早起きという稲垣は「朝起きた時に今日も一日始まるな、生きているなと思う。早寝早起きは健康の秘訣。朝起きてペットの世話をしたり散歩をしたり、植物に水をあげたり、部屋の掃除をしたり」と充実のモーニングルーティンを口にした。これに佐藤が「掃除も自分でするの?…吾郎ちゃん、俺と結婚してくれ!」と迫ると、稲垣が「いいですよ」と即答し、笑いが起こる一幕も。

また、河合は「客席に座って、なんていい作品なんだろうと思っている時。作品を観て涙して声を出したくなる時とか、感動の極致にいる時に生きているなあと自分の生命力を感じる」と実感を込めると、佐藤は「さっきの僕の晩酌コメントはカット!僕も感動した時や朝起きた時ですね」と二人の返答を拝借し、会場は笑いに包まれた。

画像5

最後に主演の河合は「皆さんの素直に感じるものを受け取ってもらって、皆さんの言葉で作品を語ってください。その言葉に私も勇気をいただくので、『あんのこと』で何かを感じられたら色々な人にそれを伝えてほしいです」と期待。入江監督も「この映画が沢山の方々に広まって、またこのメンバーで集まって舞台挨拶が出来たらとても嬉しいです」とさらなるヒットに期待を込めていた。

ストーリー
21歳の主人公・杏(河合優実)は、幼い頃から母親に暴力を振るわれ、10代半ばから売春を強いられて、過酷な人生を送ってきた。ある日、覚醒剤使用容疑で取り調べを受けた彼女は、多々羅(佐藤二朗)という変わった刑事と出会う。大人を信用したことのない杏だが、なんの見返りも求めず就職を支援し、ありのままを受け入れてくれる多々羅に、次第に心を開いていく。週刊誌記者の桐野(稲垣吾郎)は、「多々羅が薬物更生者の自助グループを私物化し、参加者の女性に関係を強いている」というリークを得て、慎重に取材を進めていた。ちょうどその頃、新型コロナウイルスが出現。杏がやっと手にした居場所や人とのつながりは、あっという間に失われてしまう。行く手を閉ざされ、孤立して苦しむ杏。そんなある朝、身を寄せていたシェルターの隣人から思いがけない頼みごとをされる──。

『あんのこと』
出演:河合優実、佐藤二朗、稲垣吾郎、河井青葉、広岡由里子、早見あかり
監督・脚本:入江悠
製作:木下グループ 鈍牛倶楽部
制作プロダクション:コギトワークス
PG12
配給:キノフィルムズ
(C)2023『あんのこと』製作委員会

公式サイト:annokoto.jp
公式X:@annokoto_movie

全国公開中

関連記事:
映画『あんのこと』河合優実インタビュー、メイキング映像が初解禁 6月7日(金)公開☆
【プレゼント】河合優実主演×入江悠監督『あんのこと』6月7日(金)公開記念!ムビチケカードを2名様に☆
稲垣吾郎『あんのこと』私情と正義の狭間で揺れ動くジャーナリストを熱演 場面写真&メイキング写真解禁
『あんのこと』河合優実と佐藤二朗の共演シーン解禁 反抗的な少女に、刑事がとった行動とは
『あんのこと』で河合優実、「全員で大切に思って真剣に作った映画」佐藤二朗、稲垣吾郎との初共演を語る
「彼女の人生を、自分が生き直す」河合優実の覚悟の熱演をとらえた『あんのこと』場面写真9点解禁
河合優実を見つめる佐藤二朗&稲垣吾郎『あんのこと』メインビジュアル&新場面写真解禁
河合優実主演、映画『あんのこと』予告篇解禁 ―実際の事件から着想を得て描かれる人間ドラマ
河合優実主演『あんのこと』に佐藤二朗、稲垣吾郎が出演決定&コメント到着!ティザービジュアルも解禁
河合優実主演×入江悠監督『あんのこと』2024年6月公開決定!実話を基にした人間ドラマ描く(コメント到着)
目次