『ハロウィン THE END』本日公開!45年に渡るローリーと殺人鬼ブギーマンの最終決戦を収めた本編映像が解禁

『ハロウィン』シリーズ最終章となる『ハロウィン THE END』(本日公開)より、45年に渡るローリーと殺人鬼ブギーマンの最終決戦を収めた本編映像と、ジェイミー・リー・カーティスが語る撮影エピソードが到着した。

前作から4年、忽然と姿を消した殺人鬼ブギーマンことマイケル。彼の凶刃から生き延びたローリーは、孫娘のアリソンと共に平穏な日常を取り戻しつつあった。しかし、悲しい過去をもつ孤独な青年コーリーがマイケルと遭遇したことをきっかけに、再びマイケルの狂気がハドンフィールドの住民を襲うのだった。今回解禁された映像は、マイケルの凶行を止めるのは自分しかいないと、長年の因縁に決着をつけるべく決意したローリーがマイケルを迎え撃つ場面。物置に隠れるローリーに、一歩一歩マイケルが忍び寄る恐怖に息を飲む映像になっている。

長い年月の間、ある種の運命共同体のような特殊な絆で繋がっているローリーとマイケル。最終決戦の撮影では、演じるカーティスたちの胸に特別な思いが去来していた。最終シーンの格闘の確認中に感極まり、二人で涙を流す場面も。カーティス自身も、最終決戦はエモーショナルなものになったといい、「1978年のオリジナルが成功した理由は、ローリーに観客が感情移入できたから。彼女は穏やかな所があり、アメリカ的な希望や夢を感じるし、知的でイノセント。だからこそ、狂人にひどい目に遭わされる時、観客が彼女を心配する気持ちをもってくれた。自分自身も若きローリーから感じたエモーションが44年間続いているからこそ、最後のエンディングはエモーションじゃなければいけなかった」とコメントを寄せている。

ストーリー
殺人鬼ブギーマンことマイケル・マイヤーズが再びハドンフィールドを恐怖に陥れた事件から4年が経ち、街は少しずつ平穏な日常を取り戻しつつあった。マイケルの凶刃から生き延びたローリー・ストロードは孫娘のアリソンと暮らしながら回顧録を執筆し、40年以上にわたりマイケルに囚われ続けた人生を解放しようとしていた。しかし、暗い過去をもつ青年コーリーが、4年間、忽然と姿を消していたマイケルと遭遇したことをきっかけに、新たな恐怖が連鎖し始める。ついにローリーは、長年の因縁に決着をつけるべく、マイケルと最後の対峙を決意するー!!

作品タイトル:『ハロウィン THE END』
出演:ジェイミー・リー・カーティス、アンディ・マティチャック、ローハン・キャンベル、ウィル・パットン、カイル・リチャーズ、ジェームズ・ジュード・コートニー
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ポール・ブラッド・ローガン、クリス・ベルニエ、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ダニー・マクブライド
製作総指揮:ジョン・カーペンター、ジェイミー・リー・カーティス、ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン
製作:マレク・アッカド、ジェイソン・ブラム、ビル・ブロック
2022年/アメリカ/カラー/スコープサイズ/英語/原題:HALLOWEEN ENDS/111分/R15+
配給:パルコ ユニバーサル映画

公式サイト:https://halloween-movie.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/HALLOWEEN_MOV
コピーライト:(c)2022 UNIVERSAL STUDIOS

4月14日(金)、TOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開

関連記事:
【レポート】『ハロウィン THE END』ゆうちゃみがブギーマンのサプライズに絶叫!自身の恐怖体験エピソードも
シリーズ最終章『ハロウィン THE END』メイキング映像が解禁!ジェイミー・リー・カーティス「ものすごく強烈」
シリーズ最終章『ハロウィン THE END』日本版本予告映像解禁!ナレーションは声優・安元洋貴 ―コメントあり
『ハロウィン THE END』場面写真一挙解禁!恐怖は形を変え、ヤツが再び…ローリーvsマイケル因縁の対決が幕を開ける
『ハロウィン THE END』4月14日(金)公開決定!壮絶なラストを想像させる特報&ポスタービジュアル&前売り特典情報解禁
シリーズ最終章『ハロウィン THE END』来年4月公開決定!ジェイミー・リー・カーティスのコメント付き超特報映像が解禁

↑上に戻る