フィギュアスケーター髙橋大輔、現役復帰を記念した写真集「髙橋大輔 写真集 氷艶2017『艶技』」発売決定!

髙橋大輔 写真集 氷艶2017『艶技』日本が誇るトップフィギュアスケーター髙橋大輔。今年2018年7月に現役復帰を表明したこの注目のフィギュアスケーターの写真集「髙橋大輔 写真集 氷艶2017『艶技』」が発売されることが決定した。
2017年5月に行われたアイスショー『氷艶2017』に出演する髙橋大輔の、一瞬一瞬を切り取った撮りおろし写真のほか、舞台裏の素の姿も収録された写真集となる。

フィギュアスケート日本男子初の五輪表彰台、世界選手権とグランプリファイナル制覇などこれまで数々の偉業を成し遂げてきた髙橋大輔は、世界一と称されるステップワークと情感豊かな表現力とで多くの人々を魅了してきた。本写真集は、日本文化を象徴する歌舞伎と芸術性の高いフィギュアスケートの饗宴により生まれた世界初の氷上エンタテインメントアイスショー『氷艶2017』にて、美しく力強い善のヒーロー義経を演じた髙橋大輔の演技とその舞台裏とを切り取った、80ページに及ぶ艶美な写真集になっている。
さらに4年ぶりに競技会への復帰を決めた今シーズン、全日本フィギュアスケート選手権への切符をつかんだ『第44回西日本フィギュアスケート選手権大会』での貴重な演技写真も、見開き2ページ分に渡って収録されている。

ファン待望の1冊となりそうな、現役復帰を記念した髙橋大輔の写真集。この写真集は12月21日(金)より開催される「第87回全日本フィギュアスケート選手権大会」にて会場限定で先行販売された後、2019年1月12日(土)から全国の書店で販売される

またエフスケーティングネット(http://fskating.net/ )と、ポニーキャニオンショッピングクラブ(■ムビきゃん:https://moviecan.jp/items/1896 ■ポニーキャニオンYahoo!店:https://store.shopping.yahoo.co.jp/ponycanyon/pczp000095111.html ■ポニーキャニオン楽天市場店:https://item.rakuten.co.jp/ponycanyon/pczp000095111/)の2店舗では、特典としてそれぞれ絵柄違いの特製ポストカード(全2種)が付与される予定になっており、こちらも合わせて楽しみにしていただきたい。

<写真集情報>

フィギュアスケート日本男子初の五輪表彰台、世界選手権とグランプリファイナル制覇など、数々の偉業を成し遂げた髙橋大輔。世界一と呼ばれるステップと情感豊かな表現力で多くの人々を虜にしてきた彼が現役引退後に挑戦したのは<氷上の艶技>……。
本作品は歌舞伎とフィギュアスケートのコラボレーションにより生まれたアイスショー『氷艶』にて、美しく力強い善のヒーロー義経を演じた髙橋大輔の、演技と舞台裏を切り取った80ページにおよぶ艶美な写真集。
さらに、4年ぶりに競技会への復帰を決めた今シーズン、全日本フィギュアスケート選手権への切符つかんだ『第44回西日本フィギュアスケート選手権大会』での貴重な演技写真も見開き2ページ分に収録。
艶やかで華麗な姿を切り取った渾身の写真集、発売決定!

画像01

(C) 2019 Pony Canyon

画像02

(C) 2019 Pony Canyon

髙橋大輔 写真集 氷艶2017『艶技』
2019年1月12日(土)発売
※2018年12月21日(金)より第87回全日本フィギュアスケート選手権大会の会場内、新書館ブースにて先行販売

品番:PCZP.95111 ISBN:9784865292770 価格:¥4,000+税
発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C) 2019 Pony Canyon

髙橋大輔 Profile
1986年3月16日、岡山県倉敷市生まれ。フィギュアスケーター。
数々の「日本男子初」を冠せられる成績を残しながら新たな道を切り拓いてきた、まぎれもない先駆者。
8歳でスケートを始める。徐々に頭角を現し、2002年、日本人男子として初めて世界ジュニア選手権で優勝を果たす。
その後も日本のエースとして国内外の大会で活躍。
2008-2009シーズンに右膝前十字靭帯断裂という大怪我を負って選手生命を危惧されたが見事に復活。
2006年のトリノ大会(8位)に続き2度目のオリンピック出場となった2010年バンクーバー冬季オリンピックでは日本男子初のメダルとなる銅メダルを手にし、同年の世界選手権でやはり日本男子初の金メダルを獲得。
これら国際大会で築いた功績はむろんのこと、クラシック、ソウル、ヒップホップ、ブルースなどどのようなジャンルの曲でも自身の世界として成立させる感性と表現力で人々を惹きつけるばかりか、フィギュアスケート界の多くの若手から「憧れ」「目標」にあげられる圧倒的な存在感を示してきた。
’14年2月、ソチ冬季オリンピックに出場し6位入賞。
オリンピック3大会出場は日本のフィギュアスケート選手では男女を通じ初めてのことであり、3大会連続入賞も初めてであった。
同年10月に引退を発表。その後、プロフィギュアスケーターとしての活動をはじめ多方面で活躍。
‘17年5月には歌舞伎とフィギュアスケートのコラボレーションという前例のない公演『氷艶 HYOEN 2017 – 破沙羅』に出演。氷上を舞台に時空を超えたストーリーが展開される中、源義経を演じきって喝采を浴びた。
’18年7月1日、競技への復帰を表明。
4年間のブランクが懸念されたがそれは杞憂に過ぎなかった。
類まれな存在感と表現は健在で、復帰戦となった近畿選手権で3位になると、2戦目の西日本選手権では優勝を飾り、全日本選手権出場権を得る。
長期間のブランク、しかも32歳での復帰という異例の挑戦で、再び、日本フィギュアスケート界に新たな道を拓こうとしている。

髙橋大輔公式サイト:https://d1sk.com/

↑上に戻る