『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』ポスタービジュアル解禁!【デカ子犬サイズ化】アプリも公開

でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード

アメリカの児童文学作家ノーマン・ブリッドウェルが1963年から発表し始めた児童文学作品が原作の映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』(2022年1月21日(金)日本公開)のポスタービジュアルが解禁された。

雪が舞う煌びやかな街のなかで、自分のことをとっても大事にしてくれる少女・エミリーの大きな愛情の分だけでっかくなっちゃった赤い子犬のクリフォードが、愛くるしい表情でこちらを見つめる。寒さを忘れてしまうくらいにあたたかなエミリーの愛情を感じられ、この冬にクリフォードが巻き起こす大騒動がますます楽しみになる、多幸感にあふれた仕上がりのポスタービジュアルとなっている。

公園で彼を見つけ出し、愛情を注ぐ少女・エミリーを演じたダービー・キャンプが、「みんなクリフォードのことが大好きになると思います。この映画はみんなに愛されると、胸を張って言えます!」とまっすぐに語っているように、笑顔も幸せも膨らみそうな本作の公開にますます期待が高まる。

さらに公式サイト(https://deka-koinu.jp/)では、大切な家族やペットもでっかくなっちゃう【でか子犬サイズ化アプリ】が登場。ぜひ家族みんなで遊んでみては。

イントロダクション
いち早く11月10日に公開を迎えた全米では、オープニング5日間で2,200万ドルを記録。またアメリカの大手リサーチサイトRotten Tomatoesではオーディエンススコア94%、一般の観客対象のアンケートによるCinemaScoreで堂々「A」ランクを獲得した。

なお、日本語吹替版は、主人公の女の子・エミリー役に花澤香菜、エミリーに好意を寄せ、困ったときには手を差し伸べてくれる同級生オーウェン役に三森すずこ、さらに金丸淳一、諏訪部順一が勢ぞろいした。

ストーリー
僕の名前は、クリフォード。実は、大きな問題を抱えてまして…。
僕まだ正直右も左もわからない子犬なんですけど、朝起きたら、でっかくなっちゃってたんです!
どうやら僕をニューヨーク・マンハッタンの公園で拾ってくれた寂しがり屋のシティガール・エミリーの愛情の分だけでっかくなっちゃったらしいのです。それだけでも僕の人生、大問題なんですが、さらになぜか大企業の社長さんが僕のことをさらおうとするんです…。しかもかなり手荒く。でも、エミリーも、友達のオーウェンも、そしてエミリーのおじさんケイシーも、さらに変わりものの近所の人たちも僕を守るのに大奔走してくれて。果たして、これからどうなっちゃうんでしょうか、僕…。

作品タイトル:『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』
出演:ダービー・キャンプ、ジャック・ホワイトホール、アイザック・ワン、トニー・ヘイル
吹替キャスト:花澤香菜(エミリー)、三森すずこ(オーウェン)、金丸淳一(ケイシ-)、諏訪部順一(ティエラン)
監督:ウォルト・ベッカー『アルビン4 それゆけ!シマリス大作戦』
原作:ノーマン・ブリッドウェル「クリフォード おおきなおおきなあかいいぬ」
製作:ジョーダン・カーナー、イオル・ルッケーゼ
音楽:ジョン・デブニー『グレイテスト・ショーマン』
原題:『Clifford the Big Red Dog』
北米公開:2021年11月10日

公式サイト:Deka-Koinu.jp #でか子犬
公式twitter:https://twitter.com/ParamountFamJP
公式Instagram:https://www.instagram.com/ParamountFamJP/
コピーライト:(c)2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

1月21日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか 全国ロードショー

 

関連記事:
『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』全米ランキング初登場第2位!子供も親も心奪われ、絶賛の声続々
映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』来年1月21日(金)公開決定!特報&日本語吹替版キャスト解禁

↑上に戻る