【プレゼント】キャスト・監督登壇予定!杏主演『かくしごと』舞台挨拶付き完成披露試写会20組40名様ご招待☆

画像1

『生きてるだけで、愛。』(18)で長編監督デビューを飾った映像クリエイター・関根光才の2作目となる映画『かくしごと』が6月7日(金)公開となる。

本作は、一つの〈嘘〉をきっかけに、それぞれの〈かくしごと〉が明らかになっていくヒューマン・ミステリー。原作はミステリー作家・北國浩二による「噓」

長年確執のあった父親(奥田瑛二)の認知症の介護のため、田舎へ戻った主人公・千紗子(杏)は、ある日、事故で記憶を失った少年(中須翔真)を助ける。少年に虐待の痕を見つけた千紗子は、少年を守るため、自分が母親だと嘘をつき、一緒に暮らし始める。一つの嘘から始まった疑似親子はやがて、本物の親子のようになっていくが、そんな幸せは長くは続かなかった―。

許されないとわかっていても、なぜ彼女は嘘をついてまで少年を守ろうとしたのか。そして、この一つの嘘から明かされていく、それぞれの〈かくしごと〉とは―。

この度、本作の公開に先駆け、下記日程において、キャスト・監督の登壇が予定されている舞台挨拶付き完成披露試写会の実施が決定いたしました。話題の本作をいち早くご鑑賞いただける貴重な機会となりますので、お見逃しなく…!皆様のご応募を心よりお待ちしております。

『かくしごと』舞台挨拶付き完成披露試写会20組40名様ご招待!

【日時】5月7日(火) 開場18:00/開演18:30(上映時間128分)
【場所】ニッショーホール(東京都港区東新橋1-1-19 ニッショーホール内)
【登壇者】杏、中須翔真、佐津川愛美、安藤政信、奥田瑛二、関根光才監督(予定/敬称略)
※応募締切:2024年4月22日(月)

【ご注意事項】
※本イベントはメールにて当選をご案内いたします。
※当選通知のため、必ず連絡がとれるメールアドレスでご応募ください。

※当選者ご本人を含む2名様のご招待となります。
※都合により、ゲストは予告なく変更、イベントが中止、日程変更となる場合があります。予めご了承ください。
※当日はメディアの取材が入る予定です。お客様が取材等で映り込む場合がありますので、予めご了承ください。
※満員の際は消防法によりご入場をお断りいたします。予めご了承ください。
※開演後のご入場は堅くお断りいたします。
※場内での録画・録音機器の使用を固く禁止致します。
※会場までの交通費、宿泊費などは、当選者様ご自身のご負担となります。
※当選の途中経過や当選結果に関するお問い合わせは承ることができません。
※都合により、締切日よりも早く応募を締め切る場合がございます。予めご了承ください。

【感染症予防対策に関するご案内】
※ご体調の優れない方、発熱等の症状のある方はご来場をお控え頂きますようお願い致します。
※マスク着用は個人の判断に基づき任意とさせていただきます。
※アルコール消毒液での手指の消毒、咳エチケットにご協力をお願いいたします。
※政府や関係省庁、自治体などからの新たな情報発表、感染拡大の動向や専門家の知見等を踏まえ、必要に応じて対策の追加及び変更を行う場合がございます。

【応募方法:1】WEBサイトからのご応募(ログイン)
アネモにご登録いただいている方は、各注意事項にご同意の上、下記「応募ページへ(ログイン)」より、お申込みください。
※ご応募には、アネモへのご登録(無料)が必要です。


【応募方法:2】anemo公式Xアカウントからのご応募(リポスト&フォロー)
X(@anemo_movie)でリポスト&フォローいただいた方は、各注意事項にご同意の上、下記「anemo公式X応募フォームへ」より、お申込みください。
※こちらの応募フォームは、ログイン(会員登録)無しでお申込みいただけます。アネモ会員様もご利用いただけますが、お手数でなければ、上記の【応募方法:1】よりお申込みください。

anemo公式X応募フォームへ

その嘘は、罪か、愛か

主演は、昨年も『キングダム 運命の炎』の紫夏役、『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』では“滋賀のオスカル”こと桔梗魁役、『窓ぎわのトットちゃん』ではトットちゃんのママの声を演じるなど、話題作への出演が続く。「今の自分だからこそ、演じることができる」と、母親ならではの深い母性を芝居を超えて体現した。父・孝蔵役には奥田瑛二。認知症を患い、娘のことすら忘れ、日に日に別人のように衰えてゆく姿を、静かながら胸に迫る演技で魅せる。少年役に中須翔真、さらに安藤政信佐津川愛美酒向芳ら、実力派俳優が出演している。

ストーリー
絵本作家の千紗子(杏)は、長年絶縁状態にあった父・孝蔵(奥田瑛二)の認知症の介護のため、渋々田舎に戻る。他人のような父親との同居に辟易する日々を送っていたある日、事故で記憶を失ってしまった少年(中須翔真)を助けた千紗子は彼の身体に虐待の痕を見つける。少年を守るため、千紗子は自分が母親だと嘘をつき、少年と暮らし始めるのだった。
ひとつの“嘘”からはじまった千紗子と少年、そして認知症が進行する父親の三人の生活。最初はぎこちなかった三人だが、次第に心を通わせ、新しい家族のかたちを育んでいく。しかし、その幸せな生活は長くは続かなかった。
許されないとわかっていても、なぜ彼女は嘘をついてまで少年を守ろうとしたのか。そして、このひとつの嘘から明かされていく、それぞれの<かくしごと>とは―。

『かくしごと』
出演:杏
中須翔真 佐津川愛美 酒向 芳
木竜麻生 和田聰宏 丸山智己 河井青葉
安藤政信 / 奥田瑛二
脚本・監督:関根光才
原作:北國浩二「噓」(PHP文芸文庫刊)
音楽:Aska Matsumiya
主題歌:羊文学「tears」F.C.L.S.(Sony Music Labels Inc.)
製作幹事:メ~テレ ホリプロ
企画・制作:ホリプロ
2024年/日本/カラー/ヨーロピアンビスタ/5.1ch/128分
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(C)2024「かくしごと」製作委員会

公式サイト:happinet-phantom.com/kakushigoto
公式X:@kakushigotofilm

6月7日(金)TOHOシネマズ 日比谷、テアトル新宿他全国ロードショー

関連記事:
その嘘は、罪か、愛か― 杏主演の心揺さぶるヒューマン・ミステリー『かくしごと』6月公開!ポスター&予告編解禁

↑上に戻る