『EO イーオー』「何よりも、感情に訴える映画を作りたい」イエジー・スコリモフスキ監督インタビュー&メイキング写真解禁

イエジー・スコリモフスキ監督・脚本の7年ぶりとなる最新作『EO イーオー』(5月5日(金・祝)公開)より、スコリモフスキ監督からのインタビューとメイキング写真が解禁された。

イエジー・スコリモフスキ監督 インタビュー

―本作は詩的な作品であり、世界に対する比喩的なビジョンのようにも感じられます。

「何よりも感情に訴える映画を作りたいと思っていました。これまで撮ったどの作品よりも感情に基づいた物語を撮りたかったのです」

―あなたはキャリアの中で多くの偉大な俳優と仕事をしてきましたが、本作の主人公はロバですね。また異なるコミュニケーションが必要だったのではないでしょうか?

「この作品の場合、説得のための唯一の方法は優しさを示すことでした。つまり彼の耳に言葉をささやき友好的に愛撫することです。そしてロバは“演技”が何であるかを知りません。
彼らは何かのフリをすることができず、純粋に彼ら自身であり続けます。
そして決してナルシシズムを見せません。自分の役柄に想定された意図に従って仕事をし、監督のビジョンに口をはさみません。彼らはとても優れた俳優なのです」

―主演“俳優”のキャスティングはどのように行われたのでしょうか?

「ブリーダーからロバの写真を見せてもらいました。私はすぐにサルディーニャ種のロバが好きになりました。EOは目の周りに白い斑点のある灰色のロバにしたいと考えていたので、ワルシャワ近郊の厩舎に行き、写真の中で最も魅了されたロバに会いに行きました。彼の名前はタコでした。会った瞬間、彼が私の映画の主役になると確信したのです」

―一見、運命に翻弄され続けるEOですが、彼が保ち続ける純粋さについての映画とも言えるのではないでしょうか?

「シニカルで世知辛い私たちの世界では、純粋さは世間知らずの証と受け止められ、弱さであると見なされることもあります。しかし私は今でも、自分の中に残った純粋さを育むよう努めています。また、人間と自然、人間と動物の関係性も考え直す必要があるというメッセージも込められています。動物に対しては毛皮や消費のための産業的な飼育ではなく、愛を以てポジティブな関係を育むことが真っ当だと考えていますし、そうなればと願っています」

ストーリー
愁いを帯びた瞳とあふれる好奇心を持つ灰色のロバ、EO。サーカス団から連れ出され始まった予期せぬ放浪の旅のさなか、善人にも悪人にも出会い、運を災いに、絶望を思わぬ幸福に変えてしまう運命の歯車に耐えている。しかし、一瞬たりとも無邪気さを失うことはない。

作品タイトル:『EO イーオー』
出演:サンドラ・ジマルスカ、ロレンツォ・ズルゾロ、イザベル・ユペール
監督:イエジー・スコリモフスキ
脚本・製作:エヴァ・ピアスコフスカ、イエジー・スコリモフスキ
2022/ポーランド、イタリア/カラー/ポーランド語、イタリア語、英語、フランス語/88分
映倫:G
後援:ポーランド広報文化センター
配給:ファインフィルムズ

公式サイト:https://eo-movie.com/
公式Twitter:https://twitter.com/EO_jp0505
コピーライト:(C) 2022 Skopia Film, Alien Films, Warmia-Masuria Film Fund/Centre for Education and Cultural Initiatives in Olsztyn, Podkarpackie Regional Film Fund, Strefa Kultury Wrocław, Polwell, Moderator Inwestycje, Veilo ALL RIGHTS RESERVED

5月5日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町他にてロードショー

関連記事:
イエジー・スコリモフスキ監督最新作『EO イーオー』濱口竜介監督、渡辺真起子ら各界著名人よりコメントが到着!
『EO イーオー』新場面写真解禁!サンドラ・ジマルスカらロバの“EO”と出会う俳優陣が語る撮影&監督秘話も
イエジー・スコリモフスキ 7年ぶりの監督最新作『EO イーオー』日本版ポスター解禁!―5月5日(金)公開
「ポーランド映画祭2022」11/22(火)より開催!監修:イエジー・スコリモフスキ最新作『EO(原題)』など10作品を上映

↑上に戻る