『死霊魂』公開記念!「王兵(ワン・ビン)監督特集2020」追加上映会決定!作品上映や専門家によるトークイベント実施

死霊魂新型コロナウイルスの影響により、公開が延期されていた、世界的ドキュメンタリー監督ワン・ビンの8時間を超える集大成『死霊魂』が8月1日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開となる。

その公開を記念し、3月に開催された「王兵(ワン・ビン)監督特集2020」も、同じく新型コロナウイルスの影響で開催中に急遽中止となったが、このたび、追加上映会が決定した

なお、ワン・ビン監督の過去作品は「ムヴィオラ見放題パック」でも配信中。
→ムヴィオラ見放題パック

 

『死霊魂』公開記念
「王兵(ワン・ビン)監督特集2020」追加上映会

3月の「王兵(ワン・ビン)監督特集2020」の追加上映として、代表作4本とアピチャッポン・ウィーラセンタクン、ペドロ・コスタなども参加したオムニバス作品『世界の現状』が再上映される。そして、新作『死霊魂』へとつながるワン・ビン作品群を解読する専門家によるトークや監督からのビデオメッセージの上映も予定。

◆日程:7月23日(木・祝)-7月25日(土)(3日間)
◆会場:アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水)
◆追加上映作品
『鉄西区』1999-2003年(545分)
『鳳鳴 中国の記憶』2007年(183分)
『世界の現状』(オムニバス映画)2007年(101分)
『石炭、金』2009年(53分)
『無言歌』2010年(109分)
◆期間中トークイベント
7月24日(金)
「ワン・ビン(王兵)の映画を解読する『鉄西区』『鳳鳴』から最新作『死霊魂』まで」
講師:土屋昌明(中国文学者/「ワン・ビン(王兵)現代中国の叛史」著者)

※詳しい上映作品解説、上映スケジュールは下記HPをご覧ください
http://www.athenee.net/culturalcenter/program/wa/wangbing_tsuika.html

 

■監督プロフィール:ワン・ビン(王兵)
1967年11月17日、中国陝西省西安生まれ。14歳の時に父を亡くし、当時の政策によって父の職を継ぎ、その職場で24歳まで働く。その後、1992年瀋陽にある魯迅美術学院写真学科と北京電影学院撮影科で学ぶ。中古のデジタルキャメラひとつで世界に対峙した衝撃的な『鉄西区』(1999-2003)と「反右派闘争」の時代を生き抜いた女性の証言を記録した『鳳鳴―中国の記憶』(2007)、そして集大成として取り組んだ8時間超えの最新作『死霊魂』(2018)で山形国際ドキュメンタリー映画祭大賞を3度受賞。カンヌ・ベルリン・ヴェネチアの三大映画祭での受賞も数多い。いうまでもなく21世紀の最も重要な映画作家の一人である。

 

2018年カンヌ国際映画祭 特別招待作品
山形国際ドキュメンタリー映画祭2019 大賞&観客賞《W受賞》

1950年代後半。ある日突然、中国共産党は彼らを反動的な<右派>と呼び、砂漠の収容所に送った。世界史に類のない大飢饉が重なり、そこは地獄のような<飢餓収容所>と化した。半世紀以上を経て、いま生存者たちの証言が死者の魂をよびおこす。21世紀の最も重要な映画作家の一人、ワン・ビンの集大成。

作品タイトル:『死霊魂』
監督・撮影:ワン・ビン
製作:セルジュ・ラルー、カミーユ・ラエムレ、ルイーズ・プリンス、ワン・ビン
原題:死霊魂
英語題:DEAD SOULS
フランス、スイス|2018年|8時間26分(3部合計)|DCP|カラー
日本語字幕:最上麻衣子(第一部)、新田理恵(第二部、第三部)
配給:ムヴィオラ

公式サイト:http://moviola.jp/deadsouls/
コピーライト:(c)LES FILMS D’ICI-CS PRODUCTIONS-ARTE FRANCE CINÉMA-ADOK FILMS-WANG BING 2018

8月1日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
シアター・イメージフォーラムでは7月8日(水)より座席指定予約受付開始

 

関連記事:
ワン・ビン監督作品『死霊魂』公開日再延期のお知らせ
ワン・ビン監督作品『死霊魂』公開延期のお知らせ
ワン・ビン監督『死霊魂』8時間を超える渾身の大作、予告編完成!山形国際ドキュメンタリー映画祭 大賞&観客賞 W受賞
<反右派闘争>という中国史の闇を捉えた8時間15分に及ぶワン・ビン監督の渾身の大作『死霊魂』公開決定!
8時間15分に及ぶ渾身のワン・ビン監督最新作『死霊魂』本年度山形国際ドキュメンタリー映画祭大賞&観客賞W受賞

↑上に戻る