プラバース主演×プラシャーント・ニール監督『SALAAR/サラール』死闘を繰り広げる熱い場面写真が解禁 

画像1

『バーフバリ』シリーズのプラバース主演、『K.G.F』シリーズのプラシャーント・ニール監督が贈る『SALAAR/サラール』(7月5日(金)公開)の場面写真が解禁された。

インド全土が恐れる謎の都市国家“カンサール”の王座をめぐる骨肉の権力バトルを描く本作は、テルグ語圏(※1)の映画としては『バーフバリ 王の凱旋』『RRR』に次ぐ史上3位の興行記録を打ち立て、すでに第二弾も製作中の壮大なヒーローアクション叙事詩。

プラバース扮する主人公デーヴァの前に立ちはだかるのは、1000年以上続く都市国家“カンサールと”、その息がかかったインド全域の犯罪集団。しかしどれだけ多勢に無勢でも、どれだけ敵が強力でも、王位継承争いに巻き込まれた親友ヴァラダを助けるため、デーヴァはその神がかった強さで道を切り開く。超人的なパワーと頭脳、そして胸の奥にピュアな善良さと凶暴性を秘めたデーヴァは、“バーフバリ”に勝るとも劣らぬインパクトを与える圧倒的なヒーロー像を提示する。

そして現代が舞台でありながらも、劇中の都市国家カンサールは世紀末SF的なカオスの世界であり、個性の強すぎる有象無象がだまし合い、奪い合い、殺し合う仁義無用のバトルフィールド。幾重にも陰謀が折り重なる、生き馬の目を抜くような壮絶な権力争いからも目が離せない。

解禁された場面写真は、脅威の力を制限されていたデーヴァがこぶしを握り締め、静かに戦いに挑む姿のほか、刀を両手で持ち多勢の敵を一網打尽にするデーヴァや、アディヤが落としたストールを渡し見つめあうシーン、デーヴァの戦いを腕を組み見守る仲間たちなど、物語の行方を暗示している。

※1 テルグ語映画とは
インドの映画のうちテルグ語で製作された映画であり、テランガーナ州に拠点を置く映画産業を指す。インドの映画産業としては、ボリウッドに次いで2番目の規模を誇る。2020年から2021年の累積興行収入は、コロナによる映画館閉鎖の影響が地域ごとに異なっていたこともあってボリウッドを上回っている。(ウィキペディアより)

画像2
画像3
画像4
画像5
画像6
画像7

【オリジナルスマホ壁紙付き ムビチケオンライン前売券絶賛発売中】
¥1,600(税込)
詳細サイト:https://mvtk.jp/film/086001

『SALAAR/サラール』
出演:プラバース『バーフバリ』シリーズ、プリトヴィラージ・スクマーラン『セルロイド』、シュルティ・ハーサン『ザ・フェイス』、ジャガパティ・バーブ『ランガスタラム』
監督・脚本:プラシャーント・ニール『K.G.F』シリーズ
2023年/インド/テルグ語/シネスコ/5.1ch/174分/字幕翻訳:藤井美佳/字幕監修:山田桂子/提供:ツイン、Hulu
PG12
配給:ツイン

公式サイト:salaar-movie.com
公式X:@salaar_jp

7月5日(金)より全国ロードショー

関連記事:
『バーフバリ』プラバース主演、『K.G.F』プラシャーント・ニール監督が贈る『SALAAR/サラール』7月5日公開

↑上に戻る