『禁じられた遊び』恐ろしいのに美しい…怨霊モンスター 美雪のビジュアル第2弾が解禁!その容姿の一部が遂に明らかに

禁じられた遊び

橋本環奈と重岡大毅(ジャニーズWEST)がW主演を務める映画『禁じられた遊び』(9月8日(金)公開)より、【美雪ビジュアル第2弾】が解禁された。

ホラー映画『カラダ探し』の大ヒットも記憶に新しい橋本と今回が初のホラー作品の出演となる重岡は、本作が初共演。橋本は映像ディレクターの倉沢比呂子を演じ、重岡は比呂子の元同僚・伊原直人を演じる。

監督を務めるのは、『リング』(1998)、『スマホを落としただけなのに』(2018)、『事故物件 怖い間取り』(2020)などを世に送り出してきた中田秀夫監督

その中田監督が、企画プロデュースを務める平野隆と2年ぶりのタッグを組んで贈る本作は、デビュー作で第4回「本のサナギ賞」大賞を受賞した作家・清水カルマのホラー小説の映画化。海外の映画配給会社からも注目され、既に47カ国から上映・配信オファーが寄せられている。

そして、今回新たに解禁となった美雪ビジュアルには、土山に指を埋める子ども・春翔の背後に、暗闇から浮き出てくるかのような美雪が写っている。

先日解禁された「目」から一変、今回到着したビジュアルではその姿形が微かながらに見え始めた。美雪の青白い肌には植物のような黒い管が不気味に這っており、爪には黄色いマニキュアが施されている…。一部、生前の姿をも彷彿とさせるが、美しいその名前とは裏腹の恐ろしい怪異となってしまったことがうかがえる。

直人の愛する妻であり、春翔の優しい母親である「美雪」。亡くなったはずの彼女が、春翔の純粋無垢な想いとともに唱えられた“エロイムエッサイム”という呪文によって蘇ってしまう。怨念にまみれ、嫉妬に狂い、どこまでも追いかけてくる美雪からは、“絶対に逃げられない”――。

「もうすぐ会えるね。」と、徐々にその姿を見せてきた美雪。蘇り、目の前に現れるまであともう少し…。美雪を駆り立てる怨念の正体とは果たして何なのか。そして、怪異として蘇る美雪を演じているのは一体<誰>なのか。

『禁じられた遊び』は9月8日(金)公開。

ストーリー
エロイムエッサイム、エロイムエッサイム… その言葉は、最凶の禁忌<タブー>
死者を蘇らせる、「禁断のあそび」が、始まる

「トカゲはね、尻尾が切れても、また生えてくるんだ。」
「本当?じゃあ、この尻尾からまたトカゲが生えてくるの?」
「ああ。土に埋めて、おまじないするとまた生えてくるんだよ。」
微笑ましい親子の日常。庭に響く、少年の唱えるおまじない…それは、他愛ない冗談のはずだった。
が、そんな幸せな日々が一転――家族に悲劇が起きてしまう。
映像ディレクター・倉沢比呂子は、かつての同僚である伊原直人の家で、
庭の盛り土に向かい、不可解なおまじないを唱え続ける直人の息子・春翔を目撃する。
謎の呪文、トカゲの尻尾、指、白い影、蠢く盛り土、封印された家…
そして彼女の身に異常な現象が起こりはじめる。それは、子どもの純粋な願いによって解き放たれた災いだった。

この庭には、何かがいる。

最凶の禁忌が比呂子と直人に襲いかかる!
果たして、2人はこの迫りくる恐怖から逃れられるのか――?

作品タイトル:『禁じられた遊び』
出演:橋本環奈 重岡大毅(ジャニーズWEST)
原作:清水カルマ『禁じられた遊び』(ディスカヴァー文庫)
監督:中田秀夫(『リング』『スマホを落としただけなのに』『事故物件 恐い間取り』)
脚本:杉原憲明
企画・プロデュース:平野隆(『スマホを落としただけなのに』『糸』『ラーゲリより愛を込めて』)
プロデューサー:小杉宝 岡田有正 大脇拓郎 田口雄介
配給:東映

公式サイト:https://kinjirareta-asobi.jp/
公式Twitter:@kinjirareta_asb
コピーライト:(C)2023映画『禁じられた遊び』製作委員会

2023年9月8日(金)全国ロードショー

関連記事:
橋本環奈×重岡大毅『禁じられた遊び』“ずっと、見てるよ。”土の中からじっと見つめる目…第1弾美雪ビジュアル解禁!
橋本環奈&重岡大毅W主演『禁じられた遊び』心拍数上昇【要注意】の特報新映像解禁!47カ国から上映・配信オファーも
橋本環奈&重岡大毅W主演『禁じられた遊び』9月8日(金)公開決定!最新ティザービジュアル&超特報映像も解禁

↑上に戻る