映画『チャイルド・プレイ』チャッキーの声を演じる“レジェンド”マーク・ハミルが降臨!記者会見イベントレポート到着

チャイルド・プレイ

映画史に残る名作ホラー映画『チャイルド・プレイ』(1988年)を基に、現代の最新AI技術を搭載した殺人人形の恐怖を描いた現代版『チャイルド・プレイ』が7月19日(金)に全国公開が決定となった。

21世紀の最新AI技術が詰まった”バディ人形”を手に入れる少年アンディ役には『ライト/オフ』(16)のガブリエル・ベイトマン、アンディの母親役には人気TVドラマシリーズ「レギオン」のオーブリー・プラザ、監督にはホラー界の新鋭ラース・クレヴバーグが大抜擢。ホラー映画史上No.1ヒット作『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のセス・グレアム・スミスとデヴィッド・カッツェンバーグのプロデューサーコンビが、最新AI技術を手に入れ凶悪な進化を遂げた史上最恐の”殺人人形”による恐怖を斬新な設定と共に現代に甦らせる。

この度、現地時間6月8日(土)(日本時間6月9日(日))に、アメリカ・ロサンゼルスにて本作の記者会見が行われ、マーク・ハミルをはじめキャスト・スタッフが登壇した。

青いオーバーオールにカラフルなボーダーのTシャツという可愛い見た目とは裏腹に、ひとたび豹変すると徹底的に人間に襲い掛かるという残忍さで、幾度となく我々を恐怖に陥れてきた殺人人形”チャッキー”。1作目の全米公開以降、その“怖カワ“な魅力から、アイコン的な人気を獲得し様々な関連グッズや、ユニバーサルスタジオのハロウィン期間限定アトラクションなど、ホラー映画を代表する人気キャラクターとして、世界中の観客にトラウマを植え付けてきた。

先日『スター・ウォーズ』シリーズの名優マーク・ハミルが演じたチャッキーの声が初披露されると、そのゾクゾクするヴォイスに世界中が戦慄。アニメ版「バットマン」シリーズのジョーカー役など声優としても豊富な経験をもち、チャッキーのアンディに対する歪んだ愛情を表す身の毛のよだつセリフを響かせていたハミルが、遂に監督・キャストと共に記者会見へ登場。現代版チャッキーと言える本作についてハミルは「(88年版は)大好きだった。僕はブラッド・ドウーリフ(88年版チャッキーの声)の解釈の大ファンだよ。でもこの作品では、チャッキーには違うオリジンがある。」と自信を見せ、劇中で展開されるさらなる恐怖の増幅を予感させる会見となった。

『チャイルド・プレイ』 記者会見概要

会場:Four Seasons Hotel Los Angeles at Beverly Hills, Los Angeles, CA
日時:現地時間6月8日(土)14:00(日本時間9日(日)6:00)
登壇者:オーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、マーク・ハミル、ラース・クレヴバーグ監督

イベントレポート
会場となったロサンゼルス・ビバリーヒルズのフォーシーズンズホテル記者会見会場には、アンディ役のガブリエル・ベイトマンをはじめ、アンディの母役オーブリー・プラザ、事件を捜査する刑事役のブライアン・タイリー・ヘンリー、チャッキーの声を演じたマーク・ハミル、そしてホラー映画界の新星ラース・クレヴバーグ監督が出席した。
特に、先日の声優発表時にも大きな話題となった、“レジェンド”マーク・ハミルは、発表後はじめて本作で公の取材に応じるということもあり、会見には非常に注目が集まり、スタッフ、キャストが会見場に姿を現すと、会場は拍手で包まれ、作品の関心の高さを象徴する盛況な幕開けを迎えた。

主人公アンディを演じたガブリエル・ベイトマンは、「(現場には)異なる目的のために、複数のアニマトロニクスの(チャッキー)人形があって、顔の表情を作ったり、動かすことが出来た。だから、テニスボールとかテープの切れ端とかを相手にするのではなく、なにかを相手に芝居出来たのはとても助けになった。」とチャッキーとの共演の撮影方法を明らかにした。

