ぼくと魔法の言葉たち

2017-03-10
2016 A&E Television Networks, LLC. All Rights Reserved

言葉をなくした少年を変えたのは、家族の愛とディズニーのキャラクターたちだった!
ディズニー・アニメーションを通じて奇跡を起した、ある家族の実話を描く、愛と希望のハートフル・ドキュメンタリー。

サスカインド家の次男オーウェンは、2歳から言葉を失い、7才のころまで誰ともコミュニケーションを取れなくなってしまっていた。
失意に暮れながら過ごす父と母は、ある日、オーウェンが発する意味をなさないモゴモゴとした言葉が、彼が毎日擦り切れるほど観ていたディズニー・アニメーション『リトル・マーメイド』に登場するセリフであることに気づいた。意を決した父が、オーウェンが大好きなディズニー・キャラクターの“オウムのイアーゴ”になりきって語りかけると、まるで魔法のように、オーウェンが言葉を返した!数年ぶりの息子の言葉にこみ上げる涙をこらえながら、イアーゴとしての会話を続ける父。
こうして、父と母、そして兄による、ディズニー・アニメーションを通じた「オーウェンを取り戻す」ための作戦が始まった!

【INTRODUCTION】
文部科学省特別選定作品
2017年アカデミー賞(R)長編ドキュメンタリー映画賞ノミネート作品


愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった――。
それでも“信じる”ことを諦めなかった家族は、やがて大きな奇跡を起こす。 サンダンス映画祭で鳴り止まない大喝采を浴び、アカデミー賞(R)ノミネートも果たした愛と希望のハートフル・ドキュメンタリー。
自閉症により2歳で言葉を失い、孤独な世界に閉じ込められた少年オーウェン。本作は、彼が家族の愛情とサポートのもと、大好きなディズニー・アニメーションを通じて徐々に言葉を取り戻していった様子と、障害を抱えながらも底抜けに明るく、前向きに社会と向き合い、自立を勝ち取るまでの姿をユーモアたっぷりに、そして感動の涙とともに描く傑作ドキュメンタリーだ。
メガホンを取ったのは、アフリカ系アメリカ人監督として始めてオスカーを受賞した経歴を持つロジャー・ロス・ウィリアムズ。劇中には映画に感動したディズニー社から異例の使用許諾を受け、ディズニー・アニメーションの名作たちが数多く登場している。

4月上旬よりシネスイッチ銀座ほかにて全国順次ロードショー
公式サイト
配給:トランスフォーマー

キャスト

オーウェン・サスカインド / ロン・サスカインド / コーネリア・サスカインド / ウォルト・サスカインド

スタッフ

監督:ロジャー・ロス・ウィリアムズ(アカデミー賞®短篇ドキュメンタリー賞受賞作『Music by Prudence』)
製作:ジュリー・ゴールドマン『アイ・ウェイウェイは謝らない』 / ロジャー・ロス・ウィリアムズ
原作:「ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと」(ビジネス社・刊)
2016年 / アメリカ / 英語 / 91分 / カラー / DCP / 原題:Life, Animated / 日本語字幕:松浦美奈 / 後援・字幕監修:一般社団法人日本自閉症協会

レビュー

この作品のレビューを投稿する
「みんなの映画レビュー」に投稿いただくには、アネモのメンバーになる必要があります。投稿いただいた内容は、一旦、編集部にて目を通した上で掲載させていただきます。詳しくは『みんなの映画レビュー利用規程』をご確認ください。

観てよかった!

評価: ★★★★★ (5点) 投稿者:もーもー2017-04-01

主人公オーウェンが、「自閉症の人は、人と関わりを持ちたがらないと思われているかもしれないけど、人と関わりを持ちたいんだ」と言ったスピーチが印象的でした。観てよかったです。観終わった後は清々しい気持でした。

ディズニー映画が起こした奇跡

評価: ★★★★★ (5点) 投稿者:タカリコ2017-03-26

自閉症の青年オーウェンを追ったドキュメンタリー。 自閉症を発病し、言葉を話さなくなったオーウェンが大好きなディズニー映画を通じて言葉を取り戻す過程が感動的だった。