『あちらにいる鬼』メイキング写真解禁!寺島しのぶが語る、愛と人生を謳歌し人生の幕を下ろした瀬戸内寂聴とは

あちらにいる鬼

直木賞作家・井上荒野による傑作小説を映画化した『あちらにいる鬼』(11月11日(金)公開)のメイキングスチールが解禁された。

昨年11月、満99歳で波乱の人生を全うした作家・僧侶の瀬戸内寂聴。1960年代から人気作家・瀬戸内晴美として活躍した彼女が出家した背景には、同業者で妻子ある井上光晴との恋があった。出会うべくして出会い、互いにのめり込んでいくふたりと、全てを承知しながら心を乱すことのない男の妻。「あちらにいる鬼」は、同志にも共犯にも似た不思議な3人の関係を、光晴の長女、井上荒野が書き上げたセンセーショナルな物語だ。

文学に導かれ、求め合う主人公・長内みはる、のちの寂光に寺島しのぶ、井上光晴をモデルとした白木篤郎に豊川悦司、白木の妻・笙子を広末涼子が演じる。寺島と豊川は、本作のメガホンを取った廣木隆一監督荒井晴彦脚本の『やわらかい生活』(06)で初共演を果たして以降、『愛の流刑地』(07)、『劇場版 アーヤと魔女 』(21)など何度も共演。また、主要3俳優に加え、高良健吾村上淳蓮佛美沙子佐野岳宇野洋平丘みつ子ら日本を代表する俳優・スタッフが集結し、情愛を超えたその先の境地に迫る、濃密な人間ドラマが完成した。

昨年の今日、11月9日に、激動の昭和を駆け抜けた寂聴さんはその生涯に幕を下ろした。「恋を得たことのない人は不幸である。それにもまして、恋を失ったことのない人はもっと不幸である。」という名言を残しこの世を去った寂聴さん。彼女の墓石には、「愛した、書いた、祈った」と刻まれている。この言葉が書かれた墓石は生前寂聴が住職を務めていた岩手県の天台寺にあり、驚くべきは、この同じ寺に長年恋人関係であった井上光晴とその妻も眠っているということだ。

井上をモデルにした篤郎の妻・笙子役を演じた広末は「3人の関係性を受け入れるのに充分なシーンを経験させていただきました。3人が同じ墓地で、お酒を飲んでいる画も、演じ終わった今ならば想像ができます。」と語る。

出家の裏側について、実際に撮影で自身も剃髪をした寺島は、「寂聴さんは全てを捨てるために髪を剃ったのではなくて、生きるために剃ったのでは。本当の原因はわからないけれど、ご本人は(原作者の)荒野さんに「更年期だったのよ」とぽろっと仰っていたみたい」と明かす。また、寂聴さんと井上光晴との繋がりについては、「単に男女の関係というよりも、一緒に文学を作るという、創作を通してのつながりがあるから、2人でいるのがおもしろかったのだと思います。」と語っている。

今回解禁されたメイキングスチールには、クランクアップを迎えた寺島と豊川の姿が写されている。みはるが髪を刈り上げ俗世を捨てたその日に、光晴がお寺へとやってくるシーンで撮影は終了となった。みはる・寂光をやり切ったという達成感とこの物語が終わるという寂しさで、満面の笑みながら瞳が潤んでいるような寺島と、そんな寺島の横に穏やかな雰囲気で立つ豊川の姿は、寂聴さんと光晴そのもののように見える。

コロナ禍に翻弄された本作は今年5月26日に無事に撮影が終了、6月初旬に廣木監督と寺島は京都・寂庵を訪問し、寂聴さんのご霊前に撮影の無事終了の報告を行った。くしくも本作の公開日である11月11日は、昨年寂聴さんの訃報を世が聞いたその日にあたる。まるで亡くなった後に寂聴さんに見守られ、導かれたかのように映画は進行し完成、そして一周忌での公開となる。昭和の文壇で不遇を味わうも愛と人生を謳歌してこの世を去って行った瀬戸内寂聴という一人の作家・僧侶・女性。是非今こそ、彼女の知られざる人生に触れてみては。

ストーリー
「髪を洗ってやるよ」。
それは、男と女でいられる最後の夜のことだった。

1966年、講演旅行をきっかけに出会った長内みはると白木篤郎は、それぞれに妻子やパートナーがありながら男女の仲となる。もうすぐ第二子が誕生するという時にもみはるの元へ通う篤郎だが、自宅では幼い娘を可愛がり、妻・笙子の手料理を絶賛する。奔放で嘘つきな篤郎にのめり込むみはる、全てを承知しながらも心乱すことのない笙子。緊張をはらむ共犯とも連帯ともいうべき3人の関係性が生まれる中、みはるが突然、篤郎に告げた。「わたし、出家しようと思うの」。

作品タイトル:『あちらにいる鬼』
出演:寺島しのぶ 豊川悦司/広末涼子
高良健吾 村上淳 蓮佛美沙子 佐野岳 宇野祥平 丘みつ子
夏子 麻美 高橋侃 片山友希 長内映里香 輝有子 古谷佳也 山田キヌヲ
監督:廣木隆一
脚本:荒井晴彦
原作:井上荒野「あちらにいる鬼」(朝日文庫)
製作:「あちらにいる鬼」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
企画・制作:ホリプロ
製作協力:ダーウィン
2022/日本/139分/5.1ch/シネマスコープサイズ/カラー/デジタル
R15+
配給:ハピネットファントム・スタジオ

公式サイト:happinet-phantom.com/achira-oni
公式Twitter:@achira_oni
コピーライト:(C)2022「あちらにいる鬼」製作委員会

2022年11月11日(金) 全国公開

関連記事:
映画『あちらにいる鬼』新場面写真解禁!寺島しのぶの演技に広末涼子が思わず涙「衝動的に広末さんの手を握った」
【レポート】『あちらにいる鬼』第35回東京国際映画祭レッドカーペットに寺島しのぶ・豊川悦司・広末涼子が華やかに登場!
映画『あちらにいる鬼』作家の女と男とその妻、緊張の走る三者初対面シーンが解禁!タイトルにある「鬼」とは―?
映画『あちらにいる鬼』新場面写真解禁!作家・井上荒野だけが語ることのできる、父と母、瀬戸内寂聴の唯一無二の関係とは?
【応募終了】大阪・なんばパークスシネマで開催!映画『あちらにいる鬼』試写会に5組10名様をご招待☆
映画『あちらにいる鬼』作家の女と妻子ある男、出家に至る道ならぬ恋とは…新場面写真解禁! ―11月11日(金)公開
【レポート】映画『あちらにいる鬼』寺島しのぶ、広末涼子がひとりの男を介して連帯するふたりの特別な関係性を語る
【応募終了】監督・キャスト登壇予定!映画『あちらにいる鬼』完成披露試写会に5組10名様ご招待☆
映画『あちらにいる鬼』ポスタービジュアル&予告編&場面写真&新たなキャスト解禁!公開日は11月11日(金)に決定
【レポート】『あちらにいる鬼』原作者・井上荒野が撮影現場を訪問!寺島しのぶに「まるで寂聴さん」と太鼓判
井上荒野の小説を映画化『あちらにいる鬼』キャストに寺島しのぶ、豊川悦司、広末涼子が決定!2022年11月に全国公開

↑上に戻る