『恋人はアンバー』都会で出会った新しい世界に酔いしれる!大きな転換となるキスシーンの本編映像解禁―11/3(木・祝)公開

恋人はアンバー

映画『恋人はアンバー』(11月3日(木・祝)全国公開)の本編映像と場面写真が解禁された。

本作は、差別や偏見に悩む高校生を、ユーモアを交えつつチャーミングに描いた青春映画。舞台は1995年、同性愛が違法でなくなってから2年後のアイルランド。同性愛者への差別や偏見が根強く残る田舎町で、自身がゲイであることを受け入れられない高校生・エディと、レズビアンであることを隠しているクラスメイトのアンバー。家族や同級生にセクシュアリティを悟られないように平穏に卒業を迎えるため、2人は“ニセモノの恋人”を演じることになり…。

解禁された本編映像では、都会のダブリンで心を解き放ち、心が“羽ばたく”ような開放された時間を楽しむ2人が映し出されている。

アンバーの誘いで授業をサボって、都会のダブリンへ繰り出す2人。ゲーセンではしゃぎ、仲睦まじい思い出の写真を撮り、自分たちを知る人が誰もいない都会で、開放的な時間を心から楽しんだ。道を歩いていると2人の目に飛び込んできたのは、バーの店先に掲げられているレインボーフラッグ。吸い込まれるように店内に入ると、ドラァグクイーンがステージでショーをしていた。

自分が住む郊外では決して出会わない彼女に惹き寄せられていくエディ。そしてクラブではエディとアンバーの開放された心が最高潮に―。クラブの雰囲気に存分に酔いしれたエディは、居合わせた男性に声をかけられ、誘われるままに熱いキスを交わす。ところがそのすべてを、知り合いのキアンに見られてしまい…。

ダブリンでの刺激的な経験は、2人の未来にどのような影響を与えていくのか。果たして、エディとアンバーは卒業まで自分たちのセクシュアリティを隠し通せるのか?

恋人はアンバー
恋人はアンバー
恋人はアンバー

ストーリー
1995年、同性愛が違法でなくなってから2年後のアイルランド。同性愛者への差別や偏見が根強く残る田舎町で、自身がゲイであることを受け入れられない高校生・エディと、レズビアンであることを隠しているクラスメイトのアンバー。家族や同級生にセクシュアリティを悟られないように平穏に卒業を迎えるため、2人は“ニセモノの恋人”を演じることに!性格も趣味も全く違う2人だったが、ぶつかり合いながらも、悩みや夢、秘密を打ち明けるうちに、唯一ありのままの自分で胸の内を語れる、かけがえのない存在になっていく。しかし、一緒に訪れた都会・ダブリンで、運命的な出会いによって新たな世界に触れた2人は、“理想的”だったこの関係にも終わりが近づいていることに気づいてしまい…。

作品タイトル:『恋人はアンバー』
出演:フィン・オシェイ、ローラ・ペティクルー、シャロン・ホーガン、バリー・ワード、シモーヌ・カービー
監督・脚本:デイヴィッド・フレイン
挿入歌:PULP「Mile End」、Brenda Lee「You Can Depend on Me」、U2「All I Want Is You」、GIRLPOOL「Cut Your Bangs」ほか
原題:Dating Amber
2020年/アイルランド/92分/ビスタ/5.1ch
後援:アイルランド大使館
提供:Watcha Japan
配給:アスミック・エース

公式サイト:Dating-amber.asmik-ace.co.jp
公式Twitter:@dating_amber_jp
コピーライト:(C)Atomic 80 Productions Limited/ Wrong Men North 2020, All rights reserved.

11月3日(木・祝) TOHOシネマズ シャンテほか全国公開!

関連記事:
『恋人はアンバー』エディとアンバーが見つけた未来とは―?特別映像2本&切ない心境あふれる場面写真も解禁!
『恋人はアンバー』青春感あふれる場面写真が一挙解禁!駐日アイルランド大使館からのメッセージも ―11月3日公開
【応募終了】アイルランドから届いたユーモラスでチャーミングな青春映画『恋人はアンバー』一般試写会10名様ご招待☆
同性に恋する2人が期間限定の“恋人”に!アイルランド発の青春映画『恋人はアンバー』2人の友情あふれる場面写真解禁
アイルランド映画『恋人はアンバー』11月3日(木・祝)日本劇場公開決定!ポスタービジュアル&予告編も解禁

↑上に戻る