『マトリックス レザレクションズ』12月17日公開決定!キアヌらキャスト陣が『マトリックス』を語る特別映像解禁

マトリックス レザレクションズ

『マトリックス』の新章『マトリックス レザレクションズ』の日本公開日が12月17日(金)に決定した。全米公開の12月22日に先駆けての公開となり、IMAX(R)、Dolby Cinema(TM)での上映も早々に決定している。さらに今回、本作に出演する豪華キャスト陣が『マトリックス』の衝撃を振り返る、特別映像も到着した

1999年、1作目が公開されるや、これまで誰も観たことが無い未曾有の映像体験で世界中を熱狂させた『マトリックス』。我々の生きるこの世界が、実は仮想世界であるという衝撃的な設定。アクション映画の概念を塗り替えた超絶アクション、緑にきらめくマトリックス・コード、クールでかっこいいネオとトリニティーのルック、斬新な映像と撮影手法、VFXとカンフーの組み合わせや、日本のアニメから影響を受けた異文化的斬新なアクションなど、その衝撃は今も人々の脳裏に焼き付いている。そして映画の域を超え、映像/カルチャー/クリエイター/概念等、今日我々が目にする様々なものが『マトリックス』からの影響を受けているといっても過言ではない、まさに映像革命を起こした作品だ。

特別映像に登場するのは、主演のキアヌ・リーブスをはじめ、トリニティー役のキャリー=アン・モス、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット・スミスら前作からの続投キャスト。さらに、ネオを導くモーフィアス役のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(『アクアマン』のブラックマンタ役など)、ネオの宿敵エージェント・スミス役のジョナサン・グロフ(Netflixオリジナルシリーズ「マインドハンター」主人公のFBI捜査官ホールデン役など)、ほかにもニール・パトリック・ハリスジェシカ・ヘンウィックプリヤンカー・チョープラーなど、新章で初登場するキャスト陣も多数登場し、『マトリックス』の印象的なシーンと共に、自身が『マトリックス』と出会った時の感動や衝撃、後世に与えた影響についてそれぞれ語る様子が収められている。

主演のキアヌは、「『マトリックス』を作ることは、自分を超えた新しい世界への挑戦だった」と当時を振り返ると共に、「『マトリックスで人生が変わった』と言われたら、『ありがとう、僕もだよ』と答えているんだ」と、作品の影響力の高さをキアヌならではの温かみ溢れる言葉で表現。

キャリー=アン・モスは、本作で人生が大きく変わったことを「一生に一度のチャンスだった」と表現し、「『よけてみな(Dodge this.)』があんなに有名になるなんて!」と多くのファンに愛されている劇中セリフに言及している。

尚、ムビチケの発売も決定。ムビチケカードのデザインには、黒い背景に緑色の文字が流れる、作品を象徴する印象的な「マトリックス・コード」が採用されている。

そのDNAが時代を超えて様々なカルチャーに脈々と受け継がれている『マトリックス』の新章、『マトリックス レザレクションズ』。メガホンを取るのは、『マトリックス』シリーズの生みの親であり、シリーズ全作品を監督しているラナ・ウォシャウスキー。本作でも最新のVFXによって創り出される現実と見紛う仮想世界と、まるで悪夢のような現実世界、そして数々の画期的な発明によって撮影されたアクションシーンなど、『マトリックス レザレクションズ』でしか見ることのできない唯一無二の映像革命を見せてくれる。

『マトリックス レザレクションズ』は12月17日(金)より全国公開。

マトリックス レザレクションズ
マトリックス レザレクションズ
ムビチケ

作品タイトル:『マトリックス レザレクションズ』
出演:キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ジェイダ・ピンケット・スミス、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、プリヤンカー・チョープラー、ニール・パトリック・ハリス、ジェシカ・ヘンウィック、ジョナサン・グロフ、クリスティーナ・リッチ
監督:ラナ・ウォシャウスキー
原題:『THE MATRIX RESURRECTIONS』
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:matrix-movie.jp
公式Twitter:@matrix_movieJP #マトリックス #マトリックス復活
コピーライト:(c)2021 WARNER BROS. ALL RIGHTS RESERVED

12月17日(金)より全国公開!

関連記事:
■ 『マトリックス レザレクションズ』初の予告編、全世界一斉解禁!「鬼滅の刃」TV放送でも30秒スペシャル映像地上波放映
■ 『マトリックス レザレクションズ』12月公開&邦題決定!ビジュアル&世界初のインタラクティブ・トレーラーも解禁

↑上に戻る