ログイン

憧れのプール付き物件は、訳アリ…?『M3GAN/ミーガン』のタッグが贈る最新作『ナイトスイム』特報解禁!

ナイトスイム

『エクソシスト/信じる者』『透明人間』『ゲット・アウト』のブラムハウス・プロダクションズと、『ソウ』『死霊館』のジェームズ・ワンが、『M3GAN/ミーガン』に続き再び最恐タッグで放つ最新作『ナイトスイム』(原題:NIGHT SWIM)が、2024年夏日本公開となることが決定し、超特報映像が解禁された。

昨年、全米公開された『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』(日本公開:2024年2月9日(金))がブラムハウス史上最高興収記録を更新し、創設者でありCEOのジェイソン・ブラムが1月29日(月)初来日を迎え、ますます注目度最高潮のブラムハウス・プロダクションズ。今作の恐怖の舞台は、憧れて購入した郊外のプール付き<物件>。…でも“何かがおかしい”。

思い詰めたような表情をした少年が姉イジーに打ち明ける。「うちのプール、変だよ」と…。深夜、親に隠れて恋人を自宅のプールに誘ったイジーは「マルコポーロ(アメリカでポピュラーなプール鬼ごっこ)」に興じる。鬼役の彼女からの「もういいかい?」の呼びかけに、彼氏の反応が途絶える。静寂の中、すべての照明が消え、不気味な「もういいよ」の声が聞こえたかと思うと、突如プールの奥底へと引きずり込まれる―。憧れのプール付き物件を購入したものの、“何か変“な家。さらなる恐怖が絶え間なく家族に襲い掛かる!

監督のブライス・マクガイアは、ロッド・ブラックハーストと共同で自身が2014年に発表し大絶賛されたショートフィルムをベースに長編映画化。それはまるで本作のプロデューサーであるジェームズ・ワンがリー・ワネルと生み出したショートフィルムを長編化し大成功させた『ソウ』の再来を想起させる。

もうひとりのプロデューサー、ジェイソン・ブラムも本作について「恐ろしくて感動的で、観客はこう自問し続けるハメになる。『もし自分の身に起こったらどうするだろう?』」と自信をのぞかせており、その期待通り、2024年年明け早々に公開された北米ではオープニング週末初日に興行収入No.1を記録(2024年1月5日(金)北米公開、興行収入5,246,275ドル<約7.7億円 ※1/17現在レート> ※Box Office Mojo調べ)、ファンの期待と興奮がうかがえる好スタートを切った。

新時代のスリラーを描き、観る者を恐怖の虜にした『M3GAN/ミーガン』に続き、ヒット作を続々と世に放つブラムハウスとジェームズ・ワンのプール付き〈訳アリ物件〉で起こる怪奇現象。日本の夏を恐怖へと引きずり込む1本になりそうだ。

目次