【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

映画『大名倒産』神木隆之介演じる小四郎が挑む100億円返済の秘策とは!?<マネー講座>スペシャル動画解禁

大名倒産

神木隆之介主演映画『大名倒産』(6月23日(金)公開)より、スペシャル動画が解禁となった。

ベストセラー作家・浅田次郎のノンストップ時代小説「大名倒産」(文春文庫刊)が実写映画化。ある日突然、徳川家康の子孫だと言われ、越後丹生山藩の若殿となる青年・松平小四郎(神木隆之介)。庶民から一国の殿様へと、まさにシンデレラストーリー!…かと思ったのもつかの間、実は25万両、現在の価値で借金100億を抱えるワケありビンボー藩だった。しかも、返済できなければ藩は倒産、小四郎は切腹!? いきなり絶体絶命の大ピンチ。どうする、小四郎――!?

映像で映し出されるのは、100億返済か切腹か、という大ピンチに追い込まれた小四郎が、幼馴染のさよ(杉咲花)や兄の新次郎(松山ケンイチ)・喜三郎(桜田通)、家臣の平八郎(浅野忠信)らとともに、借金返済のために実行する、奇想天外な“節約プロジェクト”の一部。

藩の家計を把握しようと、そろばんを叩いて帳簿を調べる小四郎とさよの姿をはじめ、莫大なお金がかかる参勤交代では、キャンプ(野宿)で宿代をコストカット、さらに使用頻度の少ない家具などは綺麗さっぱり売払い、必要になった時に他所から借りるという現代の“サブスクリプション”の考え方を取り入れるなど、知恵や工夫を凝らしながら節約プロジェクトに奮闘する彼らの姿が映し出されている。

“いつの時代もLIFE IS MONEY!”というキャッチーなフレーズと共に、現代にも通じる節約術がふんだんに散りばめられ、小四郎たちの100億返済の秘策(!?)が詰まった映像となっている。

大名倒産
目次