映画『パリ、嘘つきな恋』これから始まるラブストーリーを予感させるポスタービジュアル&特報解禁!5月24日(金)全国公開

パリ、嘘つきな恋本国フランスで動員200万人超の大ヒット。フランス全土が恋をした、とびきり楽しくて、心ときめくラブストーリー『パリ、嘘つきな恋』が2019年5月24日(金)より新宿ピカデリー他で全国公開となる。この度、本作の特報映像とポスタービジュアルが解禁された。

本作は “イケメンでお金持ちだが女性に求めるのは一時的な関係だけ”という軽薄な男・ジョスラン(フランク・デュボスク)が、自分がついてしまったトンデモナイ嘘をきっかけに最高で本物の恋に目覚めていく姿を描いた、大人のための極上のフレンチ・ラブストーリー。監督・脚本・主演を務めるのは本作で監督デビューを果たしたフランスで大人気のコメディアン、フランク・デュボスク。車椅子生活ながらも行動力とユーモア、優しさに溢れた魅力的な女性・フロランスを、アカデミー賞俳優ジャン・デュジャルダンの元妻アレクサンドラ・ラミーが演じる。

今回解禁されたポスターは2人のデート中の1シーンを切り取ったもの。フロランスに嘘をついていることをまだ言い出すことが出来ず、罪悪感から少し困惑した表情のジョスランとは対照的に、彼をもっと知ろうとして魅力的な笑顔をまっすぐにジョスランへと向けるフロランスの姿が、これから始まるロマンチックなラブストーリーを予感させるビジュアルとなっている。

併せて解禁された特報は、ジョスランの亡くなった母が遺した車椅子にたまたま座っていると、偶然その場へ訪ねてきた美しい女性ジュリーと遭遇するシーンから始まる。
ジョスランが“歩けない”と勘違いして助けを申し出るジュリーだったが、ジョスランは彼女の気を惹くためにその勘違いを利用、思わず「よろしく」と嘘をついてしまう。そんな彼の計画も知らずに、ジュリーは姉のフロランス(アレクサンドラ・ラミー)をジョスランに紹介。フロランスは以前事故に遭い車椅子生活を送っているが、バイオリニストとして世界を飛び回る傍ら、車椅子テニスプレーヤーとしても活躍する魅力的な女性だった。自分の思惑と違う展開に最初は困惑したジョスランだが、フロランスとの車椅子デートを重ねるにつれ、彼女にどんどん惹かれていってしまう。なんとか本当のことを伝えようと「いい嘘ってあるよね?」と、意を決して車椅子から立ち上がり、最初についた嘘を告白しようとするジョスランだったが、フロランスからは「ないわ」というシビアな返答。それを聞いてまた告白する勇気を失ってしまう。
ジョスランは果たしてフロランスに真実を打ち明けることができるのか?そして、彼女が真実を知った時、2人の関係は――?これまで遊びの恋を楽しんできたジョスランが初めて落ちた本気の恋に戸惑いながらも、フロランスと向き合おうとする不器用な姿はユーモアに溢れ、心トキメク映像となっている。

作品タイトル:『パリ、嘘つきな恋』
出演:フランク・デュボスク、アレクサンドラ・ラミー(「グレート デイズ! -夢に挑んだ父と子-」)
監督・脚本:フランク・デュボスク
製作国:フランス
制作年:2018年
英題:Rolling to You
原題:Tout le Monde Debout
上映時間:108分
配給:松竹株式会社

コピーライト:(c) 2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public

2019年5月24日(金)新宿ピカデリーほか全国公開!

■ フランスで200万人を動員!嘘を抱えたプレイボーイなビジネスマンの恋の行方は?映画『パリ、嘘つきな恋』5/24(金)公開

↑上に戻る