【レポート】『四畳半タイムマシンブルース』公開記念舞台挨拶に浅沼晋太郎、坂本真綾、吉野裕行、夏目真悟監督が登壇!

四畳半タイムマシンブルース

劇場版『四畳半タイムマシンブルース』の公開記念舞台挨拶が10月2日(日)に都内劇場で行われ、「私」役の浅沼晋太郎、明石さん役の坂本真綾、小津役の吉野裕行、夏目真悟監督が登壇した。

公開後、大好評で迎えた公開記念舞台挨拶。夏目監督は「TVアニメ「四畳半神話大系」から12年という時間の経過があるので、その変化をどう受け入れてもらえるのか心配をしていましたが、評判もいいようで良かったです」とほっと一安心。

前作から12年、ファン待望の封切りを迎えて坂本は「12年も経って新しく劇場でも公開される作品ができるということは、それだけ愛されている作品であるという証拠。私としても思い入れのある役なので、再び演じることができて嬉しい」としみじみ。

吉野も「10年くらい時間が経つとキャストが変わるということもざらにあるけれど、こうして続投できたのはありがたい。それはファンの皆さんと作品自体が持つ力のお陰だと思う」と続投を喜んでいた。

12年ぶりのアフレコ収録を振り返り、浅沼は「「四畳半」シリーズといえば「私」による舌が取れるのではないか、肺が爆発するのではないかというナレーションが思い浮かぶと思うが、今回は喋っていないときの演技を一番録り直しさせてもらいました。明石さんと喋るときの息遣いや何かを言い出そうとするときの呼吸の仕方には気を使いました。そこを見ていただければ「私」の面倒くささや、こじれ具合を感じてもらえるはずです」と細部の演技を見どころとしてアピール。

一方、本作のアフレコが出産後初仕事だったという坂本は「久しぶりにマイクの前に立つことへの緊張、そして変わったと思われないようにしたいという思いとそれに囚われると昔の自分のモノマネになってしまうという葛藤、色々なことが相まったアフレコ収録になりました」と語った。それに夏目監督が「坂本さんが声を入れることによって明石さんが明石さんになった」と絶賛。浅沼吉野も「変わらずお綺麗です!」と賞嘆していた。

「私」と小津の“運命の黒い糸”も健在。浅沼が「憎まれ口を叩きながらも、いつも一緒に飯を食いに行っているのだろうという雰囲気がより感じられる。「四畳半神話大系」より小津が親しみやすくなり、仲良し感が出ていて好き」と関係性の深みを紹介すると、吉野は「おじゃる!」と同調して笑いを誘いつつ、「ある意味まっとうな親密度があり、今回は小津なりの愛情、友情が描かれています」と見どころを語った。すると坂本は「小津の足の爪が汚い!そこが注目ポイント!」とまさかの視点で爆笑をさらっていた。

本作のキーとしてタイムマシンが登場。もしタイムマシンに乗るなら、浅沼は「先週の自分に会いに行って、昼くらいの新幹線に乗れと言いたい。最終と翌日の始発の新幹線が走らず、初めて大阪に飛行機で行きました」とハプニングに苦笑い。それを受けて吉野は「ならば僕は立場的に1週間前の浅沼さんのところに行って『予定通り大阪には夜に行け!』と言いたい」と「私」に対する小津のようなリアクションを放ち、浅沼に「えー!小津じゃん!」と悲鳴を上げさせていた。

最後に夏目監督は「夏の終わりにピッタリの映画です。タイムサスペンスもので複雑なストーリーかもしれないけれど、深く考えずにキャラクターたちの物語を感じてほしい」と期待。吉野は「ファンの皆さんのおかげで、アニメの他にも四畳半タイムマシンブルース展など、様々な展開もされているのでとことんまで本作を楽しんでください」とメッセージ。坂本は「長く愛されて時代が変わっても古くならない、まさにタイムレスな作品です」と手応えを、そして浅沼は「ダメな人間ばかりが出てくるけれど、その誰もが愛おしい。欠けている部分もいいんだよと受け入れてくれるところがこの作品の魅力。そこを楽しんでほしい」と作品の見どころを語った。

浅沼晋太郎、上田誠、夏目真悟監督による副音声コメンタリー上映が決定!

お手持ちのスマートフォンに「HELLO! MOVIE」をインストールし聞くことができる副音声コメンタリーでは、映画のシーンに合わせて浅沼晋太郎、上田誠、夏目真悟監督による制作やアフレコの裏話など、ここでしか聞くことのできないトークが盛りだくさん!

