ブルーム・オブ・イエスタディ

2017-08-09
2016 Dor Film-West Produktionsgesellschaft mbH / FOUR MINUTES Filmproduktion GmbH / Dor Filmproduktion GmbH

第29回東京国際映画祭 東京グランプリ&wowow賞W受賞の快挙!
クリス・クラウス監督が描く、風変わりな愛の物語。

――時は、現代。ナチスの戦犯を祖父に持ち、家族の罪と向き合うためにホロコーストの研究に人生を捧げる研究者のトト。そして、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持ち、親族の無念を晴らすために、やはりホロコーストの研究に青春を捧げるインターンのザジ。
スタート地点は真逆だが、同じ目標のためにアウシュビッツ会議を企画することになった二人。人付き合いが苦手なトトは、フランスからやってきたザジに最初は激しく反発するが、彼女の型破りなユーモアにいつの間にか生きる力をもらう。
やがて二人は、自分にない何かを求め合うように強く惹かれていく。だが、実は二人の出会いは、偶然ではなかった。ドイツ、ウィーン、ラトビアへと過去を追いかける旅路の途中で、ザジが隠していた驚くべき“事実”が明かされるのだが…

【introduction】
ナチス映画の歴史が変わる!?エポック・メイキングな愛の物語が誕生!
オープニングから畳みかけるようなユーモアと毒舌の連続に、こんなシリアスなテーマで笑っていいのかと思わず不安を覚えるような、今までにない斬新な作品は驚きの連続!
ナチスの戦犯を祖父に持つトトと、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持つザジが出会い、自らのルーツを探す旅を通して、過去に囚われていた男女が自分たちの人生を発見し前へ進む希望の物語。
主人公のトトに扮するのは、オリヴィエ・アサイヤス監督の『アクトレス〜女たちの舞台』『パーソナル・ショッパー』のラース・アイディンガー。都会的でスマートな役柄が多かった彼が、人生につまずきっぱなしの人間味に溢れた男を、情感をこめて演じた。
ヒロインにはダルデンヌ兄弟監督の『午後8時の訪問者』でも高く評価されたアデル・エネル。今、最も期待されているフランスの若手女優の一人で、おかしくてやがて切なくなるほど大胆不敵な役柄を恐れることなく突き抜けて演じている。
過去を嘆くだけの時代に終止符を打ち、未来を希望と共に生きようとする世代のために、新しいアプローチで戦史に迫り、ナチス映画の歴史が変わるに違いない、エポック・メイキングな物語がついに完成した。

9月30日(土)よりBunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー
公式サイト

キャスト

ラース・アイディンガー、アデル・エネル、ヤン・ヨーゼフ・リーファース、ハンナ・ヘルツシュプルング

スタッフ

監督・脚本・プロデューサー:クリス・クラウス (『4分間のピアニスト』)
撮影監督:ソニア・ロム
音楽:アネッテ・フォックス(『4 分間のピアニスト』『リスボンに誘われて』)
美術:ジルク・ビューア
衣装:ジョイア・ラスペー
配給:キノフィルムズ・木下グループ
ドイツ=オーストリア/2016 年/123 分/原題:DIE BLUMEN VON GESTERN/ドイツ語・フランス語・英語/カラー/シネスコ/5.1ch/日本語字幕:吉川美奈子
映倫:R15+

レビュー

この作品のレビューを投稿する
「みんなの映画レビュー」に投稿いただくには、アネモのメンバーになる必要があります。投稿いただいた内容は、一旦、編集部にて目を通した上で掲載させていただきます。詳しくは『みんなの映画レビュー利用規程』をご確認ください。

この作品の投稿レビューは現在ありません

anemoメンバーに登録して、映画レビューを投稿しよう!メンバー登録(無料)はこちら 》