【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

日本アニメの影響も!マイケル・B・ジョーダン主演&初監督作『クリード 過去の逆襲』予告編&ポスター解禁

クリード 過去の逆襲

マイケル・B・ジョーダンが初監督に挑んだシリーズ最新作『クリード 過去の逆襲』(5月26日(金)公開)の予告編とポスターが解禁された。

ボクシング映画『ロッキー』のDNAを継承した『クリード』。自身のルーツに向き合った『クリード チャンプを継ぐ男』(2015年)、父・子の2世代に渡る因縁を描いた『クリード 炎の宿敵』(2019年)で、ロッキーのサポートを受けながら、数々の激戦を繰り広げてきたアドニス・クリード。ロッキーの魂を引き継ぎチャンプとなった彼の前に現れたのは、封印した“己の過去”だった…。

主演のマイケル・B・ジョーダンは最新作の本作では初監督も務め、スポーツ映画初、IMAX(R)認証デジタルカメラでの撮影も敢行。ド迫力のファイトシーンは、更なる飛躍を遂げ、まるでリングサイドにいるかのような圧巻の臨場感を与えている。

解禁となった予告編は、クリードが「ここまでやれたのはロッキー、父のアポロ、皆がいたからだ」と語る記者会見の映像で始まる。ある日、世界チャンプとして栄光を手にしたクリードの前に「俺を忘れたのか」とムショ上がりの幼なじみデイムが現れる。クリードが封印したはずの過去の《過ち》によって18年のムショ暮らしを余儀なくされたデイムは、「お前が俺の人生を奪った。何もかもブッ壊してやる」と復讐の狼煙を上げる。

デイムを演じるのは『アントマン&ワスプ クアントマニア』で“征服者”カーン役で圧巻の存在感を見せたジョナサン・メジャース。本作では戦いの鎧を脱ぎ捨て、鍛え上げたボディで復讐を誓う最強の敵を体現している。

復讐を果たすためなら手段を選ばないデイムは暴走を始める。最愛の妻ビアンカに「あなたが止めるのよ」と激励されたクリードは、過去の《過ち》と決着をつけることを決意し、最強の敵との戦いに向けて猛烈トレーニングを開始する。スパーリングパートナーを務めるのは、かつての宿敵ドラゴの息子ヴィクターだ。

クリードは、自分の拳で過去を断ち切ることができるのか。超満員のLAスタジアムの特設リングに猛烈なクリードコールが巻き起こる。だが、デイムの情け容赦ないパンチがボディに食い込む。思わず雄叫びを上げたクリードと復讐の鬼と化したデイム、互いに一歩も譲らぬパンチの応酬が続いていく―。

本作は、「NARUTO -ナルト-」「はじめの一歩」「メガロボクス」「ドラゴンボールZ」など日本アニメの影響を受けていることをマイケル・B・ジョーダン本人が公言。「長い間アニメを見続けてきたから、ファイトシーンやドラマの瞬間を構築する上で、自然にアニメに立ち戻る」とコメントしている。

目次