『ヒューマン・ボイス』場面写真一挙解禁!アルモドバルがこだわりぬいたハイセンスなファッションとインテリアの背景とは

ヒューマン・ボイス

ペドロ・アルモドバル監督最新作『ヒューマン・ボイス』(11月3日(木・祝)公開)より、場面写真が一挙解禁された。

ペドロ・アルモドバル監督の『パラレル・マザーズ』と同日公開される本作は、フランスの芸術家ジャン・コクトーの名作戯曲「人間の声」を翻案し、初めて全編英語劇に挑戦した、ティルダ・スウィントンの一人芝居で魅せる30分間の短編作品。

本作は、監督がこだわりぬいたインテリアとファッションが随所にちりばめられており、観ているだけで眼福なハイセンスな装飾がほどこされている。ファッションにおいては30分の中で6回以上の衣装の変更が行われ、デムナがデザインした「バレンシアガ」のものが大半を占めている。なお、冒頭のクレジット前の部分はオペラのプロローグを思わせる演出になっているが、監督のお気に入りのトマトレッドの色合いが含まれるドーム型ドレスを着用したティルダが登場する。着用しているのは、バレンシアガのクリノリンドレス(2020年春コレクション)。

このドレスの着用理由についてティルダは「衣装デザイナーであるソニア・グランデは、私たちの前に、選択できる珍味の並外れた饗宴を広げました。しかし、フィルムに必要なパーツ、色は非常に迅速かつ簡単に明らかになり、それらはペドロの世界でその瞬間を求めていました。監督の世界観は、今ではそれ自体の特定の風景として非常に認識されているため、その詳細は、あたかも磁石によってその確立された空間の言語に引き寄せられるかのように選択されます。彼との撮影の経験を通して、私はその磁石の魅力を見つけました。同時にそれは予想外で新鮮に感じられました」と明かした。

その他、ハードウェア店で着用された男性的な単色のターコイズ色のスーツ(バレンシアガ2020リゾートコレクション)・劇的な最終シーンの直前に選ぶ、金のラメパンツと黒い革のジャケット(ドリス・ヴァン・ノッテン)など、監督独自の色彩感覚で構成された豪華なスタイリングによって、幻想的な世界を作り出した。

この背後にある考え方について、本作で衣装を担当したソニア・グランデは「監督は退屈でありふれた服が嫌いです。彼は大変グラフィックでセンスが良いです。キャラクターがファッションで非常に間違った生活を送っている場合でさえも、異常にこだわります」と明かす。本作の主人公のように悲嘆に暮れ、落ち込んでいる女性が服を着替えないことは、実生活の多くの人々が絶望と同一視するものを模倣することになるので、衣装の変更頻度は「キャラクターの考え方と行動の根本的な変化、自尊心の回復、より力強いパンクな女性」を象徴することを意図しているのだ。

また、色とインテリアのデザインも監督にとって非常に重要なもので、「監督にとって、色使いは常にもう1つの物語の登場人物であり、本作において必要不可欠でした」と語るのは美術監督のアンチョン・ゴメス。今回、映画撮影用のサウンドステージの中に組み立てられている一室が舞台になっているが、この風変わりなセットに命を吹き込むために、思考を凝らしたという。「オープンに構築された空間のおかげで、物語全体を通してキャラクターを追うことができました。コクトーの演劇により忠実になるように、サウンドステージで映画を上映することは監督のこだわりでした」と回顧。

この独自の世界観を実現するために、明るいモダンな家具から原色の家具まで、世界中からよりすぐりのコレクションを取り寄せた。「ロサンゼルス、パリ、イタリア、マドリッドから集めました。また、いつものように、監督のプライベート コレクションの作品も多数使用しました。数々のインテリアたちは、主人公が直接関与していなくても、彼女はその一部であり、キャラクターとリンクしています」とコメント。

絵画に関しては、寝室にあるアルテミジア・ジェンティレスキの「眠れるヴィーナス(ヴィーナスとキューピッド)」以外は、ほぼすべて監督自身の作品や私物で、その中の一点をティルダにプレゼントしたそう。「背面にメッセージを書いて贈ってくれました。驚くほどの寛大なプレゼントで、現在は私の自宅で誇らしげに飾っています。見るたびに純粋な喜びの衝撃を与えてくれます」と話した。

他にもテーブル上には、是枝裕和監督作品『万引き家族』をはじめ、『キル・ビル』『ファントム・スレッド』『ティファニーで朝食を』『風と共に散る』等、たくさんのDVDや書籍が置かれており、映画ファンには溜まらないアイテムも使用されている。ハイセンスなインテリアで彩られたセットは、アルモドバルの世界観を存分に引き出し、映画において欠かせない重要な要素であることがうかがえる。

ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス
ヒューマン・ボイス

ストーリー
1人の女が元恋人のスーツケースの横で、ただ時が過ぎるのを待っている。スーツケースを取りに来るはずが、結局姿を現さない。傍らには、主人に捨てられたことをまだ理解していない落ち着きのない犬がいる。女は待ち続けた3日間のうち、1度しか外出をしていない。その外出先で、斧と缶入りガソリンを買ってくる。女は無力感に苛まれ、絶望を味わい、理性を失う。様々な感情を体験したところで、やっと元恋人からの電話がかかってくるが…

作品タイトル:『ヒューマン・ボイス』
出演:ティルダ・スウィントン アグスティン・アルモドバル ダッシュ(犬)
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
原作:ジャン・コクトー「人間の声」
2020/スペイン/英語/30分/カラー/5.1ch/ドルビーデジタル/アメリカンビスタ/原題:THE HUMAN VOICE 字幕翻訳:松浦美奈 G
提供:木下グループ
配給:キノフィルムズ

コピーライト:(C) El Deseo D.A.

11月3日(木・祝) ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテ 他公開

関連記事:
ペドロ・アルモドバル監督最新作、ティルダ・スウィントンが一人芝居で魅せる短編劇『ヒューマン・ボイス』11月公開決定!

↑上に戻る