映画『100日間生きたワニ』ワニと過ごした愛おしい100日間と、その後の仲間たちの日々を映し出す予告編到着!

100日間生きたワニ

きくちゆうき原作の4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」『100間生きたワニ』のタイトルでアニメーション映画化、2021年5月28日(金)全国公開される。

この度解禁となった予告編は、原作漫画「100日後に死ぬワニ」の100日目のシーンから始まる。約束のお花見の場にいつまでも現れないワニを心配して迎えに行く親友のネズミだが、その頃、交差点にはワニの割れたスマホが転がっていたー。

昨年の3月20日、人々が見守った4コママンガのラストシーンに重ねられているのは、ワニと仲間たちが過ごした日々の思い出。素晴らしい一年を期待した初詣や、仲間と食べるラーメン、バイト先のセンパイとのデート。友情に恋にと、ずっと続くと思っていた平凡な日常を過ごすワニたちの姿が鮮やかに切り取られるとともに、映画オリジナルパートであるワニがいなくなって100日後からの残された仲間たちの日々も描かれている。

ワニと過ごした愛おしい100日間と、それでも続いていく明日を生きる仲間たち。予告映像では、主人公ワニ役の神木隆之介、ワニの親友のネズミ役の中村倫也、モグラ役の木村昴の息のあったかけあいはもちろん、今回新たにセンパイ役の新木優子、イヌ役のファーストサマーウイカ、そして映画オリジナルキャラクター・カエル役の山田裕貴の声を確認することができ、いきものがかりによる主題歌「TSUZUKU」とともに、温かな感動を呼び起こす予告編となっている。

ストーリー
桜が満開の3月、みんなで約束したお花見の場に、ワニの姿はない。
親友のネズミが心配してバイクで迎えに行く途中、満開の桜を撮影した写真を仲間たちに送るが、それを受け取ったワニのスマホは、画面が割れた状態で道に転がっていた。

100日前―――
入院中のネズミを見舞い、大好きな一発ギャグで笑わせるワニ。毎年みかんを送ってくれる母親との電話。バイト先のセンパイとの淡い恋。仲間と行くラーメン屋。大好きなゲーム、バスケ、映画…ワニの毎日は平凡でありふれたものだった。

お花見から100日後―――
桜の木には緑が茂り、あの時舞い落ちていた花びらは雨に変わっていた。仲間たちはそれぞれワニとの思い出と向き合えず、お互いに連絡を取ることも減っていた。
そんな中、みんなの暮らす街に新たな出会いが訪れる。
引っ越ししてきたばかりで積極的なカエルに、ネズミたちは戸惑いを隠せず…

変わってしまった日常、続いていく毎日。
これは、誰にでも起こりうる物語。

100日間生きたワニ
100日間生きたワニ
100日間生きたワニ
100日間生きたワニ
100日間生きたワニ
100日間生きたワニ

作品タイトル:『100日間生きたワニ』
声の出演:神木隆之介 中村倫也 木村昴
新木優子 / ファーストサマーウイカ 清水くるみ Kaito 池谷のぶえ 杉田智和 / 山田裕貴
監督・脚本:上田慎一郎、ふくだみゆき
原作:きくちゆうき「100日後に死ぬワニ」
音楽:亀田誠治
主題歌:いきものがかり「TSUZUKU」(Sony Music Labels)
製作:市川南 太田圭二 共同製作:藤川克平 中尾恭太 春山ゆきお 辻野学 五老剛
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘 上田太地
プロデューサー:臼井真之介 山中一孝
コンテ・アニメーションディレクト:湖川友謙 美術監督:徳田俊之
色彩設計:池田ひとみ 撮影監督:簡佳瑩
製作:「100日間生きたワニ」製作委員会
アニメーション制作:TIA
配給:東宝

公式サイト:100wani-movie.com
公式Twitter:@100waniMOVIE
公式Instagram:@100wanimovie
コピーライト:(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会

5月28日(金)より全国公開

関連記事:
『100日間生きたワニ』神木隆之介ら映画キャストが原作漫画の世界に登場!公式SNSで「100ワニ紙芝居」企画がスタート
『100日間生きたワニ』特報&本ビジュアル解禁!追加キャストに山田裕貴、ファーストサマーウイカ、清水くるみの出演決定
神木隆之介、中村倫也、木村昴ほか生出演!連載終了1周年記念『100日間生きたワニ』LINE LIVEで生配信特番決定
アニメ映画『100日間生きたワニ』神木隆之介演じるワニの両親役は母・池谷のぶえ&父・杉田智和に決定!コメントも到着
アニメ映画『100日間生きたワニ』5/28公開決定!キャストに神木隆之介、中村倫也、木村昴、新木優子 ―コメントあり

↑上に戻る