三上康雄脚本・監督、渾身の時代劇映画『武蔵―むさし―』2019年初夏全国公開決定!ティーザーチラシ&写真一部解禁

武蔵―むさし―史実に基づくオリジナルストーリーで「本物の武蔵」と武蔵に関わる人物たちを描く映画『武蔵ーむさしー』が、2019年初夏、有楽町スバル座ほか、全国公開することが決定した。
武蔵と、吉岡清十郎、吉岡伝七郎、吉岡一門との一乗寺下がり松、鎖鎌の宍戸、十字槍の道栄、そして、佐々木小次郎との巌流島の決闘の殺陣と真実。歴史のうねりのなか、十二名にも及ぶ主要登場人物それぞれの生きざまと正義が複層する緊迫感あふれる重厚なストーリー。
主な出演者は、細田善彦、松平健、目黒祐樹、水野真紀、若林豪、中原丈雄、清水綋治、原田龍二、遠藤久美子、武智健二、半田健人、木之元亮。脚本・監督は、時代劇映画ファンに圧倒的な支持を受け、海外12カ国でも絶賛された『蠢動-しゅんどう-』の三上康雄。オールロケによる徹底したリアルな映像の本格正統時代劇映画である。

この度完成したティーザーチラシは、まさに“歴史のうねり”と“波乱の物語”を暗示させるような波濤のビジュアル。2019年初夏の全国公開に向けて、本篇完成への期待がますます高まっている。

画像01

画像02

脚本・監督・編集:三上康雄さん コメント
「複層化する群像劇を、日本映画界に欠かせぬ俳優陣、時代劇映画に精通したスタッフ、オールロケのリアルな映像、武道をベースにした迫力の殺陣シーン、オリジナルの刀の製作等、とことん本物にこだわり、徹底して描きました。史実を事細かく調べると歴史のうねりという一本の太い線となり、武道を探求すると武蔵の勝因が理解できました。本作では、歴史のうねりを縦軸に、武蔵の正義、吉岡一門の正義、小次郎の正義、細川家の正義、公儀の正義の激突を横軸に、過去、誰もが描かなかった「本物の武蔵」の映画に挑みます。」

画像03

作品タイトル:『武蔵』
出演:細田善彦、松平健、目黒祐樹、水野真紀、若林豪、中原丈雄、清水綋治、原田龍二、遠藤久美子、武智健二、半田健人、木之元亮
脚本・監督・編集:三上康雄
製作:株式会社三上康雄事務所
海外タイトル:MUSASHI
宣伝:株式会社アティカス
配給:アークエンタテインメント株式会社

公式サイト:http://www.musashi-movie.jp
コピーライト:(c)2019三上康雄事務所

2019年初夏、有楽町スバル座ほか、全国ロードショー!

↑上に戻る