映画『ボヘミアン・ラプソディ』特別映像解禁!主演ラミ・マレックはいかにしてフレディ・マーキュリーになったのか?

ボヘミアン・ラプソディ

「世界で最も売れたアーティスト」に名を連ね、マイケル・ジャクソンやエアロスミスらと共にロックの殿堂入りを果たし、日本でもスポーツシーンやドラマ、CMなどで世代を問わず誰もが耳にしたことのある伝説のロックバンド、クイーン。今もなお世界中を魅了し続けるクイーンの現メンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーを音楽総指揮に迎えて、1991年に惜しくもこの世を去った史上最高のエンターテイナー、フレディ・マーキュリーの姿を描く映画『ボヘミアン・ラプソディ』は11月9日(金)より全国公開となる。

劇中に甦った不朽の名曲には主にフレディ自身の歌声が使われ、その唯一無二のヴォイスは心臓に鳥肌が立つほどの感動を呼び起こす。あの大ヒットミュージカル作品『グレイテスト・ショーマン』の20世紀フォックス映画が贈る、悩める者、弱き者に捧げる、ミュージック・エンターテインメントである本作。この度、俳優ラミ・マレックが、いかにして劇中で演じる伝説的ロックバンド〈クイーン〉のボーカル、フレディ・マーキュリー役に魂を込めたのか、そして製作陣とキャストのどのような工夫や努力があったのかが、華やかなメイキングの様子と共に明らかとなる特別映像が解禁された。

ラミ・マレックはプロデューサーからの1本の電話で、誰もが知るあの伝説のボーカル、フレディ・マーキュリー役に自分の名前が挙がっていることを初めて知った。プロデューサーは「ラミを見て僕は思ったよ。<彼こそフレディ・マーキュリーだ>と。彼(ラミ)はフレディを演じているのではなく、生きているんだ。」と今回の抜擢について語っている。世界中の人々が知っている伝説的存在、フレディ・マーキュリーを演じることは、ラミにとって大変なプレッシャーだったというが、「責任重大だけどどうしても演じたい役だったから、フレディを継ぐつもりでオーディションに挑んだんだ。あのフレディ・マーキュリーをただ真似て、似せるだけ、ということはしたくなかった。彼が何を思い、どうしてその行動をしたのか、理解するんだ。」と語る。

フレディ・マーキュリーを現代に復活させるにあたり、一流の振付師たちからパフォーマンスを教わったが、他にも、「ムーブメントコーチ」たちが大活躍したという。フレディの「目の動き」や、「振り返り方」、「マイクのひねり方」など、細部にまでこだわり、時間をかけて彼の癖を再現した。「ラミの動き、話し方、どれをとってもまさにフレディ・マーキュリーに見えた。魔法のようだったわ。」「ラミは時間があればフレディの動きを練習していたよ。彼は他の誰も見るとの出来なかったフレディの本当の人情味まで見つけられていたのだと思うよ。」と、共演者のルーシー・ボイントン、グリウィム・リーも語っている。
さらに、華やかなステージコスチュームの数々は、衣装合わせにおよそ50時間、厚底ヒールからタイトな衣装まで、入念に合わせたという。そして今回の映像ではウィ・ウィル・ロック・ユーのステージシーンやメイキング映像、そして20世紀最大の音楽イベント”ライヴ・エイド”の一部もお披露目されている。

さらに、なぜ多くの人がフレディ・マーキュリーやクイーンの生み出す音楽に熱狂し、今なお伝説のバンドとして世界のトップに居続けることができるのか、レディー・ガガやケイティ・ペリーなど、名だたる世界のセレブリティたちが彼らの凄さを明かしているコメントが到着。その一端から【クイーンが今なお、愛される理由】を知ることができるのではないだろうか。

コメント

フレディ・マーキュリーは、私に最も大きな影響を与えた人よ。これから先もずっとそうあり続けると思うわ。彼の歌詞に対する皮肉のきいたアプローチと、「何も気になんかしない」というスタンスに、私の音楽は大いにインスパイアされているの。15歳で「キラー・クイーン」を聴いた時は、キラー・クイーンになりたいと願ったわ。
―ケイティ・ペリー

フレディは唯一無二の存在よ。音楽史上最大のスーパースターの一人ね。彼はシンガーであるだけでなく、素晴らしいパフォーマーでもあった。舞台を制する人であり、常に自分を変化させ続けていた。一言で言えば、天才よ。
―レディー・ガガ

最近は、僕にはできないことができるギタリストたちがいる。クイーンには、僕ができたらいいのにと夢見るようなことをできる男が一人いる。心からそう思うね。
―エリック・クラプトン

世界最高のバンドはクイーンだ。間違いない。
―マシュー・ベラミー(ミューズ)

僕の周りでは、僕がクイーンの大ファンだということを知らない人はいないと思う。クイーンは史上最もビッグなバンドの一つだ。フレディは、ソングライターとしても、ショーマンとしても、音楽界のヴィジョナリーとしても、僕が音楽で試みてきたことの多くをインスパイアしてくれた。彼の半分でもいいから、うまく歌えたらいいのにと思うよ。クイーンは今でも史上最もクールなバンドだし、いつどこで聴いても、決して古びた感じがしないのが本当にすごい。いつだって新鮮に聞こえるんだ。クイーンが今デビューしたとしても、やっぱりものすごい存在になるね。
―ビリー・コーガン(スマッシング・パンプキンズ)

ロックンロールにおける最重要人物たち。
―エルトン・ジョン

「ボヘミアン・ラプソディ」は幼い頃から大好きだった。おそらく僕の好きな曲トップ2か3に入るよ。アーティストとして行き詰ってどうすればいいかわからない時は、この曲を聴くといい。毎回、インスピレーションをもらえるからね。
―ゼッド

作品タイトル:『ボヘミアン・ラプソディ』
出演:ラミ・マレック/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ/グウィリム・リー/ルーシー・ボイントン/マイク・マイヤーズ/アレン・リーチ
監督:ブライアン・シンガー
原題:Bohemian Rhapsody
製作:グレアム・キング/ジム・ビーチ
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラム)
全米公開:11月2日
配給:20世紀フォックス映画

公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/
コピーライト:(c) 2018 Twentieth Century Fox

11月9日(金) 全国ロードショー

↑上に戻る