カンヌ国際映画祭正式出品『ブルー・バイユー(原題)』2022年日本公開決定!アメリカ版予告編が到着

ブルー・バイユー(原題)
ジャスティン・チョンとリン・ダン・ファム
カンヌ国際映画祭レッドカーペット

2021年カンヌ国際映画祭のある視点部門に正式出品され、8分間におよぶスタンディングオベーションで喝采を浴びた『ブルー・バイユー(原題)』が、9月17日(金)の全米公開に続き、2022年、日本での公開が決定。あわせて、アメリカ版の予告編が解禁された。

本作は、映画『トワイライト』シリーズで俳優として知られ、監督としても2017年サンダンス映画祭観客賞NEXT部門、2018年インディペンデント・スピリット賞Someone to Watch Awardなど数々の賞を受賞したジャスティン・チョンが、監督・脚本・主演を務める愛と感動の物語。共演は、2015年『リリーのすべて』でアカデミー賞(R)助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル

各国のメディアからは「すべての瞬間が魅惑的に美しい(PLAYLIST)」「魂を揺さぶられる傑作(HOLLYWOOD REPORTER)」と絶賛された。

韓国で生まれ、わずか3歳で遠くアメリカに養子に出された青年が、強制送還され、二度と戻れない危機に瀕したらどうするか?不器用な生き方しかできない男、大きな愛で支えようとする女、父親を失う不安を抱える少女。家族を襲う不幸に3人は打ち勝つことができるのかを美しい映像と共に力強く描ききる。
今回解禁されたアメリカ版予告編では、幸せに暮らす3人の家族が不幸に見舞われ、そこから必死に抜け出そうとする様子が感動的に描かれている。

ストーリー
韓国で生まれ、3歳の時に養子としてアメリカに連れてこられたアントニオは、シングルマザーのキャシーと結婚し、娘のジェシーと3人で貧しいながらも幸せに暮らしていた。ある時、些細なことで警官とトラブルを起こし逮捕されたアントニオは、30年以上前の書類の不備で移民局へと連行され、強制送還されて二度と戻れない危機に瀕してしまう。キャシーは裁判を起こして異議を申し立てようとするが、最低でも費用が5千ドルかかることがわかり途方に暮れる。家族と決して離れたくないアントニオはある決心をする―。

作品タイトル:『ブルー・バイユー(原題)』
監督・脚本・主演:ジャスティン・チョン
出演:アリシア・ヴィキャンデル、マーク・オブライエン、リン・ダン・ファム、エモリー・コーエン
2021年/アメリカ/原題:Blue Bayou
配給:パルコ ユニバーサル映画

コピーライト:(c)2021 Focus Features, LLC.

 

↑上に戻る