ポール・トーマス・アンダーソン監督『リコリス・ピザ』公開決定 ―本年度アカデミー賞(R)作品賞含む3部門にノミネート

本年度のアカデミー賞(R)に作品賞含む3部門(作品賞、監督賞、脚本賞)にノミネートされている映画『リコリス・ピザ』が、7月1日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国公開することが決定した。

トム・クルーズ主演『マグノリア』でベルリン国際映画祭金熊賞、アダム・サンドラー主演『パンチドランク・ラブ』でカンヌ、ホアキン・フェニックス主演『ザ・マスター』でヴェネチア、ダニエル・デイ=ルイス主演『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』でベルリンと世界三大映画祭すべてで監督賞を受賞し、常に世界中の映画ファンが新作を心待ちにしているポール・トーマス・アンダーソン。
その最新作が、現在、全米の映画賞を席巻し、アカデミー賞(R)作品賞、監督賞、脚本賞の3部門にノミネートされているのが、本作『リコリス・ピザ』だ。オリジナル脚本の完成度の高さ、登場する細かな脇役に至るまで行き届いた演出が高く評価されている。
1970年代のアメリカ、サンフェルナンド・バレーを舞台に、実在の人物や出来事を背景にアラナ(アラナ・ハイム)とゲイリー(クーパー・ホフマン)が偶然に出会ったことから、歩み寄りすれ違っていく恋模様を描き出す。

主演は三人姉妹バンドハイムのメンバーであるアラナ・ハイムとポール・トーマス・アンダーソン監督の盟友フィリップ・シーモア・ホフマンの息子であるクーパー・ホフマン。ともに本作で鮮烈な映画デビューを飾り、主演女優賞やブレイクスルー賞を総なめに。
共演はショーン・ペントム・ウェイツブラッドリー・クーパー、ベニー・サフディと各界のレジェンドが集結しているのも見逃せない。そのほか、11月の全米公開から現在に至るまで全米の映画賞を席巻している。

ポール・トーマス・アンダーソン監督(右)

作品タイトル:『リコリス・ピザ
出演:アラナ・ハイム、クーパー・ホフマン、ショーン・ペン、トム・ウェイツ、ブラッドリー・クーパー、ベニー・サフディ
監督・脚本・撮影:ポール・トーマス・アンダーソン
配給:ビターズ・エンド、パルコ ユニバーサル映画

公式サイト:licorice-pizza.jp
コピーライト:(c) 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

7月1日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

↑上に戻る