映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最強の恐竜、T-レックスが吼える!緊迫感伝わる本ポスタービジュアルが完成

ジュラシック・ワールド/炎の王国『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7月13日(金)に日本上陸を果たす。
前作に引き続き主要キャストは、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投。監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴヤ賞9部門を受賞したハリウッド注目の鬼才J・A・バヨナが大抜擢。前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務めるのは、『ジュラシック』シリーズの生みの親スティーヴン・スピルバーグが作品を更に<進化>させている。この度、火山大爆発の瞬間と、最強恐竜・T-レックス雄叫びを上げる姿を捉えた絶体絶命の本ポスタービジュアルが完成した。

恐竜だけが住むイスラ・ヌブラル島の火山の大噴火を背景に、カルノタウルスを踏みつけた“恐竜界の女王”T-レックスが自身の存在を誇示するかのように荒々しく雄叫びを上げる姿が映し出された本ビジュアル。T-レックスのすぐ近くには、前作に登場した球体の乗り物・ジャイロスフィアの陰に息を潜めながら隠れる主人公のオーウェン、クレア、そして本作で初登場するシステムスペシャリスト・フランクリンの3人が確認できるが、今にも暴れ出しそうなT-レックスに加え、背後の火山からはいよいよマグマも溢れ出し、絶体絶命の大ピンチ!恐竜を助けようと島へ訪れたクリスたちにどんなエキサイティングな冒険が待ち受けているのか…緊迫感がひしひしと伝わってくるビジュアルに期待が高まる。

シリーズ史上最多の恐竜が登場する事でも話題となっている本作では、リアルな恐竜の姿を再現するために“アニマトロニクス”という技術が、これまでのシリーズ以上に撮影に取り入れられている。クリス・プラットはまるで息をしているかのように存在する恐竜たちとの撮影を振り返って「本当に生きているみたいにリアルなんだ。実際に見るとかなり怖いよ!映画芸術の見事な作品だね。本物に見えるし、目や歯、その全てがちゃんと動くんだ」と驚きの声を上げており、ブライスも「姿は明らかに本物の恐竜じゃない。でもその恐竜を初めて見て、それが動いていたら、自分たちの脳の一部分が“なんてこと!”となってしまうの!」と、リアルな恐竜たちとの再演を喜び、楽しんだと明かしている。

5月25日(金)の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)では『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』がいよいよOA!さらに『ジュラシック・パークIII』/『ジュラシック・ワールド』も、この夏OA予定。
詳細:https://kinro.jointv.jp/
全シリーズ通じて最も圧倒的なスケールと、濃密なドラマが展開されていく、今後ますます盛り上がりみせること間違いなしの本作の続報に是非ご期待頂きたい。

ストーリー
ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける!

作品タイトル:『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
監督:J・A・バヨナ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
原題:JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM
配給:東宝東和

公式サイト:http://www.jurassicworld.jp/
コピーライト:(c) Universal Pictures

7月13日(金)全国超拡大ロードショー!

記事提供:映画・ドラマニュース

映画・ドラマニュース

このコーナーでは、新作映画情報、インタビュー記事などをお届けしています!

「映画・ドラマニュース」URL:http://www.anemo.co.jp/category/movienews/

↑上に戻る