アンディの母を演じたオーブリー・プラザは、「脚本読んだ時、実際、若い母親を演じるというアイディアにとても興奮したわ。なぜなら、現実でも、私の母は若い母親だった。彼女は20歳の時に私を産んだの。そして、脚本の中にあるキャラクターたち(母と息子)の間の年齢差は、私の母と私の年齢差と全く同じだった。だから、私はそのキャラクターと多くのコネクションを見つけられたの」と、自身の親子関係が役作りに及ぼした影響を語った。

この不気味な事件を担当することになる刑事役ブライアン・タイリー・ヘンリーは、現場では「チャイルド・プレイ」博士と言われるほどのシリーズの大ファン、「チャッキーは僕のお気に入り(ホラー映画)の一つだった。なぜなら、それが公開された時、僕はまだ子供だった。ほとんどのホラー映画は、大人がやられるというものだったけど、(その作品では標的は)オモチャを持っている子供だった。子供にはオモチャは重要だ。」と、溢れんばかりのシリーズ愛をアピールした。

監督のラース・クレヴバーグは、「(最近は)昔のハリウッド映画がたくさんリメイクされて戻ってきているね。僕にとって80年代のアンブリン作品は、今でも大きな意味がある。困っている人たち、労働者階級の人たちがなにかマジカルなものを経験し、なにか新しい存在や友人と関係を築いていくんだ。そして、そういったことを通して、彼らの感情面での絆が生まれる。僕はこの脚本を読んでいて、「E.T.」に通じるものをたくさん見つけた。でも、それをそのままコピーしたようなものは決してやりたくない。僕が子供のときに大きな意味を持っていた映画に関して、なぜ自分がそれらが大好きかその理由がなにかを知るきだと感じた。(この作品は)少し80年代っぽい。でもそれは主に、アンディとチャッキー、彼らの間の関係を描写することに関してだよ」と、80年代のスピルバーグ監督の名作との関連を語りながら、本作で描かれるAI技術などがもたらすチャッキーの恐怖の根底にある、普遍的なドラマ性に自信をのぞかせた。

チャッキーの声を務めたマーク・ハミルは、現代版のチャッキーについて、「僕は、(チャッキーの声で)重要な要素はオリジナルと違ったものになっていることだと思った。(88年版は)大好きだった。僕はブラッド・ドウーリフ(88年版チャッキーの声)の解釈の大ファンだよ。でもこの作品では、チャッキーには違うオリジンがある。それは連続殺人犯の魂じゃない。彼は本当にイノセントな子供のようなんだよ。自分の周りで起きていることをただ学んでいるんだよ」と、本作の持つオリジナリティについて語った。

会見は終始リラックスした形で、スタッフ・キャストが冗談を交えながら和やかに進み、ホラー映画史上に残る人気シリーズの現代版の完成に大きな自身を感じさせた。予告編公開当初から、全貌が秘密のベールに包まれてきた本作、そのヒントがスタッフ、キャスト監督のコメントから断片的に明らかとなり、ますます公開が待ちきれない会見となった。

作品タイトル:『チャイルド・プレイ』
出演:オーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、マーク・ハミル(声の出演)
監督:ラース・クレヴバーグ
製作:セス・グレアム・スミス、デヴィット・カッツェンバーグ(『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』)
脚本:タイラー・バートン・スミス
全米公開:6月21日(金)
原題:CHILD’S PLAY
配給:東和ピクチャーズ

公式サイト:https://childsplay.jp 
公式Twitter:twitter.com/ChildsPlay_JP
公式Facebook:facebook.com/ChildsPlayMovie.JP/ 
公式Instagram:instagram.com/childsplay_jp/

コピーライト:(c)2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved. CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

7月19日(金)、全国公開

↑上に戻る