多部未華子が『流浪の月』で松坂桃李に寄り添う看護師役で出演決定!コメントも到着

流浪の月

広瀬すずと松坂桃李をダブル主演に迎えた李相日監督最新映画『流浪の月』(2022年全国公開)に、第3弾キャストとして多部未華子の出演が決定した。

本作は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる小説が原作。10歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗を広瀬すずが、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文を松坂桃李が演じる。そして事件から15年後に文と再会してしまう更紗の現在の恋人・亮を横浜流星が演じる。

いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”という烙印を背負い、息を潜めるように生きてきた2人。誰にも打ち明けられない秘密をそれぞれに抱えたまま、15年後に再会した2人が選んだ道とはーー?

そして、本作で多部未華子が演じるのは、癒えない心の傷を抱える佐伯文(松坂桃李)に寄り添う看護師、谷あゆみ。『アイネクライネナハトムジーク』や、主演作『空に住む』、「私の家政夫ナギサさん」(TBS系火曜ドラマ)などの話題作に出演し、多彩な表情をみせる多部未華子が、この物語にさらなる奥行きを与える。

なお、多部未華子李相日監督から到着したコメントは以下の通り。

コメント(敬称略)

■ 多部未華子(谷あゆみ役)
とても過酷な環境におかれている主人公のお話なのに、どこか温かく純粋で無垢な雰囲気がするとても魅力的な脚本だと思いました。
李監督とご一緒するのは初めてで、事前に色々な噂話を聞いていたので(笑)目を合わせるのも怖い…という印象でしたが、少ない時間の中で自分の役者としての何か(それを言葉にするのは難しいですがその何か)を得られたら嬉しいと思いました。
監督は、よく下を向いて考え事なのか悩んでいるのか、そういう立ち姿をよく見ることがあり、その長い時間の後になにを言われるのかいつもドキドキして、監督の前でお芝居をすると見透かされるというか、嘘がつけないと思うところがたくさんあります。
広瀬さん、松坂さんお二方とも、全身全霊で演じていらっしゃるのを現場にいる佇まいから強烈に感じ取ることができ、本当に心から尊敬します。
数少ないシーンで谷の繊細な心情や苦悩を伝えるのが難しいですが、私も頑張ります。

■李相日監督
初めてお会いした時の、多部さんの聞こうとする力。全神経を張りつめて僕の言葉に耳を傾ける迫力にたじろぐ思いでした。
親しみやすい容貌で、“欲深さ”とは縁遠い印象の多部さんですが、だからこそ、愛する人の心に触れられない焦燥感をどう炙り出してくれるのか興味が尽きません。
撮影中も、唇を結んで、演じる不安とひたむきに格闘する姿を見るにつけ、彼女の誠実さを感じずにはいられませんでした。

原作書影

イントロダクション
恋愛、友情、家族愛……そんな既存の言葉では括れない、限りなく稀有な2人の関係性をスクリーンに描き出すのは、『悪人』『怒り』などの李相日監督。さらに、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング』『哭声/コクソン』『母なる証明』など、韓国映画史に残る作品を次々手がけてきた撮影監督 ホン・ギョンピョ、『キル・ビル Vol.1』『ヘイトフル・エイト』『フラガール』『悪人』『三度目の殺人』など、世界を股にかけて活躍する美術監督 種田陽平ら、国境を越えた才能が集結する。

ストーリー
雨の夕方の公園で、びしょ濡れの10歳の家内更紗に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2か月を過ごすことになる。が、ほどなく文は更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後。“傷物にされた被害女児”とその“加害者”という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。が、更紗のそばには婚約者の亮がいた。一方、文のかたわらにもひとりの女性が寄り添っていて…

作品タイトル:『流浪の月』
出演:広瀬すず 松坂桃李 / 横浜流星 多部未華子
脚本・監督:李相日
原作:凪良ゆう「流浪の月」(東京創元社刊)
製作幹事:UNO-FILMS(製作第一弾)
共同製作:ギャガ、UNITED PRODUCTIONS
配給:ギャガ

公式サイト:gaga.ne.jp/rurounotsuki/
コピーライト:(c)2022「流浪の月」製作委員会

2022年全国ロードショー

 

関連記事:
広瀬すず×松坂桃李W主演、李相日監督『流浪の月』第2弾キャストとして横浜流星の出演が決定!コメントも到着
本屋大賞受賞の同名小説がW主演:広瀬すず&松坂桃李×監督:李相日のタッグで映画化決定!『流浪の月』2022年公開

↑上に戻る