ティワーリー監督最新作『きっと、またあえる』驚愕のビフォア&アフター!?90年代&30年後の新場面写真が解禁

きっと、またあえる『ダンガル きっと、つよくなる』で世界興収インド映画No.1を記録したニテーシュ・ティワーリー監督最新作『きっと、またあえる』がシネマート新宿・シネマート心斎橋にて近日公開となる。この度、本作の新場面写真が解禁となった。

インドの工科大学の学生寮を舞台に、笑いと涙、永遠の友情が描かれる本作。インドでは初公開週作品のうち、インド映画1位(デイリー/ウィークエンド/ウィークリー)を獲得。主人公たちが大学生活を送った90年代と、親世代になった現代、2つのストーリーが進んでいく。役者陣は皆そのままで大学生時代を演じ、特殊メイクで30年後を演じた。

この度、主人公・アニ(『PK』のスシャント・シン・ラージプート)、ヒロイン・マヤ(『サーホー』のシュラッダー・カプール)と青春を共にする「負け犬寮」の面々が一挙公開。併せて30年後の姿も解禁となった。学生時代からの片思い、そして猛烈なアタックの末、マヤと結ばれたアニだったが、受験に失敗し、思いつめた行動を取った息子の容態について医師に説明を受け、久しぶりに二人並んだ姿を見せる。

 

「負け犬1号」はセクサ。セックスのことしか頭にないため、このあだ名がついたアニの先輩。寮のAV鑑賞会では最前列を陣取るなど、常にエロに対するセンサーに磨きをかけている。30年後は海外の取引先を相手に英語で商談をこなすも、「H4(負け犬寮の通称)からのお電話です」という秘書の言葉に一瞬我を忘れ、ヒンディー語でまくしたてる、変わらずチャーミングな一面も。

90年代

30年後

 

「負け犬2号」はマミー。事あるごとに「マミー(お母さん)」と発するためこのあだ名がついた。父親曰く「ラブコメを観て泣く」貧弱な彼をなんとか大学生活で男にしてほしい、と先輩であるセクサは頼まれるが、アニと一緒に女子寮を訪れた際には意外な度胸を見せる場面も。30年後は、どこか面影を残したままアメリカで活躍。

90年代

30年後

 

「負け犬3号」はアシッド。かつての神童も名門工科大学ではただの人。そのうっぷんを辛口(アシッド)で晴らさんとばかり、鍛え上げられたボキャブラリーで考え付く限りの悪態をつく。そのセンスが遺憾なく発揮されたH4応援歌はお見事!

90年代

30年後

 

「負け犬4号」はデレク。最上級生で、通称「みんなの兄貴」。かつて留学生や文武両道の学生が多く生活するH3寮の引き抜きを断ったことで、「負け犬寮でくすぶっている」と揶揄されている。最終学年となった今、負け癖がついた自分を、ひいてはH4を変えたいという思いから、アニの熱い思いを汲んで大きなチャレンジに出る。

90年代

30年後

 

「負け犬5号」はへべれけ。部屋には蔵書よりも酒瓶の方が多いとされる、飲んだくれの大先輩。しかしながらチェスでは負けなしの王者であり、寮生には「寮の魂」と呼ばれ慕われるなど、仙人かはたまた寮の主のような存在。

90年代

30年後

 

以上の個性豊かな面々が、アニとマヤの息子の為、30年後に一堂に会すことになる。かつての親友たちと共に、アニが真に息子に伝えたいメッセージとは―?

 

ストーリー
親友たちと送った“かけがえのない日々”
あの頃の自分に、会いに行く―。
受験生の息子が病院に担ぎ込まれた!そこに集まった、今は親世代になったかつての仲間たち7人。年を重ねて、太ったり容姿もだいぶ変わったけれど、学生時代に泣いて笑ってバカをやったあの日の友情は変わらない。親友アニの受験に失敗した息子を励ますため、悪友たちは「負け犬時代」の奮闘を病室で語り出す—。90年代、インドでもトップクラスのボンベイ工科大学に入学したアニ。しかし振り分けられたのはボロボロの4号寮。気のいい先輩や愉快な仲間はいるが、そこは寮対抗の競技会で万年最下位で、他の寮から“負け犬”と呼ばれていた。しかし今年はなんとしても汚名を返上する!そのためには、バスケ、サッカー、重量上げ、カバディ、チェス、ボードゲームと多種の試合に勝てる選手を用意する必要があった。4号寮は実力はないが、知恵とやる気とチーム力であらゆる手段を使い勝ち抜いていく。だが敵も黙ってはいない。果たして、勝利を手にすることはできるのか、そして彼らが最後に得たものは?!

作品タイトル:『きっと、またあえる』
出演:スシャント・シン・ラージプート、シュラッダー・カプール、ヴァルン・シャルマ
監督:ニテーシュ・ティワーリー
2019/インド/カラー/ヒンディー語、英語/143分
原題:CHHICHHORE
応援:インド大使館
映倫:G
配給ファインフィルムズ

公式サイト:www.finefilms.co.jp/chhichhore/
コピーライト:ALL RIGHTS RESERVED
ALL COPYRIGHTS, TRADEMARKS, DESIGNS AND OTHER INTELLECTUAL PROPERTY RIGHTS WITH RESPECT TO THIS CINEMATOGRAPH FILM EXCLUSIVELY VEST WITH NADIADWALA GRANDSON ENTERTAINMENT PRIVATE LIMITED. ANY UNAUTHORISED REPRODUCTION, COPYING, BROADCASTING, PUBLICATION, PERFORMANCE, ADAPTATION OR USAGE IS STRICTLY PROHIBITED AND MAY AMOUNT TO INFRINGEMENT OF RIGHTS OF NADIADWALA GRANDSON ENTERTAINMENT PRIVATE LIMITED.

近日公開

 

関連記事:
■ インド映画『きっと、またあえる』公開決定&予告編解禁!『ダンガル きっと、つよくなる』ティワーリー監督最新作

↑上に戻る