【レポート】『波紋』磯村勇斗、筒井真理子らベテラン女優から“王子”と呼ばれ「恥ずかしくなって照れちゃいました」

波紋

荻上直子監督がメガホンをとった映画『波紋』(5月26日(金)公開)のプレミア上映会舞台挨拶が5月15日都内で行われ、主演の筒井真理子、共演の磯村勇斗、木野花、キムラ緑子、そして荻上直子監督が参加した。

映画『波紋』プレミア上映会舞台挨拶

日程:5月15日(月)18:30~19:00
場所:TOHOシネマズ 日本橋 スクリーン7
登壇:筒井真理子、磯村勇斗、木野花、キムラ緑子、荻上直子監督

本作は、荻上監督のオリジナル最新作にして、監督自身が歴代最高の脚本と自負する絶望エンタテインメント。『かもめ食堂』『彼らが本気で編むときは、』『川っぺりムコリッタ』など優しいタッチの作風で知られる荻上監督だが「これまでの作った作品からいい人だと勘違いされているけれど、私は意地悪で本当に嫌な奴です。その邪悪な部分を今回の作品にすべて詰め込みました」と新境地を宣言した。

主人公の須藤依子を演じた筒井は「台本も素晴らしく、共演者も名優揃い。皆さんにゆらゆらとゆすってもらってリアクションをして受けていました」と回想。一方、依子の一人息子・拓哉役の磯村は、ベテラン女優陣に挟まれての登壇に「ずっと今日までソワソワしていました。自分一人挟まれてどういう風にしたらいいのだろうかと…」と恐縮し「舞台袖で皆さんが盛り上がっていて、そのお話の中に入れなかった」と苦笑いすると、筒井からは「アウェーな感じでしたね」と同情され、キムラからは「私たちが『王子!王子!』と言ってから。ごめんなさいね」と言われると、磯村は「恥ずかしくなって照れちゃいました」とお姉さま方の圧にタジタジだった。

波紋
波紋

そんな中、依子がパートタイムで働くスーパーの清掃係・水木役の木野は磯村について「普通の役で何かをしているというわけではないのだけれど、素敵な方だと思った。佇まいが素敵。将来を期待しちゃいました」と絶賛すると、当の磯村は「背中に汗が…恥ずかしいです」と恐縮しきりだった。

依子が拠り所にしている新興宗教・緑命会のリーダーを演じたキムラは「リーダー役は難しい。徳がないとやれない感じがして。私は徳もないし人にも慕われないから…」と難役だったと回想。すると木野は「そんなことありません。緑子さんはいい人だと思った。いい人が滲んで騙しきれないところや踊るところなんて最高でした」と讃えていた。

波紋
波紋

主演の筒井と木野は映像での共演は初というが、プライベートでは約30年の付き合いだという。木野は筒井について「若い頃は天然真理子と言われていてどうなることかと思ったけれど、ちゃんと頑張っていると思った。大人になっていて時間の流れをしみじみと感じました」と感慨。筒井は木野を「本当の恩人」と表し「舞台の芝居で自信がなくなったときに、私が一番苦手とする怒る役をつけてくれた。本番中も稽古してくれて檄を飛ばしてくれて愛情を感じた。そして木野さんから『何か変わったね』と言われたときに、この仕事を続けてもいいんだと思った」と俳優人生の転機を与えてくれた人だと打ち明けていた。

また作品の内容にちなんで絶望の対処法を聞かれた筒井は「嫌なことを朝まで引きずったら、布団の中で叫んで箱根に行って日帰り温泉」と回答。年長の木野は「ストレスを抱えたときに自分にかける呪文がある。それは“なるようにしかならない!”というもの。野望や野心を持ってしまうと、それが手に入らないときに絶望する。自分の思うようにならないから絶望する。なるようになると思えば絶望なんてない!」ともはや達観。キムラは「教祖だ!」、磯村は「セミナーのよう」と木野に手を合わせてその熱弁を聞き、舞台上と会場では大爆笑と拍手の渦が。