■コメンタリー出演者:浅沼晋太郎(「私」役)、上田誠(原作原案・脚本)、夏目真悟(監督)
■期間:10月7日(金)から
■HELLO! MOVIE:https://hellomovie.info/
※映画鑑賞料金以外の追加費用はかかりません。

劇場公開記念!入場者プレゼント第3弾はもちぐまダイカットマルチカード!

劇場公開を記念して、数量限定で入場者プレゼントが実施されます。
第1弾&第2弾は2週連続で原作の森見登美彦氏が書下ろした短編小説。
1週目(9月30日(金)~10月6日(木))は、樋口師匠が弟子をとって行っている“修行”のお話「ふしぎな石のはなし」、2週目(10月7日(金)~10月13日(木))は、劇中で明石さんが監督する映画「幕末軟弱者列伝」の完成を記念した座談会!?「ポンコツ映画宣言」です。
そして、10月14日(金)からはじまる第3弾では、もちぐまダイカットマルチカードがプレゼントされます。

※数量限定でなくなり次第終了となります。

ディズニープラス配信情報ディズニープラス配信情報

・「四畳半タイムマシンブルース」独占配信中(配信限定エピソード含む全6話)
・「四畳半神話大系」全11話、映画『夜は短し歩けよ乙女』配信中

「四畳半神話大系」×「サマータイムマシン・ブルース」
2作の悪魔的融合により生まれた小説「四畳半タイムマシンブルース」をアニメ化!

ストーリー
8月12日、灼熱の京都、左京区。「下鴨幽水荘」唯一のエアコンが動かなくなった。
悪友・小津が昨夜リモコンを水没させたのだ。「私」が、映画サークル「みそぎ」のクールビューティー明石さんと対策を協議していると、モッサリした風貌の⾒知らぬ男子学生・田村が現れた。
彼は25年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたという。
そのとき「私」に天才的なひらめきが訪れた。
このタイムマシンで昨日に戻って、壊れる前のリモコンを持ってくればいいじゃないか︕
しかし、小津たちが勝手気ままに昨日を改変、過去を書き換えていく。世界消滅の危機を予感した「私」は、慌てて止めに入るが、時すでに遅し︕果たして、無事リモコンは、日常は、取り戻せるのか︕︖そして、「私」と明石さんの恋の行方は――︖「昨日」と「今日」の、世にも迂闊なタイムマシンの無駄遣いが始まる︕

作品タイトル:『四畳半タイムマシンブルース』
声の出演:浅沼晋太郎 坂本真綾 吉野裕⾏ 中井和哉 諏訪部順一 甲斐田裕子 佐藤せつじ 本多 ⼒(ヨーロッパ企画)
原作︓森⾒登美彦・著、上田誠・原案『四畳半タイムマシンブルース』(角川文庫/KADOKAWA 刊)
監督︓夏目真悟
脚本︓上田誠(ヨーロッパ企画)
キャラクター原案︓中村佑介
音楽︓大島ミチル
主題歌︓ASIAN KUNG-FU GENERATION「出町柳パラレルユニバース」(Ki/oon Music)
アニメーション制作︓サイエンスSARU
製作︓「四畳半タイムマシンブルース」製作委員会
配給︓KADOKAWA/アスミック・エース

公式サイト:https://yojohan-timemachine.asmik-ace.co.jp
公式Twitter:@4andahalf_tmb
#四畳半タイムマシンブルース
コピーライト:(c)2022 森⾒登美彦・上田誠・KADOKAWA/「四畳半タイムマシンブルース」製作委員会

9月30日(金)より3週間限定 全国公開中

関連記事:
【応募終了】『四畳半タイムマシンブルース』9月30日(金)公開記念!オリジナルステッカーを3名様にプレゼント☆
『四畳半タイムマシンブルース』シリーズおなじみの主人公「私」の一人語り!本編冒頭映像が特別公開!
『四畳半タイムマシンブルース』ディズニープラスにて9/14(水)16時より独占配信決定!夏目監督からコメントも
『四畳半タイムマシンブルース』主題歌はASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲に決定!楽曲初披露となる特報も解禁
アニメ『四畳半タイムマシンブルース』9/30より3週間限定公開!再放送中の「四畳半神話大系」では映画告知の新コーナーも

↑上に戻る