『エスター ファースト・キル』イザベル・ファーマンがこれまでのキャリアを振り返り!オフィシャルインタビュー到着

エスター ファースト・キル

その巧妙かつ驚きのラストで話題となり、カルト的人気を誇る『エスター』の前日譚(エピソードゼロ)を描いた最新作『エスター ファースト・キル』(全国公開中)より、主演イザベル・ファーマンのオフィシャルインタビューが到着した。

前作で製作総指揮を務めていたレオナルド・ディカプリオに才能を見出され、10歳でエスター役に抜擢されたファーマン。エスターの二面性を巧みに表現した怪演は、世界中の映画評論家から“ここ数年の子役の演技の中で最も勢いのある例のひとつ”と称され大きな話題となった。それから14年を経て公開となった続編でも、その怪演ぶりは健在。すでに映画をご覧になった方からは、「見事に人怖。イザベル・ファーマンの続投に感謝!」、「エスターのサイコパスが炸裂してて最高だった!」、「まんま昔のエスターだった、すごい」、などと、23歳で子役を再演したファーマンの演技を絶賛する声がSNSに多く寄せられている。

再びエスターを演じることは、古い靴に再び足を通す感覚だったとファーマンは振り返る。「始めはエスターを演じることに恐怖心もあったけど、なにより周りの人が私ならできると信じてくれたのが大きかった。ウィリアム(監督)と話す中で、一作目とは違うビジョンをもっていると実感したので、この作品は成功すると確信したわ」と心境を明かしている。その後、はじめて読んだ脚本は、前作より複雑なサプライズが盛り込まれており、思わず脚本を読む手を止めて休憩するほど驚いたそう。

本作では、いかにしてファーマンを子供に見せるかということが大きな課題であり、周りの人物が厚底靴を履き身長差を出すなど様々な映画的トリックが用いられた。中でも、ボディダブル(代役)を務めた二人の少女の存在は大きく「二人のおかげで子供っぽい動作や仕草を表現することができた。彼女たちがいなければ、この映画は成り立たなかったわ」と語っている。

10歳で大ブレイクを果たした後、『ハンガー・ゲーム』や『アフター・アース』など数々の話題作に出演してきたファーマンだが、『エスター』で得たものは大きかったという。「10歳で大きな作品を任され、とてつもない責任を背負って挑んだのだけれど、作品をどれだけ大事に扱うか、愛情をもって接する姿勢を学んだわ。また、自分が実力がないと感じたとしても、周りの人が与えてくれたチャンスを大切にして、努力するということも」とコメントし、『エスター』の功績は彼女のキャリアに大きな影響を与えていた。

また、恐がりな性格のため、プライベートではあまりホラー映画を観ないという彼女に、日本の好きなカルチャーについて聞くと、「宮崎駿監督の作品は大好き。『コクリコ坂から』は、主人公の妹役で英語の吹き替えを担当したの。アメリカで公開する前に作品を観ることができて、感動したわ。『ハウルの動く城』や『千と千尋の神隠し』も好きよ」とジブリ愛を明かす意外な一面も。

最後に、日本のファンに向けて「今回来日したかったのですが、叶わなくて本当に残念です。前作『エスター』を愛してくれて、また本作を楽しみにしてくれてありがとうございます。みなさんが楽しんでくれることを願っています」とメッセージを送った。

イントロダクション
前作『エスター』では、裕福な一家、コールマン家が孤児院からエスターを養子に迎えるところから始まる。彼女は聡明で、画才もあり、家族に喜びを持って受け入れられ、親子として幸せな関係を築いていく…はずだった。彼女の真実を知った時、その結末に世界中が恐怖に飲み込まれ話題となった。日本でも大反響を呼び起こした『エスター』から14年。エスターはいかにして凶暴性を秘めたサイコパスへと覚醒したのか。
本作では、オルブライト家を舞台に彼女の衝撃的な過去が明らかとなる。

当時10歳でエスターを演じたイザベル・ファーマンが23歳(※本作撮影時)にして子役を再演。監督は、『ザ・ボーイ ~残虐人形遊戯~』(20)のウィリアム・ブレント・ベルがつとめ、脚本を『パラサイト 禁断の島』(19)のデヴィッド・コッゲシャルが手がけた。また、オルブライト家の母親役に『ボーン』シリーズ(02~07)のジュリア・スタイルズ、父親役には『逆行』(15)のロッシフ・サザーランド、息子役に『傲慢な花』(22)のマシュー・アーロン・フィンラン、そして事件に関わる刑事役には『GODZILLA ゴジラ』(14)のヒロ・カナガワが出演する。

ストーリー
裕福な一家、オルブライト家には4年前に行方不明となった一人娘のエスターがいた。だがある日、警察からエスターが見つかったという朗報が入る。父、母、兄は数年振りの再会という信じられない奇跡にこの上ない喜びを感じ、成長したエスターを迎え入れる。当時6歳だった彼女は時をへて10歳になっていた。これから幸せな生活が始まる…そう思っていた。この娘が、どこかが変だと気づくまでは。

作品タイトル:『エスター ファースト・キル』
出演:イザベル・ファーマン ジュリア・スタイルズ ロッシフ・サザーランド マシュー・アーロン・フィンラン
監督:ウィリアム・ブレント・ベル
脚本:デヴィッド・コッゲシャル
原案・製作総指揮:デヴィッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック
プロデューサー:アレックス・メイス/ハル・サドフ/イーサン・アーウィン
(アメリカ/99分/R-15/カラー/5.1ch)
配給:ハピネットファントム・スタジオ

公式サイト:https://happinet-phantom.com/esther/
公式Twitter:@esther_movie
コピーライト:(C) 2021 ESTHER HOLDINGS LLC and DC ESTHER HOLDINGS, LLC. All rights reserved.

TOHOシネマズ日比谷 他全国公開中

関連記事:
【レポート】『エスター ファースト・キル』主演イザベル・ファーマンと上杉みち(ロバート秋山)が奇跡のコラボ!
『エスター ファースト・キル』別人になりすましたエスターの狂気が母に襲い掛かる!心理戦が繰り広げられる本編映像解禁
『エスター ファースト・キル』特別映像4種解禁!サイコパス少女の過激すぎるライフスタイルとは ―3月31日(金)公開
映画『エスター ファースト・キル』4年振りに帰ってきた娘は別人だった――エスター誕生の瞬間を捉えた本編映像が解禁!
『エスター ファースト・キル』10歳になって戻ったエスター、かわいいけど、何かがおかしい…場面写真解禁!
『エスター ファースト・キル』本予告映像&日本版ポスタービジュアル解禁!―3月31日(金)公開
『エスター ファースト・キル』来年3月公開決定!あの娘が“そのままの姿”で帰ってくる…ティザービジュアル&超特報映像も

↑上に戻る