『ビルド・ア・ガール』土屋アンナ、峯岸みなみら著名人コメント&主人公・ジョアンナの魅力が凝縮の特別予告編解禁!

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』のビーニー・フェルドスタイン主演『ビルド・ア・ガール』(10月22日(金)公開)より、30秒特別予告と場面写真が解禁。あわせて、土屋アンナ、峯岸みなみ、そわんわんら各界の女性陣から絶賛コメントが到着した。

『ブリジット・ジョーンズの日記』の製作陣が、作家でコラムニストのキャトリン・モランの半自伝的小説「How To Build A Girl」を映画化。舞台はオアシス、ブラー、プライマル・スクリーム、といった人気バンドが、ロックシーンに旋風を巻き起こした90年代前半のイギリス。郊外で暮らす高校生・ジョアンナは、あふれる表現欲求や自己実現を持てあまし悶々とした日々を送っていたが一念発起。髪を真っ赤に染め、大胆で奇抜な衣装に身を包み、人気音楽ライター“ドリー・ワイルド”へと大変身!単身ロンドンに乗り込み音楽ライターとしての才能を開花させていくが、徐々に自分の心を見失ってしまい…。

このたび解禁された30秒特別予告では、勇気を出して新しい世界へ一歩踏み出したビーニー・フェルドスタイン演じるジョアンナが、初めての失敗や挫折を経て「失敗しても諦めずに進み続けるの」と自分を見つめ直し、未来に向かってふたたび突き進んでいく様子が描かれている。またアルフィー・アレン演じるジョアンナの初恋の相手で、ロック・スターのジョン・カイトは「書き続けろ、君には才能がある」と彼女を優しく見守り、ジョアンナのキーパーソンとなるエマ・トンプソン演じるアマンダ・ワトソンは「あなたはこれを書くべきよ」と、ジョアンナの人生を優しく後押しする2人のセリフも注目だ。

ビーニー・フェルドスタイン自身も本作について「私にとってこの映画は、失敗する日もあれば成功する日もあると教えてくれた。私は自分が15歳でも85歳でも、大成功する時もあれば途方に暮れる時もあっていいと言ってもらいたい。この映画は、人々にそんなメッセージを送っているのだと思う。私自身、そのことをこれからずっと忘れない。」とメッセージを送っている。

さらに9月8日(水)PM19時より、映画公式Twitter(@buildagirl_jp)で本作の感想&期待コメントキャンペーンがスタート。アカウントをフォローし本作への感想、期待コメントとハッシュタグ「#ビルド・ア・ガール」「#レビュー」の2つをつけて投稿すると抽選で本作のグッズや豪華賞品があたる。また公式Instagram(@buildagirl_jp)でも同様にキャンペーンがスタートしている。

コメント一覧 (順不同・敬称略)

◆土屋アンナ(モデル、女優、歌手)
自分が一番謎の存在。
でも謎だからこそ才能の引き出しは沢山ある!
この作品はその引き出しを開ける勇気をくれる!
作品をみて多くの人々が自分に自信をもち、自分を愛し、一度きりの人生を思いっきり楽しんで欲しい!

◆峯岸みなみ(タレント)
パーティーは永遠じゃない。
人生において大切なことは、パーティーが終わり酔いが冷めた後の少し味気ない日常を誰とどう過ごすのか。
イケてる音楽が鳴り響く中、頭の中では至って冷静にそんなことを考えていました。

◆松井咲子(タレント)
夜中にふと思い出して叫びたくなるような痛々しい過去や失敗がある人にとっての救済映画。そうだ人生は何度だってやり直せる!
そして確信した。わたしは「ちょっぴりイケてない女子高生を演じるビーニーファン」だ。

◆そわんわん(YouTuber、モデル)
最初の入りから共感しつつずっとハラハラしてました。見る側はそうじゃないよ!自分を取り戻して!って思うけどいざ自分も主人公の立場なら自分を見失ってしまうかもしれやん。けど何度見失ってもいいんじゃないかな、それも自分の人生と強く思えました。

◆野水伊織(声優)
自分の才能を探して、知らないことにも飛び込んでみる。私とは真逆のポジティブさを持つジョアンナに、終始驚かされっぱなし。
でも観終わる頃には、もうちょっと大胆に生きてみようかな?って思えちゃう。ユーモアとパワーをくれる魔法のような作品!

◆瀬戸あゆみ(モデル、ブランドディレクター)
ティーンの時にこの映画に出会っていればジョアンナの生き様に、言葉に、どんなに励まされただろう。
でも、この映画にはきっと何周もまわって、いまだから気付ける大事なこともたくさんあった。
またすきな映画が増えた。

ストーリー
いい子じゃお金を稼げない!辛口音楽ライター“ドリー・ワイルド”爆誕!

1993年、イギリス郊外に家族7人で暮らすジョアンナは、底なしの想像力と文才に長けた16歳の高校生。だが学校では冴えない子扱い。そんな悶々とした日々を変えたい彼女は、大手音楽情報誌「D&ME」のライターに応募。単身で大都会ロンドンへ乗り込み、仕事を手に入れることに成功する。だが取材で出会ったロック・スターのジョンに夢中になってしまい、冷静な記事を書けずに大失敗。
編集部のアドバイスにより“嫌われ者”の辛口批評家として再び音楽業界に返り咲くジョアンナ。過激な毒舌記事を書きまくる“ドリー・ワイルド”へと変身した彼女の人気が爆発するが、徐々に自分の心を見失っていき……。

作品タイトル:『ビルド・ア・ガール』
出演:ビーニー・フェルドスタイン、パディ・コンシダイン、サラ・ソルマーニ、アルフィー・アレン、フランク・ディレイン、クリス・オダウド、エマ・トンプソン
原作:キャトリン・モラン著「How to Build a Girl」
脚本:キャトリン・モラン
監督:コーキー・ギェドロイツ
製作:アリソン・オーウェン『ウォルト・ディズニーの約束』『エリザベス』、デブラ・ヘイワード『レ・ミゼラブル』『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ
原題:『How to Build a Girl』
2019年/イギリス/英語/105分/DCP/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/R-15
配給:ポニーキャニオン、フラッグ
提供:フラッグ、ポニーキャニオン

公式サイト:buildagirl.jp
公式Twitter:@buildagirl_jp
公式Instagram:@buildagirl_jp #ビルド・ア・ガール
コピーライト:(c) Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019

10/22(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

 

関連記事:
『ブリジット・ジョーンズの日記』製作陣×ビーニー・フェルドスタイン主演『ビルド・ア・ガール』予告編&場面写真到着
さえない高校生が辛口音楽ライターに!『ビルド・ア・ガール』90年代前半のUKロックシーンを舞台にティーンの奮闘を描く

↑上に戻る