パッセンジャー

2017-02-16
 

宇宙で90年間、たった2人――。
極限状況のなか、真逆な2人の《壮絶な愛と運命》

舞台は5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号。地球から目的地の惑星までは120年。乗客は冬眠装置で眠りについていたが、なぜか90年も早く目覚めてしまった2人の男女がいた。
一人は、労働者階級のエンジニアであるジム(クリス・プラット)。そしてもう一人は、ジムとはかけ離れた階層“ゴールドクラス”の乗客であるオーロラ(ジェニファー・ローレンス)。
地球では決して出会うはずのなかった身分の違う2人は、このままでは宇宙船内で人生を終えるしかない。そんな絶望的な状況に置かれながらも、だんだんと互いに惹かれ合っていく。

限られた時間の中で必死に運命に抗おうとする、宇宙でたった2人きりの男女。そんな[宇宙]×[恋愛]×[孤独]×[密室]という映画史に残る設定に加え、斬新な宇宙の映像・スペクタクルシーンは必見。
無重力状態のプールで浮上した水の塊に飲み込まれるオーロラや、激しい炎の噴射によって船外へ飛ばされるジムなど、今まで見たことのないような新しい宇宙空間の描き方も大きな見どころとなる。

“なんとか生きる術を見つけようとする”彼らの前に訪れたのは、5000人を乗せた豪華客船アヴァロン号の危機。そこで試される2人の愛。極限状況のなか、2人の≪壮絶な愛と運命≫の行方は――。

2017年3月24日(金) 全国ロードショー
公式サイト
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

キャスト

ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット
マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーン

スタッフ

◆監督:モルテン・ティルドゥム(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
◇脚本:ジョン・スペイツ(『ドクター・ストレンジ』『プロメテウス』)

― ご注意事項 ―
※開演後のご入場は堅くお断り致します。
※上映前に、登壇ゲストによるイベントを予定しております。
※当日は会場にマスコミの取材が入る予定です。
※都合により、イベントが中止、日程変更となる可能性があります。予めご了承ください。

レビュー

この作品のレビューを投稿する
「みんなの映画レビュー」に投稿いただくには、アネモのメンバーになる必要があります。投稿いただいた内容は、一旦、編集部にて目を通した上で掲載させていただきます。詳しくは『みんなの映画レビュー利用規程』をご確認ください。

宇宙版タイタニック

評価: ★★★★★ (3点) 投稿者:ラボタモチ2017-03-16

「エイリアン・シリーズ」などでよく使われる冷凍睡眠での「時間SF」を扱った映画です。新しい着想は宇宙船での恋愛を描いた点で、言うなれば「宇宙版タイタニック」とでもいえる映画です。また映画の場面映像から観客に「植民地惑星」「宇宙客船」などの生活や行動を「想像」させる点でなかなか「夢」のある映画です。その映像場面が「宇宙船内ジョギング」や「カウンターBARのマスター」「宇宙船プール」など、やや時代じみているところが可笑しかったです。それにしてもこの規模の船で、5000人の乗客が4ヶ月も生活できないなと思ってしまいました。