波紋

一方、キムラは「20年前くらいに絶望を味わい、己が悪いと自分を責め続け究極の孤独を味わった。9年くらいかけて徐々に忘れてやっと今の私になった」とヘビーな経験を回想。ベテラン勢の深すぎる人生訓を前に磯村は「先輩方が凄すぎて、これ以上のエピソードはありません。自分の絶望はちっぽけ」と言葉を失い、そんな磯村に木野は「いい絶望を味わってください。一回か二回みんなきつい目に合うべき。だって若いって傲慢だから」とエールを送っていた。

金言炸裂の舞台挨拶もあっという間に終了の時間に。主演の筒井は“絶望を笑え”というキャッチコピーに触れて「ずっと我慢している方々に観ていただき、一緒に絶望を笑っていただきたい」とアピール。荻上監督も「顔合わせの本読みの段階で、これは狂った女たちの物語だと確信した。私の脚本以上のことを皆さん演じてくださって、本当に面白い映画になりました。観て笑っていただけたら嬉しいです」とリアクションに期待をしていた。

波紋
波紋

ストーリー
須藤依子(筒井真理子)は、今朝も庭の手入れを欠かさない。“緑命会”という新興宗教を信仰し、日々祈りと勉強会に勤しみながら、ひとり穏やかに暮らしていた。ある日、長いこと失踪したままだった夫、修(光石研)が突然帰ってくるまでは―。
自分の父の介護を押し付けたまま失踪し、その上がん治療に必要な高額の費用を助けて欲しいとすがってくる夫。障害のある彼女を結婚相手として連れて帰省してきた息子・拓哉(磯村勇斗)。パート先では癇癪持ちの客に大声で怒鳴られる…。
自分ではどうにも出来ない辛苦が降りかかる。依子は湧き起こる黒い感情を、宗教にすがり、必死に理性で押さえつけようとする。
全てを押し殺した依子の感情が爆発する時、映画は絶望からエンターテインメントへと昇華する。

作品タイトル:『波紋』
出演:筒井真理子
光石研
磯村勇斗 / 安藤玉恵 江口のりこ 平岩紙 ムロツヨシ
津田絵理奈 花王おさむ
柄本明 / 木野花 キムラ緑子
監督・脚本:荻上直子
エグゼクティブプロデューサー:富田朋子 堤天心 小山洋平 高津英泰 久田晴喜 寺井禎浩
プロデューサー:杉田浩光 渡辺誠 企画・プロデューサー:米満一正
撮影:山本英夫 照明:小野晃 録音:清水雄一郎 美術:安宅紀史 衣装:宮本まさ江 衣裳(現場):村田野恵
ヘアメイク:須田理恵 音楽:井出博子 編集:普嶋信一 記録:天池芳美 VFX:大萩真司 佐伯真哉
音響効果:中村佳央 助監督:関谷崇 演技事務:竹村悠 制作担当:柴野淳 ラインプロデューサー:金森保
宣伝:FINOR
映画「波紋」フィルムパートナーズ(テレビマンユニオン U-NEXT 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ 讀賣テレビ放送 イオンエンターテイメント ジャストプロ)
製作幹事・制作プロダクション:テレビマンユニオン 制作協力:キリシマ1945
配給:ショウゲート

公式サイト:hamon-movie.com
公式Twitter:@hamon_film
コピーライト:(C)2022 映画「波紋」フィルムパートナーズ

2023年5月26日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

関連記事:
荻上直子監督『波紋』追加キャストとしてムロツヨシが特別出演していることが明らかに!場面写真も解禁
荻上直子監督最新作『波紋』初の本編映像&主演・筒井真理子ら実力派キャスト勢揃いの場面写真7点解禁! ―5/26(金)公開
【プレゼント】荻上直子監督登壇予定!筒井真理子主演の絶望エンタテインメント『波紋』一般試写会20組40名様ご招待☆
筒井真理子主演の荻上直子監督最新作『波紋』本予告映像&本ビジュアル解禁!公開日は5月26日(金)に決定
筒井真理子主演、光石研、磯村勇斗ら共演の映画『波紋』2023年初夏公開決定!特報映像&全キャスト解禁 ―コメントあり

↑上に戻る